FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

サンチュ&レタス収穫

連日雨が降ったりやんだりして、梅雨が近くなってきたことを思わせます。昨日は、そんな雨の合間を縫って自宅そばの家庭菜園に出かけ、1カ月足らず前に苗を植えたばかりのサンチュやサニーレタスを初めて収穫し、韓国風の焼き肉をいただきました。

BL180530サンチュ&レタス1IMG_5516  BL180530サンチュ&レタス2IMG_5520  BL180530サンチュ&レタス3IMG_5512

昨シーズンは、韓国風焼き肉をするのに必須でありながら近所のスーパーでは簡単に手に入らないエゴマの葉を栽培しましたが、畑を借りる面積が倍増した今年は、さらにやはりなくてはならないサンチュやサニーレタスに挑戦してみました。

当初、葉物の夏野菜はどれも虫がつきやすいように思ってサンチュなどを敬遠していましたが、調べてみるとキャベツやコマツナなどアブラナ科の野菜に比べて、キク科のレタスなどは虫の被害に遭いにくく、虫除けとして別の野菜の株間に植えることもあると知りました。
そして実際に植えてみると、初め畝を覆ってかぶせていた防虫・防風用のネットを外した後、急に虫食いが目立つようになったコカブとは対照的に、サニーレタスやサンチュは虫を寄せ付けず、みずみずしい葉をどんどん広げています。

さらに、もう一つ知らなかったのは、サニーレタスなどは売られているように株ごと収穫しなくても、外側の葉を順次収穫することで、長期間楽しむことができるということ。
昨日のところ、サンチュとサニーレタスそれぞれ3株ずつから、地面近くまで広がった勢いのいい葉だけを収穫しましたが、家族で食べきれないほどレジ袋いっぱいに葉をとっても、残った株の勢いがそがれるようには見えず、まだまだ楽しめそうです。

そして、すべての野菜について言えることですが、生でいただく菜っ葉は特に、とれたてが美味しいもの。
サンチュもサニーレタスも、買ってきたものは水分が減って、しんなりしていますが、昨日のサンチュなどはパリパリで歯触りが良く、香りも苦みや甘味も格別でした。

写真でサニーレタスの手前に見えているのは、種を直まきにしたエゴマで、昨日は間引きをしたところ、両手いっぱいほどの間引き菜が収穫できて、これまた焼き肉と一緒にサンチュなどに包んでいただきましたが、やはり今年の収穫第1号となったトウガラシは、既に冷蔵庫に同じ青トウガラシが入っていたため、味見は後日となりました。

スポンサーサイト



あめあめふれふれ

昨日、胃腸のカゼが原因とみられる熱などで幼稚園を休んだ息子が本日は元気を取り戻して、本日は通園できることになり、朝方は梅雨を思わせる雨の中、傘をさして登園する彼を見送りに行きました。

いつも家庭菜園に履いていくゴム長靴を履き、最近新調したレインコートに身を包み、イチゴの模様が入った傘をさして外に出た息子は、雨の中を歩くのを楽しんでいました。
そんな様子を見ていた私も、かつて頻繁に山歩きをしていたころ、雨の山は雨の山で、植物が元気を増して自然の度合いが高まるような感じがして好きだったことを思い出し、帰路には道路わきの木々や植え込みの花などにカメラを向けていました。

BL180530雨の登園1IMG_5508  BL180530雨の登園2IMG_5494  BL180530雨の登園3IMG_5506

バイクのタイヤ交換

本日は休みをいただいていたものの、熱が下がらず幼稚園を休んだ息子と一緒に留守番をすることになり、昼すぎまで2人でごろごろ。その後は車検&点検に出していたミニバンを車屋さんに取りに行きって家庭菜園でトマトの支柱を立て終えましたが、気が付くと夕暮れ時になっていて、畑での写真も撮っていません。

そこで取り置いていたネタの1つを紹介します。通勤で乗っているロードバイクのタイヤを、この間前後立て続けに交換したという話です。

BL180525パンク修理1IMG_5468  BL180522パンク修理2IMG_5425  BL180522パンク修理3IMG_5427

通勤ライドで悩ましいのは乗っている途中、特に出勤時のパンクで、携帯しているチューブを入れ替えるには最低でも10分はかかりますので、遅刻の恐れも出てきます。

そこで以前、立て続けにパンクを経験した後、「パンクしにくい」と定評のあるタイヤを履くことにして、それ以来長らくパンクせずに通勤を続けてきましたが、このところ再びパンクが続くようになっていました。
よくよくタイヤの表面を見てみると、わずかに切ってある溝が浅くなっているばかりか、ゴムが明らかに劣化して干上がった干潟か冬場の自分のカカトのようにしわだらけになっていました。

しかも、しわが深くなって切れ目ができているところも何カ所もあり、これでは何度チューブを入れ替えても再びパンクするのは仕方がないと思われ、しばらく前に新しいタイヤを2本購入していました。
しかし、新しいタイヤを装着するのは多少の力技が必要となるなど、チューブの交換に比べてめんどうなことから、ついつい交換を先延ばしにしていたところ、当然のことながらさらにパンクが続き、とうとう新しいタイヤを持ち歩くことにした結果、幸いなことに先日、明るいうちに帰宅する途中でパンクしたため、まず前輪のタイヤ交換の機会を得ました。

そして一度タイヤを交換してしまうと慣れて抵抗が少なくなり、その数日後には自宅で後輪のタイヤも交換しました。
これでこの後、何カ月もパンクすることがないだろうと思っていましたが、さらに数日後にまたまた同じ後輪が帰路にパンク。しかも予備のチューブが切れていたため、「何もないよりマシ」と思って以前にクロスバイク用に買ってあったワンサイズ大きいチューブを持っていましたので、これを使って修理しました。

再度のパンクの原因は穴の位置などを見る限り、リムの内側に張った布製のリムテープの劣化でも、リムにチューブが挟まったことでもなく、針のようなものを一瞬踏んだか、元々小さな穴が開いている不良品のチューブに当たったかと思われ、サイズの大きなチューブも今のところ使えているため、再交換は次にパンクしたときでよいだろうと考えています。

いずれにせよ、細いタイヤに70キロ半ばの人間と10キロほどの荷物を載せ、時速30キロオーバーで片道20キロを日々走っているわけですから、いつパンクしてもおかしくないと思っているほかありません。
子どもの送り迎えに使うごついファットタイヤのバイクならパンクの危険性は格段に減るのでしょうが、タイヤを太くごつくすればするほどスピードは出せなくなるわけですから、パンクしやすいことを承知でロードバイクに乗っているとも言えます。

要するに、タイヤが古くなれば早めに交換すること、新しいチューブや修理用具は常に携帯すること、そしてすばやく修理できるよう慣れておくことぐらいしか対策はなさそうです。
ただ、通勤コースにしている淀川の河川敷と大川沿いには1カ所ずつ、アスファルトではなくゴツゴツした砂利を固めたような区間があって、パンクしてくださいと言わんばかりのこれら区間を補修してくれるように当局にお願いすることも必要かもしれません。

そうそう、高圧の空気を瞬間的に入れるレース用のバルブも携帯していますが、それよりしばらく前にゲットした携帯用のポンプは秀逸で、それなりに短くコンパクトながら、それなりに軽く数10回手押しすれば十分に空気を入れることができて、この間は大活躍してくれています。

長くなりましたが、こうしてロードバイクのパンクに悩まされた結果、点検に出したミニバンのタイヤの溝がほとんどなくなっているのを指摘されて、即座に新しいタイヤと履き替える決断ができました。
こちらは、ほったらかしていると子どもたちを乗せたまま事故に遭う危険性も高まるわけですから、タイヤ代が車検や他の点検・修理代を合わせたくらい高価だったとはいえ、背に腹は代えられないというところです。

ようやく支柱&ネット

泊まり勤務明けの本日は、ロードバイクで帰宅する途中にプールに寄ろうと思っていましたが、息子が熱を出したため、プールではなく病院に駆けつけることになりました。

幸い息子は大したことがない様子。ちょうど昨日の日曜参観の振り替えで幼稚園が休みだったことから、午後は自宅で休んでもらって、私は家庭菜園でようやく支柱立てやネット張りを進めることができました。

BL180528ネット&支柱1IMG_5484  BL180528ネット&支柱2IMG_5493  BL180528ネット&支柱3IMG_5489

昨シーズンは、支柱やネットが必要なトマトやキュウリは長さ4メートルの畝1本分しか植えられませんでしたが、約2倍の面積の新たな区画を借りた今年は、6本のうち1本の畝にトマト、もう1本にキュウリとゴーヤを植えたため、支柱などを立てる作業も余計にかかります。

本日のところは、買い足したネットも使ってキュウリなどのネットを張り終え、昨年使った竹の棒を再利用してトマトの支柱も半分ほど立てました。
16本の苗を植えたトマトは、大玉が6本、中玉が4本、ミニトマトが6本と、比較的栽培しやすい中玉&ミニの割合を増やしました。
そのため、主に大玉の実が割れるのを防ぐなどするビニールの雨除けは割愛しようかとも思っていましたが、昨年つくった畝の半分足らずの長さの雨除け用のシートがあったことから、大玉6本と中玉2本だけを覆ってやることにしました。

アーチ状の雨除けの骨組みに利用したのは、ネットのトンネルを掛けるのに使っていたU字型の被覆金属の支柱。この両端を竹の支柱の上部の節に突っ込むという工夫をして、全体が金属でつくられた市販のものと比べても遜色のない骨組みが出来上がりました。
ミニや中玉のトマトは枝を2本選んで伸ばす2本立てにすることから、枝同志が離れるように真っ直ぐな支柱を立てる予定ですが、1本の枝を伸ばす大玉については、枝の先がビニールの覆いの中に入るよう2本ずつの支柱を先端近くでつなげる合掌型の組み方を採用してみました。

新たに借りた区画の土の状態が以前よりずっと良いためか、トマトやキュウリはかなり元気が出てきていて、収穫が待ち遠しくなってきました。

幼稚園で日曜参観

本日は息子が先月から通い始めた幼稚園の日曜参観でした。

自宅から500メートルほどにある地元の市立幼稚園の隣には、やはり市立の小学校があって、日曜参観はそこの体育館が会場。普段通りの保育の様子を見学するのではなく、親やきょうだいも一緒にダンスやゲームを楽しむといういわばミニ運動会のようなイベントで、家族で参加して楽しんできました。

もちろん周囲のお父さんお母さんは私より1まわりも2まわりも若いのですが、裸足で体育館の床に上がると懐かしい感触がして、なんだか自分も子どものころに戻ったような気持ちになって、ちょっとハッスルすることができました。

BL180527日曜参観1P5271675  BL180527日曜参観2P5271620  BL180527日曜参観3P5271665