FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

弾薬庫跡、淡嶋神社

和歌山・加太に来ている旅行2日目の本日は当初、淡路島との間の紀淡海峡に浮かぶ友ヶ島の沖ノ島を船で訪れようと計画していましたが、関東の南海上を北上する台風の影響からか風が強くなっているため島に渡る汽船が全便欠航となり、島に渡ることができませんでした。

友ヶ島は、明治時代から終戦まで使われた砲台や弾薬庫などレンガ造りの戦争遺跡が多く残り、自然と同化した遺跡が点在する風景が人気アニメの世界に似ているとして「ラピュタの島」と呼ばれ、多くの人が訪れています。
子どもたちはまだ「ラピュタ」といっても分かりませんが、片道20分の船の旅は遊園地よりもおもしろい本物のアトラクションになりますし、私も宿泊しているホテルから間近に望む島に渡ってみたいという気持ちが大きくなっていたのですが、思い通りにはなりませんでした。

その代わりに出かけたのは、ホテル近くのハイキングコースに組み込まれている島と同様の弾薬庫跡などと、島に渡る汽船が発着する港近くにある淡嶋神社など。
また写真はアップしませんが、午後にはホテルの敷地内にあるプールで子どもたちと水遊びをするなどして過ごしました。

BL180807加太2日目1IMG_5539  BL180807加太2日目2IMG_5544  BL180807加太2日目3IMG_5542

友ヶ島や加太の砲台など軍事施設は、大阪湾の入り口を守るために造られたとのことです。
一昨年にリニューアルされたホテルは、まさにその海を一望の下におさめる高台の上に建っていて、施設そのものが砲台跡にあり、砲台そのものの跡は撤去されたとのことですが、駐車場のそばには地下壕のような弾薬庫が残っています。
また、レンガ敷きのハイキングコースの先にも砲台跡があり、こちらにもさらに立派な弾薬庫があって、奥行きのある庫内は持って行ったロードバイク用のライトで照らさなければ様子が分からないほどでした。

そのそばの砲台跡では、やはり砲台そのものはありませんでしたが、ここもホテル以上に景色の良い展望台になっていて、友ヶ島やその向こうの淡路島の眺めは、まさに絶景でした。

BL180807加太2日目4IMG_5559  BL180807加太2日目5IMG_5560  BL180807加太2日目6IMG_5556

港の海岸そばにある淡嶋神社は、神武天皇が朝鮮半島に遠征した帰りに流れ着いた友ヶ島にあって、持ち帰った宝物を納めた2社を、仁徳天皇が移したものと伝えられています。
また子宝や安産を祈願する神社としても知られ、春には白木の船にひな人形を乗せて流す神事が行われることでも有名です。さらに全国から供養のため奉納される人形が神殿の内外に飾られていて、その様子は圧巻です。

BL180807加太2日目7IMG_5624  BL180807加太2日目8DSCN0277  BL180807加太2日目9IMG_5617

ホテルの裏手は、かつて関西空港の人工島を埋め立てて造るために山を切り崩して大量の土砂が採取され、跡地では工業団地の誘致が頓挫して、太陽光発電のパネルが並ぶだけの殺風景な眺めが広がっていますが、それとは対照的に海側は、ずっと眺めていても飽きないほどの絶景。1日の時間帯ごとに光の角度や色が移り変わる様子は見事です。

リニューアル後のホテルでは、かけ流しの湯の表面と海の水面が境なく見える露天風呂が目玉の1つとなっていて、紀伊半島と淡路島を隔てる紀淡海峡に飛び石のように浮かぶ友ヶ島の絶景も楽しめます。そうそう、夜には満天の星空を切り裂くように明るい尾を引いて落ちる流れ星も見えました。
もちろんレストランの窓も海に向かっていて、食事の際には、淡路島に落ちる夕日の刻々と変わる景色も楽しめました。

スポンサーサイト