FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

ソンネさん家族旅行1

東京夢舞いマラソンとの間で草の根の日韓ランナー交流を続けているコチャン・コインドルマラソンで窓口役を努めるチェ・ソンネさんの家族が本日から4日間の予定で大阪を足場に関西旅行に来られ、全日程を通じて案内を買って出ることになった私は泊まり勤務明けに車を運転して関西空港に一行を迎えに行き、宿泊先に近いミナミの繁華街を一緒に散策しました。

BL180427ソンネさん家族旅行1-1IMG_3006  BL180427ソンネさん家族旅行1-2IMG_3008  BL180427ソンネさん家族旅行1-3IMG_3013

来日されたのはソンネさん夫妻と妹さん夫妻および双方のお子さま3人。今回は来られなかったソンネさんのお兄さまでやはり交流担当のジョンマンさんのお子さま2人。それにソンネさんらのお母さまの合わせて10人。おばあさまは85歳ですが、お子さまたちは大学生らという老若男女取り合わせた一行です。

関西空港を発着する格安航空会社の便が増えたことなどで、大阪方面を訪れるアジアを中心とした外国人観光客も年々多くなっていて、韓国のネットなどでも大阪の旅行情報はあふれているもよう。
ソンネさんらの家族旅行でも、お子さまらが事前に行きたい場所や店などを入念にチェックしたうえ詳細な予定表を送ってくれています。それを見ると私よりも詳しいぐらいで、基本的にその予定に従って動くことにしようと思っています。

空港にはマイカーのミニバンで出迎えに行ったものの、10人全員に乗ってもらうことはできず、大人5人と全員の荷物だけを積んで、大学生らには南海電鉄の特急を利用して難波駅まで行き、そこから1キロほどの宿舎までは徒歩で向かってもらいました。
とはいえ大学生らはスマホの地図を見ながら難なく移動。カーナビが迷ってしまった私たちより先に宿舎入りすることができたほどでした。

私も泊まり明けで3時間ほどしか寝ていませんでしたが、ソウルから遠く離れた全羅北道から来たソンネさんの一行も早朝に出発していて、ともに疲れていたことから、夕食はピックアップしてもらっていた店のうち宿に近い黒門市場そばの寿司屋に行くことに。
この店は韓国のサイトに載るほどの人気店とあってほぼ満席でしたが、玄関外のテーブルを囲んで食事ができました。
イス代わりのビールの箱を系列店から運んでもらうのに5分だけ待ってくれと言われながら、30分近くも待たされたのには、全員が腹ぺこだっただけにまいりましたが、お寿司そのものは口コミど通りの美味しさで溜飲が下がりました。

食事の後、ソンネさんやおばあさまは一足先に宿舎に戻りましたが、私は大学生らをミナミの中心・道頓堀まで案内。
さらに散策を続けたいという一行を残して宿舎近くの駐車場に止めた車まで戻り、明日から3日間のハードスケジュールに備えて家路に就きました。

スポンサーサイト