FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

寺町から出町柳へ1

昨日は、近所に住む母を2カ月に1回、京都市内の大学病院に連れて行く日でしたが、私は午後からの勤務で病院から直接、職場に向かう必要があったため、母や、いつも一緒に出掛ける父を車で送ることができず、病院で現地集合しました。

こうしたケースではこれまで、病院に近い京阪電鉄の終点・出町柳駅まで電車に乗って行っていましたが、本日は30分ほど早く家を出て、出町柳の2つ手前の三条駅で下車。南北のメインストリート・河原町通と平行した風情のある寺町通を速足で散策して病院に向かい、出社する際にだけ出町柳駅を使うことにしました。

京都は35年ほど前に大学時代を過ごすなどした懐かしい街で、そこにせっかく出かけるのに全く寄り道をしないのも寂しいものですし、このところの慢性的な運動不足を少しでも解消したいという気持ちもありました。
そんなわけで、三条から寺町を通って出町柳まで、病院の行きと帰りに歩いた3キロほどの間に撮った写真18枚を、2回に分けて掲載します。

BL170125京都散策1-1IMG_1311  BL170125京都散策1-2IMG_1314  BL170125京都散策1-3IMG_1312

BL170125京都散策1-4IMG_1322  BL170125京都散策1-5IMG_1320  BL170125京都散策1-6IMG_1318

BL170125京都散策1-7IMG_1326  BL170125京都散策1-8IMG_1324  BL170125京都散策1-9IMG_1328

京阪電車を降りた三条駅はかつて京阪本線の終点で、私は大学4年のうち自宅から通っていた2年間は、ここから自転車で通学し、その前の大学浪人時代には、大学の近くにあった予備校まで、まさに寺町通や京都御所を通って歩いていました。
そのころの三条駅は地上にありましたが、出町柳への延伸工事に伴って市街地の線路は地下を通ることになったため、鴨川に架かる三条大橋など駅前の風景は、階段を上らなければ目にすることができません。

そして昨日は、地下からの階段を上ると、まぶしい光が降り注いできて、遠回りをすることにして良かったと思えました。
三条大橋から上流を眺めると、遠くに連なる「京都北山」の山々は雪をかぶっていて、鴨川の冬のシンボルで、もう少し上流で多く見かけるユリカモメも、川の中の石に2羽たたずんでいるのが見えました。
京都の中心街、三条河原町の交差点の角には、洒落たアクセサリーのブティックがあって、観光客と学生であふれ、昔も今も粋な京都の町を歩いている実感がわきます。

河原町通の西側をやはり南北に走る寺町通は、文字通り豊臣秀吉によって多くの寺院が集められた地域にあって、三条からしばらくはアーケード街ですが、その先も民芸品店や様々な道具屋さん、それに古本屋さんなどが並ぶ情緒あふれる通り。
ブティックやカフェも混在していて、その多くはもちろん30年以上前とは様変わりしているはずですが、町屋も多く残る街の雰囲気は、あまり変わっていようです。

大学時代には既にカメラを手にしていた私ですが、当時は週末ごとに出かける北山などの山歩きで花や木々にばかりレンズを向けていて、京都ならではの寺社や、こうした風情のある街を被写体にしようという気持ちは全くありませんでした。
それに比べると今の私は打って変わって、何でもかんでも気持ちに引っ掛かるような風景は、とりあえず撮ってみるようになっています。それをして、こだわりがなくなってしまったというべきか、守備範囲が広くなったと言えるのかは分かりませんが、とにかくあれこれとカメラを向けたくなる風景が多い京都の街を歩くのは、ちょっと心躍る感じがして、それなりに速いスピードで歩いたものの、そんなにゆっくり撮影を楽しむ余裕もありませんでした。

スポンサーサイト