“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

全記事表示リンク

シソ科の花々満開に

この春から自宅そばに借りている家庭菜園では今、シソ科の花々が次々に花穂を出して満開になってきています。

BL170930シソの花1IMG_5255  BL170930シソの花2IMG_5249  BL170930シソの花3IMG_5247  BL170930シソの花4IMG_5243

これまでもお話した通り、畑ではシソ(青ジソ)の種をまいたり苗を植えたりしていませんが、気が付くとあちこちから出てきたシソの株が、どんどん伸びて、元々植えた野菜より勢いがよくなったほどです。
そのシソはしばらく前から一斉に花穂を伸ばして白い花をつけ、それがあっという間に次々と散った後にはシソの実がなってきました。

既にこのシソの花穂は天ぷらにしたり刺身のツマにしたりしていただいていますが、その量があまりにも多いため、近々一斉に摘んで塩漬けなどにしなければならないと思っているところです。

青ジソとは違って、梅干し用の赤ジソは数株を購入して植え付け、いったん収穫jを終えていましたが、こちらも気が付くと刈り込んだ枝からさらに新しい枝が次々と伸びて葉を茂らせ、青ジソとほぼ同じ時期に花穂を伸ばしてきています。

同じシソ科のハーブとしては、トマトの株間に植え付けたスイートバジルも茂りに茂って、時々花穂を伸ばしてきていますが、こちらは、穂が伸びてしまうと葉が固くなったり成長が止まったりすることから小まめに収穫しているため、写真を撮ろうにも撮れません。
しかし、スイートバジルに比べて使う量がわずかなタイバジルの方は、赤ジソに似た赤紫の花穂を何本も伸ばし、しかも葉の方も勢いが衰えることなく茂り続けています。

さらに、タイバジルのそばの一角に植えたり種をまいたりしたエゴマも、青ジソやスイートバジルと同じく白い花の穂を一斉に伸ばし始めています。こちらの方は、その勢いと反比例する格好で葉の伸びるスピードがガクッと落ちてしまっていますが、エゴマの場合、種は種として美味しくいただけますので、種が出来上がるまで放置してやろうと思っているところです。

スポンサーサイト

刺し身にシソ・エゴマ

本日まで2連休をいただきましたが、昨日は母を病院に連れて行き、本日は自分自身がヒザの名医である中高時代の同窓生、戸田先生のクリニックで受診してきました。80代半ばの両親をサポートして、自らも50代後半となると、こうして休みの日が医者通いでつぶれてしまうのは致し方ありませんが、ちょっと寂しいものでもあります。

ただ、走り方を変えても痛みがぶり返すヒザではありますが、先生によると、確実に良くなっているとのこと。
レントゲン写真を見たところ、断裂した半月板をはさみ込む上下の骨のうち、下の骨の角には、骨棘と呼ばれる骨の突起がうっすらと写っていて、これがしっかりできると、骨の間からはみ出しがちになる半月板が元の場所に納まって悪さをしなくなるだろうとのことです。先生によると、50代後半になると多くの人は半月板が損傷して痛みが出てきますが、これによって走れなくなったランナーを見たことがないということで、本日のところは2本の注射を打ってもらい痛みが小さくなったこともあって、落ち込んでいた気分が、かなり上向きになってきているところです。

また、このところヒザの痛みを抑える新たなアプローチとして、足の指を鍛えたり、足指に力を入れて走るフォアフット走法を試みていましたが、それらの効果については戸田先生も「その通りや」と認めてられました。
実際、彼も5本指の靴下を履いて、診察室のデスクの下で小さなボールを足指で握っていたのを見て驚きました。
そして、彼に勧められて足指の握力を測ってもらったところ、右が25キロ、弱いと思っていた左は26キロあって、クリニックに通う多くの高齢の患者さんたちが一桁であるのに比べて私の握力は「ちょっと見たことがない」とスタッフの女性に言われました。

※※※

さて、本日は戸田先生のクリニックににロードバイクに乗っていく元気はなく、車で向かったこともあり、掲載する写真は、またまた家庭菜園の野菜を盛り付けるなどした夕食のテーブルです。

BL170928食卓1IMG_5130     BL170929食卓2IMG_5173     BL170929食卓3IMG_5150

BL170929食卓4IMG_5179  BL170929食卓5IMG_5182  BL170929食卓6IMG_5175

昨日は自分でスーパーに行き、息子にせがまれるまま安くなっている天然ハマチの刺身を買って、それに畑で一斉に伸びたシソの花穂をツマとして合わせていただきましたが、本日も1匹ものハマチがさらに安くなっていたということで、ハマチの2連チャン。
本日は、醤油とシソのほか、韓国風に酸っぱい唐辛子味噌「チョジャン」を刺身に合わせ、畑の青唐辛子やニンニクと一緒に、やはり畑のエゴマの葉などで巻いて、たっぷりいただきました。

もちろん、まだまだ収穫が続くツルムラサキとオクラも食卓に上り、本日はビールとドブロク、昨日はビールとシードルを空けて、日中は病院通いに費やされた連休ではありましたが、夕方は、ごちそう続きとなりました。
シードルは7年前、パリマラソンにでフランスを訪問した際、モンサンミシェルの近くにお住まいの中高時代の同窓生、徳子さんのお宅にとめてもらった夜にいただいて以来、ちょっとしたファンになっていますが、食卓でいただくのは久しぶりのこと。
お酒の量販店では、フランスから輸入された本格的なシードルが、ワインよりも安く、ビールとほとんど同じ値段で並んでいて、フルーティーで甘く、発泡性のシードルは日本の食事にも合いますので今後、食卓でももっと利用してみようと思います。

朝ジョグをしたものの

休みをいただいた本日は、近くに住む母を、やはり近くの病院に連れて行くことになりました。
京阪電鉄の駅前にある病院は、母に通ってもらっている病院2つのうちの1つで、来月中旬に次の予約が入っていましたが、その前に受診しなければならなくなったことから一般外来扱いとなり、昼すぎになった診察に先立って朝のうちに私が預かっている診察券を持って受付をしに行きました。

受付の際は上がりかけの霧雨が降っていましたが、一昨日にゲットした新しいシューズを履いて片道1.2キロほどの病院の往復でジョギングをしました。
このところ前足部寄りの着地を心がけるフォアフット走法だとヒザの痛みを抑えられることが分かり、新しいシューズもその走法に適したものをゲットしていましたが、なんと本日は少しばかりヒザの痛みがぶり返してしまいました。

これまでの経験に照らしてみると、やはり少し頑張って走ったレースの後は、数日してから痛みが出ていて、今回も前の日曜のトライアスロンによる負担が表に出てきたものと思われますが、フォアフットなら痛くならずに練習を積めると踏んでいた目論みが崩れてしまい、ちょっとガックリです。
まあ、半月板断裂そのものは治ることがありませんので、何度も痛みがぶり返すのは当たり前のことなのですが、マラソンシーズンがそろそろ始まって、駆けっこ仲間の皆さんがあちこちの大会で快走したり、大会を次々に予定されているのをみると、なかなか本格的なトレーニング再開に踏み出せない自分の状況が情けなくなるばかりです。

まあ、そうは言うものの、病院までの往復でもカメラを持って、あれこれスナップ撮影をしてきたわけですから、何もしなかったよりはマシだったということでしょうか。

BL170928午前ジョグ1IMG_4494  BL170928午前ジョグ5IMG_4495  BL170928午前ジョグ3IMG_4486

BL170928午前ジョグ4IMG_4500     BL170928午前ジョグ2IMG_4491     BL170928午前ジョグ6IMG_4510

田圃を縁取る彼岸花

3日前、岐阜・海津市の長良川でトライアスロンに参加した後は、道の駅で蓮根や生の落花生をゲットするのに先立って、会場からほど近い市内の温泉施設に立ち寄り、汗を流しました。

温泉に行く少し手前では、田んぼを縁取るように、あぜ道に生えた彼岸花が咲く様子を昨年に続いて見かけ、入浴後の復路に車を止めて、その景色を撮影しました。
去年と比べると、花の時期は少し早かったようで、乾いて白っぽくなりかけた花も少なくありませんでしたが、なんとか絵になりそうな花やアングルを選んで、そそくさとシャッターを押しました。

BL170924彼岸花1IMG_5029  BL170924彼岸花2IMG_5036  BL170924彼岸花3IMG_5040

BL170924彼岸花4IMG_5043  BL170924彼岸花5IMG_5028  BL170924彼岸花6IMG_5048

夕日浴び帰宅ライド

岐阜・長良川でのトライアスロン翌日の昨日と本日は、2日続けて朝早くから夕方までの勤務でしたが、昨日は休養日にしてロードバイクに乗っての通勤は控えました。
しかし本日はバイクに乗ってトレーニングを再開。帰りがけにはJR大阪駅前のランニングシューズ専門店に寄って、このところ試みているフォアフット気味の走法をしやすいシューズを新調してきました。

シューズはオレンジ色の鮮やかな1足ですが、その紹介は後ほどすることにして、本日のところは帰りがけの淀川沿いで、まさにオレンジ色の夕日を浴びながらバイクライドをした道すがらの撮った6枚です。

BL170926バイク帰宅1IMG_4458  BL170926バイク帰宅2IMG_4452  BL170926バイク帰宅3IMG_4457

BL170926バイク帰宅4IMG_4479  BL170926バイク帰宅5IMG_4469  BL170926バイク帰宅6IMG_4473

淀川河川敷の自転車道路に入る手前、土手の上にある江戸中期の俳人・画家、与謝蕪村の生誕地を示す石碑のわきには、秋分の日から数日が経っているのに、まだ彼岸花が咲いていました。

大学生たちがクラブ活動に使っている河川敷公園のエリアでは、長いボートを担いで川へと向かう学生たちを見かけました。追い越しざまに聞いてみると、このボートは5人乗りとのことでした。

自宅が近くなり、河川敷を離れて再び土手に乗ったころがちょうど落日の時間で、夕焼けた雲の中、川向うの北摂の山に落ちていく夕日と同時に頭上には三日月と半月の間のお月さまも、くっきりと見え、そのそばを飛行機がシルエットになって通っていくところでした。

本日の淀川河川敷は珍しく行きも帰りも追い風気味で、出勤時には自宅から職場近くの自転車預かり所まで、ほぼ20キロを、1回の信号待ちや河川敷のバイク止めを通過する際の何度もの減速も含めて43分半ほどの「コースレコード」で快走しました。