FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

大阪から樟葉ライド

10月がスタートした本日は泊まり勤務明けで、いつもならロードバイクに乗って大阪市中心部の職場から大阪府枚方市の自宅に向かうところを、用事があったため自宅付近を通り過ぎて、同じ枚方市内でありながら京都府に隣接する北部の樟葉まで走りました。

BL171001バイクで樟葉へIMG_4532  BL171001バイクで樟葉2IMG_4530  BL171001バイクで樟葉3IMG_4535

「樟葉(くずは)」と書いた地名は、京阪電鉄の駅名ですが、実は地図を見ると小学校などにはこの樟葉の字が使われているものの、枚方市内の町名としては「楠葉」の字も多く見られます。
これは、明治時代に交野郡楠葉村と船橋村が合併して、交野郡(のち北河内郡)樟葉村が発足したことによるもので、この際に古代に使われた樟葉の字が復活したものの、その後樟葉村もなくなり、両方の字が混在しているということです。

それはさておき本日は、帰宅コースのメインの部分である淀川河川敷で向かい風がやや強かったものの、さわやかな天気で、レース以外では久々となる約30キロのバイクライドを楽しむことができました。
河川敷ではススキの穂が一斉に顔を出して陽光に照らされていたほか、コスモスの花が咲いているところもあって、秋本番を感じました。

京阪・枚方市駅付近からの自転車道は、それまでのように草地の間を通るのではなく、河川敷だというのに、うっそうと茂った林の中を抜けて、まるで山間の地域に入り込んだように感じます。
このあたりは、駐車場などがある部分ごとにバイク止めが設置されて一旦停止を強いられる淀川河川敷の中にあって珍しく約5キロをノンストップで走ることができるため、本格的なサイクリストやトライアスリートの練習にも使われていて、私もついつい真剣にペダルをこいでしまいました。

スポンサーサイト