FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

パパチャリ、好発進!

大きな荷物を運べるほか子どもたちを幼稚園や保育園に乗せていくのにも使える、車体後部が長い「ロングテール」タイプの頑丈な自転車をこのほど購入しました。

ファミリーユースでありながら、いわゆるママチャリと違って格段の積載能力を誇り、男性も乗れるサイズやスポーティーなスタイルを実現したこの自転車のコンセプトは「パパチャリ」。年は食っているものの、運動できる体を維持しながら可能な範囲で子育てに参画してみたいという私にはぴったりの1台で、さっそく家の周辺で乗り始めています。

BL18042588サイクル1IMG_0987  BL18042588サイクル2IMG_0984  BL18042588サイクル3IMG_0988

全国チェーンの自転車量販店が開発したこのパパチャリの正式名称は「88(ハチハチ)サイクル」。数年前に限定88台で発売されて、その時はあっという間に売り切れ、その後は本格的に量産されて静かなブームを呼んでいるようです。

子どもを乗せられる自転車といえば電動アシスト型で、子ども用シートはまず後部にのせ、2人目用の小型シートはハンドルの上にのせるタイプが一般的で、正確にいえば、そうしたスタイルのもののみが道交法にも準拠しているそうです。

しかしながら、ハンドルの上に子どもを乗せるとハンドルが切りにくくなって明らかに危険であるうえ、小型のシートは成長に伴ってすぐにお役御免になります。また、そうしたシートはひざに当たりやすい位置にくることから、身長のある女性や多くの男性が乗る場合には、がに股でこがざるを得なくなるため、快適ではなく、やはり危険ですらあります。
しかも、電動アシストにしてしまうとせっかく自転車に乗ってもろくな運動にはならず、バッテリーの充電や交換の手間もバカにはなりません。

そんなことから電動アシスト車の購入に二の足を踏んでいた私がひそかにひかれていたのは、欧米では一般的だというロングテールの自転車。リゾートなどで多くの荷物を運ぶのに活躍するうえ、子ども2人を後ろに乗せるスペースも余裕で確保され、足の動きも制限されなくて済むのはファミリーユースに理想的だと思われました。
といっても、そうした自転車の輸入物は高価なため現実的ではなく、途方に暮れていたときに知ったのが、今回のパパチャリの登場でした。

このパパチャリはオートバイのように太い「ファットタイヤ」を後輪に使っていて、表向きの制限積載量は控えめに表示されていますが、そのへんの電動アシスト車よりも安定していて、子ども2人を乗せたとしても全く問題がないことが明らかです。
ということで、私としても2人を乗せて車通りの多い公道を走ることは控えたいものの、公園や自転車道などでは2人を乗せられるようにと取り外しが可能なうえ、スリムでスタイリッシュな子ども用のシート2台を合わせてゲットしました。

頑丈さとは引き換えに電動アシスト車にせまるほどの重量があるパパチャリは、自転車置き場の出し入れも大変なぐらいで、2人を乗せてしまうとこぎだしも一苦労ですが、乗ってみると意外なほど安定感があります。
幼稚園や保育園に行く道も含めて自宅の周辺は坂だらけで、心配した通りに登り坂で脚にかかる負荷は尋常ではありませんが、それでもギアを一番軽くすると登れないわけではなく、トレーニング効果は抜群です。

そして子どもたちもオヤジの背中を見ながら風を切って走るのは楽しいらしく、すすんで乗ってくれていて、とりあえずこのパパチャリの発進は順調です。

海老の頭に百円麦酒

午後から本格的な雨となった本日は久々に駅まで走り、電車に乗って通勤しました。

寒さに負けて長らくロードバイクによる自転車通勤をさぼっていた冬場は、毎日のように駅までの1.3キロを全力で走っていたため、かつてのように疾走感を味わいながら走ることもできていましたが、バイク通勤を再開した半面ほとんど走らずにいると、ほとんど脚が動かなくなり、駅までの所要時間も1分以上遅くなってしまいます。
こんなことでは、この夏わずか数本ながら予定しているトライアスロンのゴールもおぼつかなくなりそうで、そろそろラン練習を織り交ぜるようにしなければと気持ちだけが少しばかり焦ります。

とはいうものの本日は雨。運動しないで食べて飲んでばかりしていてはダメだと思いながらも、またまた晩酌を楽しみました。

BL180424エビの頭IMG_2977  BL180423サヤエンドウIMG_2954  BL180423100円ビールIMG_2961

掲載した写真は、そんな夕食のテーブルに上がった大量のエビの頭に、昨日の夕食でツマミとなった家庭菜園のサヤエンドウとスティックブロッコリー。それに昨日からいただいているドイツビールです。

本日の食卓にはエビの本体やハマチの刺身、タケノコとフキの煮物など、ちゃんとした料理も並んでいましたが、私がビールのアテとして真っ先に食いついてしまうのは、このパリパリに焼いたエビの頭。息子がエビの刺身をほとんど食べてしまった横で、私は頭の方をほとんどいただきました。

ブロッコリーはほとんど収穫を終えて、なお細々と伸びてくる花の茎を摘んだもの。
次々にとれたサヤエンドウもようやくピークを過ぎてしまったようですが、畑ではその隣にソラマメがニョキニョキとサヤを伸ばしてきています。

行き着けの量販店で昨日ゲットしてきたドイツビールは元々、容量からすると瓶ビール並みの割安価格ですが、今回は賞味期限が近付いているという理由でなんと1本が100円。
味はまあまあではありますが、発泡酒などとは違って麦とホップだけが減量のれっきとしたビールが100円とあっては買わないわけにはいかず、1ダースをゲットしてきました。

新菜園で畝立て準備

このほど新しい区画を借りることにした自宅そばの家庭菜園で本日、野菜のベッドをつくる「畝立て」の準備をしました。

BL180423畝立て準備1IMG_0979  BL180423畝立て準備2IMG_0976  BL180423畝立て準備13IMG_0980

新たに借りる区画は、これまでの2×8メートルの2倍となる4×8メートルの約10坪。
これまでは東西方向の真ん中に40センチの通路を設けて畝の幅は80センチでしたが、今回は南北方向に40センチの通路を5本設けて幅1メートルの上を6本立てることにしました。

家庭菜園の畝幅は、植える野菜の種類によっても異なりますが、一般的には70センチから120センチ程度とされているようで、当初は欲張って7本を立てることも考えました。
しかし今回もメインの野菜の株間に別の野菜を混植していこうと考えていることから、メインの野菜を2列に植えることもでき、より株間の余裕もとれるようにと気持ち広めの畝とすることにしました。

畝立てをするには通路と畝の部分の境界にヒモを張ったうえ、通路部分の土を畝側に盛れば設計通りに進むということで、本日のところは巻尺を使って入念に長さを測って麻ヒモを張りました。

その際に活躍したのは、かつて1人で山をほっつき歩いていたころに使っていたテントのロープを地面に止める杭の「ペグ」。
畑の作業をするには少し短めではありましたが、アルミ製と樹脂製を合わせてちょうど必要となる20本が手元にありました。

40年近く前に購入したテントそのものは昨夏、海水浴のサンシェードとして使うため取り出したところ、防水コーティングの樹脂が変質してベタベタになり、細い筒状の部分にポールを通すことが不可能になったことから最近になって、泣く泣く処分しました。
でも、こちらのペグの方はまだ使用可能ということで、今後子どもと一緒にキャンプをするためテントを新調することになれば、山でも再び活躍してくれそうです。

バラとウルトラの頃

泊まり勤務明けの本日はロードバイクに乗って帰宅する途中、通勤コースの淀川河川敷で開かれていたウルトラマラソンの参加ランナーらとすれ違いました。バイクを預けている自転車置き場近くでは、初夏を思わせる陽気のなか、住宅の前に植えられているバラが真っ赤な花を咲かせていました。

そう、マラソンシーズンが過ぎて気が付くと4月も後半に入り、バラとウルトラマラソンの季節が訪れていますが、私はなんとかバイク通勤を続けているものの駆けっこからは遠ざかったまま。それでも多くのランナーが一歩一歩ゴールを目指す姿を見ると、久々に走りたい気持ちがわいてきました。

BL180421淀川夕焼けIMG_0943  BL180422帰宅ライド1IMG_0946  BL180422帰宅ライド2IMG_0951

BL180422帰宅ライド3IMG_0953  BL180422帰宅ライド4IMG_0959  BL180422帰宅ライド5IMG_0963

    180422水都1IMG_0970  BL180422帰宅ライド6IMG_0973  180422水都今野さん1IMG_0968

河川敷ですれ違ったランナーの中には大阪の駆けっこ仲間の有紀代さんや修治さんの姿も。
そのうち修治さんは、なんと職場の同僚であり元高校球児で、先日の草野球大会では打ぼうを爆発させてられましたが、マラソン歴はまだ数年。今回は初の100キロに挑戦して、見事ゴールされました。

新菜園に堆肥や石灰

昨シーズンから自宅近くで借りている家庭菜園ではこれまで、粘土質の土や水はけの悪さに悩まされ、思うような収穫を得られない部分もありました。

しかし、このほど同じ菜園内で条件が良さそうな区画に空きが出たことから、そちらを借りることになり、本日は間もなく始まる夏野菜の植え付け時期を前に土を耕し、土壌を改良するテコ入れのために堆肥や石灰をまぜこむ作業をしました。

BL180421堆肥&石灰まき1IMG_2944  BL180421堆肥&石灰まき2IMG_2949  BL180421堆肥&石灰まき3IMG_2951

新しい区画は自宅から60メートルほどで、これまでより10メートルほど離れ、水道の蛇口が設置された水場からも少し遠くなりますが、緩やかに傾斜する菜園全体の中では、一番下で水がたまりやすかった従来の区画とは対照的に最も上にあって、いわば一等地。また、これまでの2倍の約10坪もあります。

ここを長らく使ってられた年配の方が最近になって手放すことにされ、機会があれば区画を移動したいと伝えていた地主さんから打診をされて、ほぼ二つ返事で借りなおすことを決めました。

前の区画は私が借りるまでは使われていない荒地だったのに比べ、新しい区画は以前に耕作に適した土を入れたこともあると聞いていることから、さほど大がかりなテコ入れは必要ないようにも思いましたが、これまでの区画をほぼ完全な放置状態にして不真面目な借り主だったことを反省し、心機一転がんばる気持ちを後押しするためにもと思って、堆肥などを入手しました。

畑にまいたのは、前回と同じく近くで美味しい野菜を産直する農園で熟成されている格安の馬ふん堆肥と、ホームセンターで安くゲットした木の葉が主体のバーク堆肥。そしてやはり有機物や有用菌を増やすための腐葉土と、酸性に傾いていると思われる土を中和するための有機石灰やもみ殻燻炭。
前回は中和剤として一般的に使われる苦土石灰を投入しましたが、家庭菜園ならではの有機無農薬栽培を徹底する意味も含めて、より早期に栽培を始められるうえ長く緩やかに効果が続くとされる貝殻由来の有機石灰を使うことにしました。

借りることを決め区画は、地主さんがざっと耕運機を走らせたり、親切な別の借り主さんが石や草を取り除いてくれたりしていましたが、それでも縁の通路部分を含めて一通り耕し直すのはそれなりの大仕事。
泊まり勤務に先立ち昼休みを挟んで数時間、夏を思わせる炎天下でクワをふるうと全身がクタクタになって、出社前の1時間ほどのお昼寝タイムでは、いつも以上に熟睡してしまいました。