FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

久々に星田園地ラン

昨日に続いて休みをいただいていた本日は昼ごろ、自宅から生駒山系の星田園地に久々に走りに出かけ、約3カ月ぶりのトレランを楽しみました。

泊まり勤務明けに近鉄・白庭台駅から星田園地を抜けてトレランをした際は、走りながら痛みを感じていた左ヒザの状態が悪化したため、その後は忌避行為のように感じたトレランから遠ざかっていました。
しかし、ヒザが痛くならないフォアフット気味に着地する走り方を2カ月がかりでなんとか習得したことから、ヒザの状態はほぼ完全に良くなり、これならトレランも大丈夫だという感触を得ていました。さらに、足の指先を鍛えてフォアフットの走り方を磨くには、むしろ山道の方が効果的なようにも思い始めていたことから、そのチャンスをうかがっていました。

本来、トレランで足指や足首周りを鍛えるのであれば5本指などのベアフット(裸足)感覚で走れる底がペラペラに薄いシューズの方が適当ですが、本日のところは山道に至るまでの距離が長かったことからロードの大会でも使えるようにと購入していた、比較的底の薄いレースシューズで出かけました。
当初は山を走った後、再びロードを走って自宅に戻ってくる20キロ余りのコースを想定していましたが、久々のトレイルとあって、やはりヒザ周りに疲れがたまってくるのを感じたため、約14キロで切り上げ、京阪・私市駅から電車に乗ることにしました。

とはいうものの、走っている間はかなり快適。フォアフットの走り方は、かかとから着地する走り方に比べて明らかにスピードが出るうえ、足指や足首周りを鍛えたおかげで山の登り坂も、以前より力強くグイグイ上れるようになっているのに気づきました。

BL171106星田園地ジョグ1IMG_4733  BL171106星田園地ジョグ2IMG_4732  BL171106星田園地ジョグ3IMG_4737

BL171106星田園地ジョグ4IMG_4739     BL171106星田園地ジョグ5IMG_4747     BL171106星田園地ジョグ6IMG_4753

BL171106星田園地ジョグ7IMG_4764  BL171106星田園地ジョグ8IMG_4759  BL171106星田園地ジョグ9IMG_4766

掲載した9枚の写真のうち、はじめの3枚は星田園地の手前にある星田妙見宮に立ち寄った際に撮ったもの。本殿へと続く長い石段も軽快に上ることができました。
七夕伝説が伝わる星田地域の社とあって、妙見宮の境内には伝説を描いた絵が掲げられているほか、ノボリなどにも北斗七星の図柄があしらわれています。また本殿のそばには、古代中国由来の方角をつかさどる「四神」の1つである亀と蛇が絡んだ北方の神「玄武」を祭るほこらもあります。

週明けの平日ではありましたが、天気が良かったこともあってか、日本最大級の歩道のつり橋「星のブランコ」のある星田園地には、高齢の方のグループなど多くのハイカーが歩きにきていました。

機関車トーマスを描く特別列車も運行されている京阪・私市線の始発駅である私市駅には、トーマスのクリスマス飾りも登場していて、いよいよ今年も年末に向けて日々の流れが加速度を増していきそうです。

スポンサーサイト