FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

本場でトルチャンチ

昨年の9月3日に生まれた娘が満1歳になった本日、韓国式の1歳の誕生日会「トルチャンチ」を全羅北道のコチャンで開き、現地の駆けっこ仲間らに祝っていただきました。

一昨年の息子のトルチャンチは大阪で開き、東京夢舞いマラソンと交流しているコチャン・コインドルマラソンの事務局長チェ・ジョンマンさんにも来てもらいましたが、今回は彼や妹のソンネさんの全面的な協力をいただき、ちょっと思い切ったイベントを実現させてもらいました。ありがとうございました。

BL160903トルサン2IMG_0046  BL160903トルサン1IMG_0014  FB160903トルチャビ用品IMG_0005

韓国では子どもが1歳になるのを祝うトルチャンチを盛大に祝うならわしです。
今回の会もその伝統的なスタイルで開かせてもらい、会場となったレストランの宴会場の舞台には、トルチャンチ用に飾り付けたテーブル「トルサン」が設けられ、家族全員が伝統的な衣装の「韓服(ハンボク)」を着て臨みました。

トルサンには、子孫繁栄を願うナツメやお金や食べ物に困らないように願う米とお金などとともに、ジョンマンさんの妹で、やはりマラソンを通じた日韓交流の中心人物であるソンネさんが贈ってくれた韓国風の「トック(お餅)ケーキ」も飾られました。

またトルチャンチのハイライトで、台に並べた幾つかの物のうち1つを子どもに選ばせ、手にとった物によって将来を占うという「トルチャビ」用の品の一式も並びました。その一式は硯(すずり)や筆(学問に秀でる)、薬湯器(医者)、絹糸(無病長寿)など。
その中で娘が最初に選んだのは裁縫セットで、「手先の器用な芸術家や技術者」になりそうだとのこと。また2番目に選んだのは「見目麗しい芸能人」になるという手鏡で、2つとも女の子用に並べられる物でした。

大阪で開いた息子のトルチャンチと同じく、カメラ(カメラマン、記者)や兄・辰巳琢郎の写真(俳優)も自前で用意しながら、伝統的な品々のセットとはミスマッチに思えて取り出すのを控えましたが、それらに近い物を娘は選んだようです。
伝統的なスタイルで開かれたトルチャンチでしたが、息子のときと同様に、日本で1歳を祝う際に行う「一升餅」も、余興として披露しました。

FB160903ジェームズIMG_3317  FB160903ソンネさんIMG_3307  FB160903ウンスクIMG_3318

その一升餅と同じく、トルチャンチのテーブル「トルサン」に並べられた立派な「トック(お餅)ケーキ」を贈ってくれたのがソンネさんで、彼女はイベント業者との連絡や会場の確保など、今回の会の手配を一手に引き受けてくれました。

また今回のトルチャンチには、現地の駆けっこ仲間らのほか、ソウルからも友人や親せきが駆け付けてくれました。
その1人は、私がカンボジアで特派員をしていた時代から20年来の友人であるジェームズ・JB・キムさん。
ジェームズは当時、ドイツ留学を経て私が住んでいたプノンペンのホテルのエンジニアでした。その後はコンサルタントとしてシンガポールから韓国への投資呼び込みに尽力したりリゾート開発を手掛けたりして、今は中国の投資顧問会社の仕事をする傍ら、ビッグデータをビジネスに活用する専門家として書籍の執筆もしてられます。

特派員の経験は1度だけの私とは住む世界が違うジェームズですが、何年かごとに互いに会いたくなる仲。今回も直前に連絡したにもかかわらず、ソウルから活動拠点の北京に戻る予定を延期し、私たち一家を車に乗せて一緒にコチャンまで来てくれました。

ソウルから約300キロ南のコチャンまで駆け付けてくれた、もう1人の韓国の旧友はチョン・ハジンさん。
10年近く前、私が韓国南部の名山「智異山(チリサン)」を独りでスピード縦走した際に出会って以来の友人で、韓国では一般的という改名を最近されて「ウンスク」から「ハジン」になりました。
書籍や新聞の編集などをしてきたハジンさんはまた大の旅行好きで、これまで南米やカナダを数カ月単位で渡り歩いてられます。今回も旅行関係のサイト・書籍を執筆するため半年にわたりヨーロッパに出張する直前で、その準備に忙しいなか1泊のとんぼ返りでコチャンまで来てくれました。

コチャンでのトルチャンチは、ほんの2、3週間前に開催を決断したため親しい駆けっこ仲間のうち先約があるなどして会えなかった人もいて残念でしたが、ジェームズさんやハジンさんといった旧友と再会することもでき、「やって良かった」と思っています。

FB160903ジェームズ金指輪IMGP3298  BL160903泳里韓服IMG_0095 (2)  FB160903ウンスク金指輪IMGP3299

ソウルから来てくれたジェームズとハジンさんがそれぞれ娘に贈ってくれた、トルチャンチでは定番の金の指輪「クムパンジ」の写真も掲載しておきます。

さらに会に先立つ午前中、ジョンマンさんが贈ってくれた豪華な韓服を娘に試着させた際の写真も、顔にボカシを入れさせてもらったうえでオマケとして掲載します。
撮影した場所は、町のシンボルである中世の城壁「コチャン邑城(ウプソン)」のそばにある宿泊先の「韓屋(ハノク)マウル(村)」。伝統家屋を再現した建物の縁側に座った娘は韓服がお似合いで、韓流時代劇に登場する子役のようにも見えました。

スポンサーサイト