FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

走った!撮った!大阪2017-19

次第に暖かくなり春めいてくる中で、そろそろロードバイクに乗っての自転車通勤を再開したいところですが、テレビでのオリンピック観戦などもあって、早朝にほんの30分早起きすることがなかなかできないのです。

また、かなり長い間乗っていないバイクの空気圧やチェーンなどの油を足すなど事前のチェック・整備を怠っているのも問題で、やはりここは一念発起して「この日から」と再スタートの日を決め、前日にはウエアもそろえておくなど準備をしなければ始まらないようです。
練習不足にもかかわらず出場した京都マラソンの後、長らく好調だった左ヒザにわずかな痛みが出ていることもあって、ここは早急にヒザへの負担が少なく、ヒザ周りの筋肉を鍛錬するのに格好なバイクライドを再開したいところです。

ということで本日は、あと2回になった「走った!撮った!大阪マラソン2017」の19回目を掲載します。
終盤の40キロ手前で撮った9枚です。このあたりは埋め立て地の南港地域で、コンテナヤードや倉庫の前で応援のパフォーマンスを続けてくれた子どもたちのグループの写真も紹介しています。

BL1181126大阪マラソン19-1IMG_8595  BL1181126大阪マラソン19-2IMG_8609  BL1181126大阪マラソン19-3IMG_8603

BL1181126大阪マラソン19-4IMG_8607  BL1181126大阪マラソン19-5IMG_8615  BL1181126大阪マラソン19-6IMG_8605

BL1181126大阪マラソン19-7IMG_8618  BL1181126大阪マラソン19-8IMG_8622  BL1181126大阪マラソン19-9IMG_8621

春控え制服受け取り

昨日は、夕方前に退院が近くなった父や病院のスタッフと実家の「下見」に行きましたが、それに先だっては4歳の息子が新年度から通う予定の近所の幼稚園に、注文していた制服を受け取りに行きました。

制服といっても幼稚園ですから簡単なもので、布のリュックや薄手の上着、ジャージのズボンに半袖・長袖のポロシャツ、帽子に図画工作用のエプロンといったところ。

それでもランニングサークルのTシャツやトライアスロンウエアのほか、本物の制服には40年ほど触れていない自分としては、プラスチックの袋に入った息子の衣類が、まぶしくて晴れ晴れとしたものに見え、こちらもちょっとうれしくなりました。とはいえ、託児所から戻った息子に一式を見せてやったものの、おやつをねだる方が大事だったようで、さほど興味を示さず、試着もする気がなかったことは期待はずれでした。

BL180221走真の制服1IMG_0928  BL180221走真の制服2IMG_0938  BL180221走真の制服3IMG_0933

行き過ぎてラン帰宅

泊まり勤務明けの本日は、ちょっとした用事があったため自宅の最寄駅より4つ先の京阪電鉄・御殿山駅まで行き過ぎて下車し、淀川の河川敷など約7キロをジョギングして帰りました。

ということで、ジョギング中に撮った写真3枚を掲載しますが、午後からもあれこれと用事が重なって長い1日となりました。
午後の用事のうち1つは、約3カ月にわたって入院ていたものの、ようやく来月初めに退院できることになった父や病院のスタッフらと一緒に実家の下見をすることでした。
腰を骨折していた父は、ほぼ回復したとはいえ高齢であることなどから、以前のように布団を敷いて寝る生活が難しいため、ベッドを入れる場所を決めたり玄関に手すりを設置したりすることが必要で、ベッドの場所を決めるなど準備をしたというわけです。

180221御殿山からラン1IMG_5688  180221御殿山からラン2IMG_5696  180221御殿山からラン3IMG_5692

蹉跎天満宮にも梅花

本日は泊まり勤務に入るのに先立ち昼過ぎ、娘を連れてこのところ定番となっている近くの蹉跎(さだ)神社、正式には蹉跎天満宮にお散歩に出かけました。
各地の天満宮同様に菅原道真公ゆかりのこの神社には、例に漏れず菅公が愛したとされる梅の木が何本も植えられていて、中にはまだつぼみの梅もありましたが、既に開いて甘い香りを放っている梅の花も見られました。

実のところ、この散歩の後にはスイミングスクールに出かける息子とは別行動で留守番をするつもりでしたが、娘が行きたがったため急きょ彼女をチャイルドキャリアに担いでjプールまでアップダウンも多い2.5キロの道のりを小走りで出かけました。
京都マラソンの翌々日に、そんなハードな運動ができるとは自分でも信じられないくらいで、ファンランだったとはいえよほど上手にマラソンを走れたということのようですが、本日のダメージがヒザの痛みなどにつながらなければと思って、ちょっと心配でもあります。

BL180220さだ神社お散歩1IMG_5658  BL180220さだ神社お散歩2IMG_5664  BL180220さだ神社お散歩3IMG_5668

マラソンの後に芝居

京都マラソンを走って一夜明けた本日は昼過ぎからの勤務で、いつも通り京阪・香里園駅まで1.3キロを走って行きました。

ファンランとはいえ42キロを走った翌日は脚が動かないこともありますが、本日は意外なことに普段通りのペースで駅までを急ぐことができました。絶対的な練習不足で臨んだマラソンだったため、下手に前半ハイペースで走ることなく、体感的にはイーブンペースを維持できたことなどからダメージが少なかったもようです。とはいえ年をとるにつれ疲れが出てくるタイミングが遅くなってきていて、むしろ明日明後日あたりが要注意ですので、体をいたわりながら過ごしたいと思います。

BL180218京都マラソン後1IMG_0398  FB180218マダムIMG_0401  BL180218京都マラソン後2IMG_0399

さて、昨日はマラソンを走った後、京都市内の風呂屋に寄って汗を流し、大阪に移動して夕方からお芝居を観てきました。
その芝居は、学生のころに関わっていた劇団「そとばこまち」の先輩で、関西を中心に活動されている俳優の川下大洋さんが客演・主演する劇団「THE ROB CARLTON」の「マダム」。

劇団のサイトによると、「華麗なる人生が、幕を閉じようとしている」マダムの屋敷に「集まった家族や友人、知人たち-マダムはゆっくりと、思い出を語り始める」という設定のストーリー。舞台に上る10人の役のうち半分に当たる5人の女性役もすべて男性が演じていましたが何ら違和感はなく、主役の大洋さん演じるマダムもホンモノのように見えました。