FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

秋の種まき植え付け

本日は、先日から借りることになった家庭菜園の新しい2本の畝に、秋から冬、さらに来春にかけて収穫する野菜の苗の植え付けや種まきをしました。

BL180924種まき植え付け1IMG_7882  BL180924種まき植え付け2IMG_7880  BL180924種まき植え付け3IMG_7888

昨日のうちに買い込んで植えたのは、白菜やキャベツ・ブロッコリー、それにサンチュやセロリの苗。
ハクサイやブロッコリーの苗は既に、従来の畝の空いた部分に数本ずつを植えていますが、このところ大発生しているバッタに葉を食べられるなどして成長のスイッチが入りきらない状態が続いています。

そこで本日は、それらアブラナ科の野菜の虫除けになるというキク科のサンチュやセリ科のセロリを混植し、さらに下草代わりにやはり除虫効果があるとされるシュンギクの種もまいたうえ、昨シーズンも使ったネット状の布でトンネルのような覆いを設置することにしました。

もう1本の畝では、そろそろまき時が終わりそうなダイコンと、その株間にやはり虫を寄せ付けないという西洋野菜のルッコラをまき、その隣にはミニゴボウ・葉ゴボウと、相性が良いとされるホウレンソウを並べてまいたほか、いったん休眠させてある「干しネギ」を植え付けました。

そうそう、こちらの畝の端っこには先日、前の区画から掘り上げておいたミョウガの地下茎も昨日のうちに植え付け、そのそばにはこの後、フキを植えてみようと思っているところです。
ダイコンは従来の畝に先日まいた分が、やはり虫にやられていますので、こちらの畝にも今後トンネルを設置する予定ですが、本日のところは地表の乾燥を防いで発芽を促すために、100円ショップでゲットした不織布を「ベタがけ」しておくことにしました。

スポンサーサイト