FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

福島の茅葺き古民家

昨日から家族と一緒に宮城・福島を訪ねる旅に出てきた私は本日、福島郊外の茅葺きの古民家にお住まいの米子さんと健兒さんのご夫妻に会いに行きました。

薬剤師で、有機農業や安全で美味しい食の研究を続けられ、環境問題にも造詣が深い米子さんは、それらに関する様々な地域活動に携わるほか、20冊以上の著書もあって、「福島のレイチェル・カーソン」と呼ばれることもあるほどです。
福島大学の教育学部で教鞭をとられ、現在は名誉教授の健兒さんも、農業や食の問題を生かす「食農教育」を研究されていて、20年余り前に移り住んだ茅葺きの古民家は、そんなお2人の生活と研究の足場でもありましたが昨年、米子さんが大きな病気をされたのを機に、とうとう手放すことを決心されました。

そのことを今年の年賀状で知った私は、なかなか訪ねる機会がないとはいえ、この古民家を、いつでも待っている自分の田舎のように思っていただけに、他の人の手に渡ってからでは遅いと感じて、訪問する機会をうかがっていました。
ご病気のことなどがあって、残念ながら宿泊させていただくことは難しかったのですが、宮城から往復してお昼をいただくという形で、お2人との再会を果たすことができました。

BL170521境野邸1IMG_6030  BL170521境野邸2IMG_6027  BL170521境野邸3IMG_6040

BL170521境野邸4IMG_6054     BL170521境野邸5IMG_6091     BL170521境野邸6IMG_6052

地方記者時代、事件や事故を追うかたわら、まさに環境保護や食の安全をテーマとする取材を続けていた私は、松林や水田への農薬の空中散布の問題を取材するなかで、米子さんご夫妻に出会いました。

駆け出しの記者だった私は、初任地で米子さんの郷里でもある群馬・前橋の支局時代、1年目に日航ジャンボ機が墜落したのをはじめ大きな事件も続いて1カ月に200時間以上も残業するほどの忙しさでしたが、そんな合間に松林への空中散布問題で同期の記者とともに全国レベルの特集を組み、福島で反対運動を成功に導いた米子さんを訪ねました。

当時はまだ福島市街地の住宅にいらっしゃった米子さん健兒のご夫妻とは、取材の際にいきなり家に泊めてもらい、お酒を飲んで意気投合。
それ以来、ご家族の皆さんとも仲良くさせてもらって、3人のお子さまのうち当時まだ小学生くらいだった一番下の桃ちゃんは長らく将来の結婚相手は私だと思っていたそうです。

前橋の後、仙台に転勤となった私はさらに米子さんを通じ、東北地方の水田に対する空中散布の問題などを取材して、地元紙にも大きく掲載されるような記事を書くなどしましたが、それはそれとして、ご家族とお付き合いして、美味しいものをいただくことの方こそ、記者生活の楽しさのように感じていました。
そう、名刺1枚で会いたい人と会えることこそが新聞記者の醍醐味であり、大きなことをなしている取材相手に対して自分自身は、いつまでも何ものにもなれないものの、取材を通じてつくる人間関係こそが財産なのだと思って、そのころの私は仕事をしていました。

ただ気が付いてみると、そうして各地で築いた人間関係ではあるものの、その多くは既に途切れ、年賀状だけのやりとりに終始しそうな相手も少なくないわけで、今こうして定年を3年後に控えた私としては、そうした人間関係を再び確かめたおきたいという思いにかられたのかもしれません。

そんなふうにして訪ねた米子さんたちの茅葺きの家のたたずまいは、10年ほど前に来たときと何ら変わることなく、あふれかえるような緑に包まれていました。
裏山などで採られたというフキノトウやツクシ、それにウコギなどを使った料理は今回もすべてが美味しく、健兒さんが自ら打ってくださったソバも絶品でした。

ただ、自然に寄り添う暮らしをされているご夫妻にとって、6年前の震災・原発事故は想像以上の大打撃で、最近までは庭の畑や裏山で採れる野菜や山菜を食べることもかなわず、放射能が高濃度でたまった茅葺きの屋根も吹き替えを余儀なくされたとのこと。
健兒さんが直前まで調査されていた近くの飯館村では、住民の方々が避難生活を強いられ、規制が解除されたといっても、子どもたちが帰ってくることはできないままだということです。

原発に反対する活動も続けてられた米子さんの、ささやかな田舎暮らしを標的にするかのように原発事故による放射能が降り注いだというのは全く因果なもので、そのことが売りに出された古民家に、なかなか買い手がつかない理由の1つになっているというのも受け止めがたいことなのだと思います。

そもそも、高速道路を下りて茅葺きの古民家に向かう途中は、行けども行けども山も田畑も緑一色。
この地域と何ら変わらなかったはずの緑あふれる広大な地域が、いまだに放射能によって人も入れないということに対しては、抑えられないほどの憤りを感じるばかりです。

震災被害と一言でいうものの、純粋な自然災害である津波被害と、ほぼ100%「人災」と言える原発事故の被害は全く別物です。それがあたかも同じように論じられ、すべてが天災だったかのようにされたうえ、原発が次々と再稼働を迎えているという今の世の中の不合理を、茅葺きの古民家への再訪で再び思い知ることにもなりました。

スポンサーサイト