“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

バイク&絶品かき氷

休みをいただいた本日は日中、バイクとスイムの練習時間をいただけることになり、午前中に地元の大阪・枚方市の淀川河川敷で20キロほどのバイク練習をした後、午後には門真市のプールで1キロ余りだけながら泳いできました。

同じ淀川の河川敷でも、いつも通勤で走っている下流の方は、オートバイなどの進入を防ぐための悪名高い「バイク止め」が何か所も設けられていて、それを通過するためにいちいち一旦停止を強いられますが、本日出かけた京阪・枚方市駅付近から上流では、ほぼ5キロにわたってバイク止めがない自転車道があります。
しかも、このあたりは両側が林になっていて強い風をさえぎってくれるうえ、夏場には木陰が涼しさを感じさせてくれます。

本日は、この片道5キロのコースにレース用の愛車、ベンちゃんに乗って出かけ、2往復20キロを走り、2往復目には10キロを18分、平均33キロほどで快走することができました。
そして、その練習後に立ち寄ったのは、淀川沿いにある江戸の「枚方宿」のおもかげを残すエリアの一角にある氷屋さん。
氷の卸売店が店頭で販売する、地元では有名な、かき氷を、ここでいただきました。

BL170731バイク練習1IMG_3883  BL170731バイク練習2IMG_3897  BL170731バイク練習3IMG_3894

バイクで走っているうちは風を感じて暑さを忘れることができますが、本日は久々の晴天とあって、いったん立ち止まると全身から汗がふき出すほどの猛暑。
そんな中で出かけたこともあってか、いただいたかき氷は、これまで食べた中でも最高の美味しさでした。

でも調べてみると、この氷の美味しさは単に猛暑の中、汗をかいて出かけたからだけではなかったようです。
といいますのも、この店はバーをはじめとする飲食店に美味しい氷を届ける大阪氷卸協同組合の加盟店で、まる2日をかけて不純物が入らないようにつくる「大阪純氷(じゅんぴょう)」を扱うという、いわば氷の専門店。
そういわれてみると確かに、いただいたかき氷はノドをストレートに通って、一気に体にしみこんでいくような感じでした。

バイクを止めるための鍵を持参していなかったため、店の裏の駐輪場が使えず、道向かいに止めさせてもらったところ、店のお嬢さんからは「それじゃサッと食べて行ってくださいね」と言われましたが、屋外のテント下でいただく氷はみるみる溶けていくうえ、美味しくて次々に口に入れたため、言われるまでもなく、あっという間になくなってしまいました。

スポンサーサイト

ライムイエロー揃い

本日も泊まり勤務明けの昼前には、ロードバイクに乗って自宅へと直帰しました。

BL170730バイク帰宅1IMG_3869  BL170730バイク帰宅2IMG_3881  BL170730バイク帰宅3IMG_3873

昨日に続いて本日もはいたサイクルパンツは、一昨日の夕方の休憩時間中にゲットしたもの。「コンフォートタイプ」とあった通り、サドルに座る部分の裏側に付いているパッドは大き目で、真夏には多少蒸れやすいかもしれませんが、はき心地・乗り心地は上々です。

また、このところ通勤で着ているサイクルシャツは先日、岡山・湯原温泉でのトライアスロンの会場で、なんと1000円という激安価格でゲットしたもの。サイクルパンツには鍵や職場の入館証、スマホなど、ちょっとしたものを入れるポケットがありませんが、このサイクルシャツには両脇の下部に大きなポケットがあって重宝します。
そしてカラーは視認性の高いライムイエロー。黄色と黒のストライプがチームカラーである阪神の生まれつきのファンで、所属する明走会のカラーも黄色であることから、私は元々黄色好きですが、蛍光がかったライムイエローは、バイクで道路を走る際の安全性も高めてくれそうです。

その同じライムイエローのランニング用ウオッチは、トライアスロンの直前にゲットしたもの。
ソーラー&電波時計で、電池切れを心配することなく正確な時間を刻んでくれるため、普段使いもできます。
しばらく前まで使っていたトライアスロン用の時計が故障し、その後は普段使っていた安価なソーラー&電波時計をレースでも使っていましたが、これもまたベルトが切れて使えなくなったことから、この時計を入手しました。

昨今のランニング用ウオッチはGPSの付いたものが定番のようになっていますが、それらはまだまだ高価なうえ、なんといっても重すぎるます。
それに比べると、ゲットした時計は電波&ソーラーとしては、しばらく前からは考えられないほど小型軽量で、レースでも普段でも軽快そのもの。いろんなグッズが、まだまだ進化していることを実感します。

そうそう、オマケの写真は淀川の河川敷を走っている際に撮ったサッカー少年たちのユニフォームで、これまたライムイエローでした。

曇り空の夕方に出勤

本日は土曜の泊まり勤務で、いつもより早めにロードバイクに乗って出勤しました。
相変わらず蒸し暑い日が続くものの、本日もまた梅雨のような曇り空。自宅を出る前に近くの実家に寄って、あれこれと用事を済ませていたことからギリギリの時間になりましたが、幸い淀川の河川敷は向かい風ではなく、30キロオーバーで飛ばして数枚の写真を撮ることもできました。

BL170729バイク出勤1IMG_3857  BL170729バイク出勤2IMG_3852  BL170729バイク出勤3IMG_3853

夕方の大阪都心散歩

いつもは外に食事に出ることができずデスクで弁当をいただく職場にいながら、本日は夕方前に小一時間の休憩がとれる変則的な勤務となって、せっかくですのでサウナのような蒸し暑い空気の中に飛び出して、大阪都心を散歩してみることにしました。

向かった先は職場から1キロ半ほどにあるロードバイクの専門店。
これまで夏場にはインナー用のサイクルパンツ2枚を通勤用に使ってきましたが、いずれも生地が傷んできているうえ、そもそも下着をはいているのもよくよく見ると格好悪いような気がして、1枚で着ることができる下着ではないサイクルパンツを新調しに出かけました。といいますのも、このところネットで2度ほど買おうとしたもののサイズが合わずに返品するハメになり、微妙なサイズ調整が必要なウエアは、やはり試着して購入するに限ると思ったからです。

そして、ほんの10分ほどの店内での物色と試着の後、めでたく自分にジャストフィットする買い得品をゲットすることができましたが、掲載するのは店の写真でもパンツの写真でもなく、行き帰りに撮った大阪都心の風景です。
雲の多い夏空のほか、図らずもカメラを向けていたのは、幾つかのレトロな建造物でした。

BL170728夕方前散歩1IMG_3839  BL170728夕方前散歩2IMG_3835  BL170728夕方前散歩3IMG_3830

BL170728夕方前散歩4IMG_3845  BL170728夕方前散歩5IMG_3846  BL170728夕方前散歩6IMG_3842

職場を出てまず通ったのは、大阪マラソンのコースとなっている土佐堀川沿いの土佐堀通沿いにある大阪証券取引所と、その向かいで川を渡る難波(なにわ)橋、その先の中之島にある大阪市中央公会堂です。

証券取引所のビルは2004年に完成した高層ビルですが、その正面に当たる土佐堀通と堺筋のコーナーに面した部分は昭和初期の1935年に完成したかつての建物の一部が保存されています。
そのビルの前に立つのは、大阪商工会議所の初代会頭で、近代商業都市としての大阪の基盤をつくり、朝ドラで有名になった五代友厚公の銅像です。

橋のたもとに大きなライオンの像があることから「ライオン橋」とも呼ばれている難波橋は大正の1915年に架けられた橋で、パリのセーヌ川に架かる橋をモデルにしたというだけあって欧風の意匠が特徴的。天神橋、天満橋と並んで「浪花(なにわ)の三大橋」の1つに数えられています。

レンガ造りの堂々たる外観を誇る大阪市中央公会堂は、難波橋の3年後の1918年に完成。
中之島から堂島川を渡った先の路地の中で見かけた「大江ビルヂング」も、知る人ぞ知る大正期の歴史的な建物で、1921年に弁護士向けのテナントビルとして完成したということです。

夏の曇り空に3種目

午後からの夜勤だった本日は、お昼ごろに近くのスポーツクラブまでジョギングで往復して少しばかり泳ぎ、それに続いてロードバイクに乗って自転車通勤をしました。
先日の湯原温泉でのトライアスロンでは、リレーメンバーとして出場したためスイムとバイクだけしかこなせませんでしたが、本日は短い距離ながら久々に1日で3種目の練習をすることができたというわけです。

真夏の屋外での練習はトレーニングというよりも暑さに体を慣らす特訓のようなものですが、このところは梅雨明けをしたというのに、それが信じられないようなスッキリしない天気が続いて本日も曇り空。
それでも十二分に暑いものの、照りつける太陽がないだけで心なしかマシに感じるもの。おかげで本日はプールまで往復のジョギングも、いつもより楽に感じました。

BL170727昼ジョグ&バイク出勤1IMG_3826  BL170727昼ジョグ&バイク出勤2IMG_3822  BL170727昼ジョグ&バイク出勤3IMG_3828

掲載した写真は、そのプールからの帰りのランニング中に近所の畑のわきで撮ったカボチャの花と、自宅の玄関前に並べた植木鉢で育つミニトマト。それにバイク通勤の往路に、淀川大堰付近で撮った梅雨空のように垂れ込める雲の様子です。

この春からは自宅そばに借りた家庭菜園でトマトをはじめ様々な夏野菜を少しずつ育てていますが、トマトの栽培で大事な「わき芽かき」によって摘んだわき芽を捨てるのがもったいなく、本などで書いてあるように挿し木をして植木鉢で育てている株が10鉢分ほどあります。

とはいえ、場所をとりすぎるのを嫌ってギリギリに小さな鉢を選んだうえ、日当たりがイマイチなことから実はあまり多くならず、その大きさも、やせた土地の畑と比べても小さめです。
そうは言っても、なんとかミニミニサイズの実をつけたミニトマトは、赤く色づくたびに息子がヒョイと摘んでは口に入れてオヤツ代わりにしていて、まあこれはこれで役割を果たしてくれているように思っています。