FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

金木犀、芙蓉、野菜

休みをいただいた本日は日中に娘と2人で留守番をすることになりました。娘はカゼ気味で、留守番の後半は一緒に昼寝をすることになりましたが、それに先立ち、散歩をせがむ娘を連れて近所を一周してきました。

BL161019近所の公園1IMG_1122  BL161019近所の公園2IMG_1106  BL161019近所の公園3IMG_1117

まだ1歳2カ月に満たない娘は、かなりしっかりと歩けるようになっていますが、「クック、クック」と散歩をせがむわりには長い距離を歩いてくれるわけではなく、少し歩くとすぐに今度は抱っこをせがんできて、結局のところ行程のほとんどを私自身が歩くことになります。

それでも、ヒザの痛みがほとんどなくなっているなかで、さわやかな秋晴れの下、さわやかな空気に触れながら歩くのは気持ちの良いもので、さらに本日は、このところ一気に咲いたもようのキンモクセイが、あちこちで甘い香りをただよわせていて、短時間ながら秋の訪れを体中で実感することができました。

散歩コースの途中には、道のわきで収穫したての野菜を並べて無人の直売所を設けている畑があって、長雨の影響で野菜の値段が高騰するなか、1品100円均一という格安のダイコン、ネギ、コマツナ、それにシュンギクをゲットしました。
直売所のことを忘れたまま家を出ていたため、いつもなら用意しているバッグを忘れていましたが、ちょうど畑のおじさんがいらしたためレジ袋をもらえて、娘を抱えたまま野菜を持ち帰ることもできました。

平日の昼間に、よちよち歩きの娘を連れていたこともあってか、おじさんからは「お孫さんですか?」と想定内の質問をされ、「いえいえ娘です」と答えると、すぐさま「そりゃ、ずいぶん遅くに」と返されました。まあ、ヒザをはじめ体のあちこちにガタがきている自分は、外見からしても孫がいてもおかしくない年齢になっているのは間違いがないわけですから、いたし方ありません。

明日は3歳の息子の保育園の運動会も控えていて、また自分1人が浮いて見えることになるのでしょうが、息子の方はまだまだ自分の親父が普通よりずっと年をとっていることなど分かっていませんので、自然体で胸を張っているしかありません。

掲載した写真は、散歩の後半に立ち寄った児童公園で撮ったキンモクセイの花と黄色い落ち葉、鉄棒の端に引っかけた野菜の袋、そして青空をバックに咲き誇るフヨウの花でした。

スポンサーサイト