FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

秋色のワイン古酒

3日前に父が入院したことによって、自宅から1キロほどの実家で高齢の父母が続けてきた生活が大きく変化することになり、サポートを続けてきた我が家でも、父のお見舞いや諸々の手続き、それに今後の支援の方策を考えることなどに追われています。

泊まり勤務明けだった私は本日も、帰宅後に休む暇なく実家の方に出かけたほか、昨日に続いて病院まで走って行って、父を見舞ったり主治医の先生と話をするなど相変わらず忙しく過ごすことになりました。
まったくこんな事態が、日韓ランナー交流やそれに続く大阪マラソンなどで忙しかったほんの4日前までの1カ月半の間に起きていたら対処のしようがなかったわけで、私にとっても人生の岐路の1つと言えるこの状況が、忙しい生活に一段落が着いたとたんに起きたことは不幸中の幸いとでもいいますか、なんだかうまく仕組まれていたことのようにも感じます。

本日も病院までのランニングでは昨日以上にスピードを上げて走りましたが、それは、その前の用事が長引いて時間の余裕がなくなったためで、途中で写真を撮ることもできませんでした。
というわけで、本日分の写真は夕食の食卓で撮ったお酒や料理です。

BL171130夕食1IMG_8684  BL171130夕食2IMG_8671  BL171130夕食3IMG_8677

夕食の際に飲んだお酒は、父が当面は家でお酒を飲む生活に戻れそうにないことなどから、いずれも実家からもらってきたもので、国産のリンゴのお酒・シードルと、やはり国産のワイン。

ただ、ワインの方は秋の色らしい琥珀色をしていて変わったタイプなのかと思いきや、ラベルを見たところ実は白ワインで、何年にもわたって取り置いていたため熟成が進んで、いわば「古酒」になったもよう。日本酒の古酒のように、木の樽やナッツのような「ひね香」が醸されているようで、こんなものだと思えば、それなりに美味しくいただけました。

そしてソース味の豚肉と野菜のオムレツは、大阪のお好み焼き屋さんなどで定番の「とん平焼き」。
実家で毎週頼んでいた生協の宅配を、私が昨日父母に代わって受け取った食材の中に、1ダース半もの卵があったため、それを利用して夕食のメーン兼お酒のおつまみになったということです。

スポンサーサイト



病院までランニング

本日は泊まり勤務に入るに先立って父が入院している病院に見舞いに行きましたが、別の場所から車で来る家族と合流することになったうえ、病院は駅から遠くにあるため自宅から走って出かけることにしました。

その距離はほんの5キロ半ほど。頑張って走れば30分ほどで着きますので、わざわざ電車やバスに乗るよりはランニングの方がずっと速いということになります。
韓国・コチャン、大阪と2週続けてフルマラソンの距離を走ってはいるものの、足の動きに響くほどの疲れは残っておらず、走り方を変えたおかげで特に短めの距離であれば楽にスピードを出すことができるようになってきていますので、快適に走って一石二鳥のお見舞いランニングとなりました。

掲載するのは途中で撮った真っ赤なナンテンの実と黄色い落ち葉を散らすイチョウの木、それに同じく秋の色が目立つ病棟からの景色です。
イチョウの落ち葉は道路脇の斜面にじゅうたんのように散って、地面を黄色く染めています。4歳の息子は、こうした風景を保育園で「落ち葉のカーペット」と教わったようで、イチョウの葉のことを「カーペット」と呼んでいます。

BL171129オヤジ見舞い1IMG_4905  BL171129オヤジ見舞い2IMG_4897  BL171129オヤジ見舞い3IMG_4908

入院の父を見舞いに

本日は昼すぎからの勤務でしたが午前中は、昨日入院した父を見舞いに行くなどして忙しく過ごし、本日もまた自転車通勤を再開する余裕もないほどの忙しく長い1日となりました。
というわけで埋め草的に掲載するのは、父の入院先である大阪・枚方市内の病院の敷地内で、建物の入り口から駐車場の車に向かうわずかの間に撮った3枚です。

BL171128オヤジ入院1IMG_4887  BL171128オヤジ入院2IMG_4884  BL171128オヤジ入院3IMG_4891

この病院は国の独立行政法人が運営する地域医療支援病院で、建物には日の丸が掲げられています。
街の紅葉も本番とあって、植え込みなどでも、きれいに紅葉した木々が目立ちます。
赤やオレンジに色づいた桜もみじの落ち葉を見ていると、ちょうど私が履いて出かけた裸足感覚で走るベアフットランニング用のソールが薄いシューズの色と似ていて、つい双方を絡めて1枚撮ってしまいました。

走った!撮った!大阪2017-1

昨日の大阪マラソンで2週連続となった写真を撮りながらのフルマラソンを楽しんだ私ですが、本日は早朝からの勤務に加え、高齢の父が入院するアクシデントもあって、日常に戻っての長い長い1日でした。

日韓ランナー交流などで名誉郡民証を授与していただいた韓国・コチャンの写真など未整理・未掲載の写真がたまるなか、今回の大阪マラソンでも約400枚の写真を撮って、楽しくもあり大変でもある膨大な整理・編集作業が待ち受けていますが、とりあえず本日はコースや沿道で撮らせてもらった仲間や友人らの写真を、まとめて掲載しておきます。

まずは皆さんにお送りするなどしておきたかったからですが、これら11枚もれっきとした「走った!撮った!」の写真。「走った!撮った!大阪マラソン2017」の1回目ということになります。
2回目以降の本格スタートがいつになるかはまだ分かりませんが、たまっている未掲載の写真とともに年内の掲載を目指していきたいと思っているところです。

BL171126大阪マラ近藤さんIMG_8246  171126大阪マラソン応援2IMG_8328  171126大阪マラ岩村さんIMG_8266  171126大阪マラコウコちゃんIMG_8367

疾走しているランナー2人はいずれも私の「古巣」・東京の明走会の仲間である敏仁さんと俊毅さん。
私と同じように足の故障から復帰されたばかりという敏仁さんは、かなり後ろのブロックからのスタートでしたが、私がスタート直後にトイレに並んで10分近いロスタイムがあったため、コースに戻った直後にバッタリ遭遇。社長さんの敏仁さんは大阪支社での打ち上げに参加されるとあって互いに会うことができないだろうと思っていただけにトイレさまさまで、しばらくおしゃべりした後に別れましたが、その後、見事4時間余りで完走されたということです。

私の職場に近い御堂筋の淀屋橋近くで応援してくれていたのは会社の上司でランナーでもある裕美子さん。
応援してくださるということはうかがっていたものの、なんと、さらに上司の央さんもご一緒で、お二方を見逃すことなくお会いできてホッとしました。個人的なブログに仕事関連のネタを掲載するのはご法度だと思っていますが、完全オフのお祭りイベントで楽しそうなツーショットでもありますので、勘弁していただくことにしたいと思います。

20キロ過ぎの京セラドーム大阪の付近で今回もお会いできたのは、中高の同窓生のコウコさんのご家族。
このご近所に住んでられるというコウコさんとは先日もプチ同窓会でお会いしたばかりですが、毎回ここでお会いできるというのは走っていて励みになるものです。

BL171126大阪マラソン同窓生3IMG_8486  171126宮路さんIMG_8409  171126野入さん秋山さんIMG_8488  171126大阪マラ上さん2IMG_8527

同じく同窓生で30キロ過ぎにお会いしたのは、来年の次期同窓会の幹事である洋一さんと、本チャン一家。
後輩のランナーで、毎年チャリティー枠で大阪マラソンに参加されていた輝彦さんは身内のご不孝で棄権となりましたが、同期の友昭さんと一緒に応援。持って走る予定だった濃厚なスポーツゼリーを1つ手渡してくれました。

私の生まれた現在の住之江区を拠点に、スポーツサイクルの販売店を展開されている1期上の恵子さんは、住之江競艇場近くで応援してくださいました。そうそう、そういえば友昭さんの経営するタクシー会社もまた住之江が拠点でした。

フルマラソンを完走する間に写真を撮るのではなく、コース上のゴミを拾いまくる胤哉さんを今回かわしたのは、南海電鉄・難波駅を過ぎたあたりでした。

 171126大阪マラぐっさん2IMG_8372  BL171126大阪マラソン同窓生11IMG_8255  BL171126大阪マラソン同窓生2IMG_8298

実はひそかに初マラソン出場を狙って大阪に申し込みながら連続で抽選から外れているという洋一さんは、自転車で3カ所を移動しながら応援。そのうちの1カ所では、同期の治彦さんや恩師の優子先生も一緒に声援を送ってくれました。

コウコさんに会う数十メートル手前の折り返し点付近では、昨日の記事でも紹介した大阪の駆けっこ仲間で、ヒザのケガの手術後にもかかわらず車いすで駆けつけてくれたグッさんが、エルモのかぶりもので応援してくれていました。
そうそう私が抽選に外れた第1回の大阪では、グッさんも一緒にエルモ隊を結成して移動しながら応援したものでした。

5時間半で400枚!!!!

本日は大阪マラソンに参加し、久々に大都市の大会でカメラを片手に持って写真を撮る「走った!撮った!」のファンランをしました。沿道やコース上で中高の同窓生ら多くの友人と会うことができたほか、11キロ過ぎの「片町折り返し」近くでは、家族も応援してくれました。

BL171126大阪マラソン当日1IMG_8490  BL171126大阪マラソン当日2IMG_8645  BL171126大阪マラソン当日2IMG_8530

BL171126大阪マラソン当日3IMG_8491  BL171126大阪マラソン当日4IMG_8370  BL171126大阪マラソン当日6IMG_8625

1週間前に韓国のコチャン・コインドルマラソンを走ってきたとあって早々に足がきつくなりましたが、盛大な応援に元気づけられて約400枚を撮影しながら、号砲から5時間半(スタートと直後のトイレで約15分のロス)でゴール。
足指を鍛えて走り方が変えた成果からか、2週連続のフルでも半月板断裂のヒザに全く痛みが出なくなったのが最大の成果で、いよいよ日常的に走る生活に戻れそうです。

今シーズンは奈良と京都でも「走った!撮った!」を楽しむ予定。来年には6年ぶりとなるギャラリーでの本格的な写真展も計画してみようかなと思い始めています。

沿道で一緒に写真におさまってくれたのは、同窓生の輝彦さん、友昭さん、それに恵子さん。
大阪の駆けっこ仲間で、ヒザのケガの手術後にもかかわらず車いすで駆けつけてくれたグッさん。
40キロ付近の給水所でボランティアの皆さんと撮ってもらった写真もオマケで掲載します。