“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

最高サムギョプサル

明走会駅伝のため上京した5日前は、東京夢舞いマラソンと交流する韓国・コチャンのマラソンに昨年参加した仲間らと、新大久保のコリアンタウンにあるサムギョプサル(韓国風の豚の焼肉)の専門店で飲み会を開きました。

この「豚(とん)かん」は、東京在住の韓国の友人らが「ソウルから戻ってきて、もう1度、韓国料理が食べたくなったときに来る」と教えてくれた店で、7年前までの東京時代に行きつけていて、このブログでも2度紹介させてもらっています。
http://marathoncameraman.blog12.fc2.com/blog-entry-215.html
http://marathoncameraman.blog12.fc2.com/blog-entry-244.html

今回は、美味しい韓国料理を食べながら飲んで、かつ子どもも連れて行ける店を探しあぐねた挙げ句、以前は2階だけだった店の拡張によって設けられていた3階フロアが、大人数の貸切に対応していることを知って、ダメもとで問い合わせてみました。
上京前に電話してみると、韓国人マスターのヒョンジュンさんは、いきなり「辰巳さん、お久しぶりです!」と懐かしそうに受け答えてくれて、二つ返事で3階のフロアを特別に貸切にしてくれたうえ、子どもの日の当日には、私の息子と、なんとたまたま誕生日だった節夫さんのためにと、花火付きのケランチム(韓国風蒸し卵)もプレゼントしてくれました。

会には、夢舞いの際にコチャン勢の接待をしてくれる雄ちゃんや暢子さん、それに走真や泳里の子守り役を買ってでてくれた和子さんも駆け付けてくれ、コチャン訪問時さながら最高に楽しく盛り上がりました。

BL170505豚かん1IMG_5426  FB170505豚かん萩原さんIMG_5438  FB170505豚かんマスターIMG_5479

BL170505豚かん4IMG_5414  BL170505豚かん5IMG_5418  BL170505豚かん6IMG_5422

BL170505豚かん7IMG_5477  BL170505豚かん8IMG_5465  BL170505豚かん9IMG_5431

今回の「コチャン会」は、去年の現地訪問の後に開いた飲み会に参加できなかった夢舞いマラソン理事長の幸夫さんが「辰巳君のファミリーを招いて、もう1度開きたい」と言ってくれたことから急きょ企画しましたが、ギリギリになっての呼び掛けで、しかもゴールデンウイークのど真ん中だったにもかかわらず10人余りが集まりました。

目玉料理であるサムギョプサルの美味しさは以前のまま。しかもヒョンジュンさんがつきっきりで料理をしてくれたこともあって、集まった皆は、ただただ食べごろになった肉を、薬味とともにレタスやエゴマの葉に包んでいただきながら、歓談することに集中することができました。

また鶏肉をチーズと一緒に焼いた新メニューの「ブルダック」やプレゼントのケランチムも美味しく、韓国から輸入した生マッコリも料理に合って、次々に杯が重ねられました。
コチャンを訪問する際も、食べる料理のすべてが美味しくて、それがマラソンに負けず劣らず楽しいのですが、豚かんの美味しい料理とお酒をいただいていると、確かに韓国に来ているかのような気分になります。

店では、以前からいらした女性の店員さんも私のことをよく覚えてくれていたほか、現在はフィリピンに住んでられるというヒョンジュンさんの奥さまも一時日本に戻ってられて、お会いすることができました。

そして締めくくりは、知る人ぞ知るヒョンジュンさんのギターの弾き語り。
以前から、ご本人がよほど気分良くなって、かつ手が空いているときにのみ飛び出す最高のメニューでしたが、皆の盛大な拍手に促されるようにして、フロア入り口のすみに置かれていたギターケースが開けられ、「乾杯」や日本語のオリジナルが、懐かしいヒョンジュンさんの美声で歌われて、会の盛り上がりはクライマックスになりました。

スポンサーサイト