FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

雨の中で育つ花&実

本日は休みをいただきましたが、朝から息子と娘を自転車に乗せて幼稚園・保育園に送りに行った後、父をかかりつけのお医者さんに連れて行き、さらに本屋さんやスーパー、食事にも付き合うと、ほとんど1日は終わったようなもの。

そうするうちにも雨は降ったりやんだりして、子どもたちが帰宅する前に明後日のトライアスロンで久々に乗るレース用バイクの点検を兼ねて雨の合間に近所を走ってみようとしたものの、すぐに雨が強くなって引き帰し、子どもの帰宅後に小雨の中、家庭菜園の様子を見に行くと、本当に夕暮れ時となりました。

BL180608雨の菜園1IMG_5737  BL180608雨の菜園2IMG_5729  BL180608雨の菜園3IMG_5738

この時期の畑は日々、野菜や雑草の様子が変化し、2、3日たつと様子がガラリと変わってしまうほど。
間引きや脇芽とり、支柱やネットにツルをヒモで引き寄せる誘引、肥料やりなど、やるべきことはあれこれとあるものの、ついつい観察するだけで時間がたって、必要なことをやり残してしまうほどです。

かつて毎週のように山を歩いていたころ、春から夏にかけての山では1週間たつと咲く花が変わることに驚いていたものですが、野菜や雑草がこうして日々姿を変えていくのを見ると、そんなことは当然だったということに気づきます。
そうしてみると、猫の額ほどの家庭菜園をする楽しみは、一義的には自分の手で育てる新鮮で美味しい野菜を家族と一緒に食べることにあるのは当然ながら、日々成長する野菜や雑草など、人の手にも反応しながら姿を変える小さな自然との対話にもあるということが分かってきます。

スポンサーサイト