FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

大正池から鷲峰山3

一昨日に京都南部の峠や山を越えてロードバイクで約90キロを走ったヒルクライムを含むロングライドの写真をもう1回掲載します。
今回は京都・和束町と宇治田原町の境にそびえる標高682メートルの鷲峰山の山頂付近でコースの林道から離れ、古刹、金胎寺(きんたいじ)の境内まで歩いて往復した際に撮った写真など6枚。最後の1枚は林道を離れ、帰路にたどった国道307号線が木津川を渡る山城大橋から振り返った和束町方面の山々です。

BL190529大正池&鷲峰山3-1IMG_4101  BL190529大正池&鷲峰山3-2IMG_4106  BL190529大正池&鷲峰山3-3IMG_4110

BL190529大正池&鷲峰山3-4IMG_4118  BL190529大正池&鷲峰山3-5IMG_4115  BL190529大正池&鷲峰山3-6IMG_4126

琵琶湖と奈良のちょうど中間あたりにある鷲峰山は、子どものころから山が好きだった私が中学時代に見ていた関西の山々のガイドブックで「湖南」の山の1つとして紹介され、山の名前は国土地理院が定めている「じゅうぶざん」ではなく「じゅぶせん」と書かれていました。地理院による山の名前は決して正解というわけでなく便宜的に定めたもので、実際には別の読み方が地元などで一般的である例は少なくないようで、私が何十年も思い込んでいた「じゅぶせん」が間違いというわけではなさそうです。

いずれにせよ、公共交通機関の便が悪い鷲峰山を少年時代に訪ねることはできず、今回が初めての登山となったわけですが、小学校ではサイクリングも大好きだったとはいえ、そのころの私が半世紀近く後になって自転車でこの山を登ることなど想像できませんでした。

以前のガイドブックでも今のネット情報でも、鷲峰山はたんなる山登りの対象としてだけではなく、山頂南側の渓谷などの岩場を舞台としたスリリングな行場巡りが楽しめる場所として紹介されていますが、今回はあくまでもヒルクライムの練習に来たわけで、行場に足を踏み入れる余裕はありません。それでも南の大峰山(奈良)と並ぶ北の行場として古くから有名だったとされる鷲峰山の寺を素通りするわけにはいかず、バイクを降りて片道数百メートルの急坂を登ることにしました。

古来から知られる古刹ですから金胎寺の境内はさぞかし整備が行き届いて観光客などもそれなりに訪れ、飲み物の自動販売機の1つくらいあるものと想像していましたが、実際の寺は木々が生い茂る林の中にひっそりと立っていて、鎌倉後期に建てられたという重要文化財の多宝塔も江戸時代以来の本堂も、まるで廃墟のようにさびれた様子でした。

それでも参道の入り口には「境内を参拝するだけで300円の入山料をいただきます」と書かれていたことから、帰り際に行場の入口にある住居部分に立ち寄ってみました。
ところがそこには賽銭箱のような箱が置かれているだけ。山の名前や行場の様子などを聞いてみたいと思って閉ざされた窓のわきに「用のある方は鳴らしてください」と書いて下がっていたドラをたたいてみましたが、何ら応答はないままでした。

とにかく、ここまででコース中のしんどい登り坂はほぼ終わりましたが、サイクルコンピューターで全コース88キロに及んだ距離の方は半分余りが残されていました。
とはいえ尾根伝いの林道もここからは下り基調。国道に出ても木津川までの行程の大半は緩やかな下りで、快適に飛ばしながらどんどん距離をかせぎ、快速サイクリングとなりました。ただ久々に100キロ近くを乗ると脚は芯から疲れ、肩も凝ってきて充実感もたっぷり。2日後の本日になっても体の奥からじわじわと疲れが出てきています。

スポンサーサイト



大正池から鷲峰山2

昨日、京都南部の峠や山を越えて約90キロを走ったロードバイク・ツーリングの際の写真を引き続き掲載します。
2回目の本日分も6枚。大正池を訪ねた後、井手町から和束町に入り、宇治田原町との境界にそびえる鷲峰山に至るまでに撮った景色などです。

BL190529大正池&鷲峰山2-3IMG_4083  BL190529大正池&鷲峰山2-2IMG_4080  BL190529大正池&鷲峰山2-1IMG_4085

BL190529大正池&鷲峰山2-4IMG_4091  BL190529大正池&鷲峰山2-5IMG_4099  BL190529大正池&鷲峰山2-6IMG_4096

峠を越えて和束町に入ると、山の斜面に細長い緑のカマボコかイモムシを並べたように見える茶畑の景色が広がります。
和束町や宇治田原町、それに南山城村など京都南部の町村は日本有数のお茶の産地。一番茶の収穫が一段落したころで、茶畑は鮮やかな緑に彩られています。

私は標高420メートル余りの峠を越えた後、約300メートルを一気に下って和束町の中心部に入り、コンビニで軽食をとる休憩を挟んで、今度は3キロほどで再び約250メートルを一気に登り直す激坂の犬折峠にアタック。
そこからは鷲峰山へと連なる尾根をたどり、坂はやや緩やかになったものの、さらに4キロ近くで約300メートルを登り続けました。

思えば、7年前にやはり大正池の峠を越えて和束町の中心部に下り、南山城村の童仙房地区を訪ねていますが、標高700メートル級の山にヒルクライムをするのは、6年前に宮古島でのロングのトライアスロンを控え、当時住んでいた名古屋から愛知・岐阜県境の三国山を登って100キロ近くをツーリングしたとき以来。
大阪に来てからは片道20キロの自転車通勤をしているとはいえ、この間の加齢に伴う体力の低下や身体のあちこちにガタがきていることを考えれば、50代前半の自分とほぼ同等の練習ができるのは少し驚きでもあります。

大正池から鷲峰山1

休みをいただいた本日は、来月半ばに出場を予定している、バイクやランの山登りコースを含むミドルタイプのトライアスロンに向けて、自宅から京都府南部の峠や山を越えて走行距離約90キロ、獲得標高差は1000メートルを超えるロング&ヒルクライムのロードバイクツーリングに出かけました。

コースは淀川の支流・木津川を渡り、京都・井手町と和束町の境界を越えていったん町の中心部に下り、そこから今度は和束町と宇治田原町の間にそびえる鷲峰山(じゅうぶざん、682メートル)の尾根を縦走。再び木津川を渡って戻ってきました。

途中で食事や鷲峰山のお寺を訪ねるなどのブレイクはあったものの、それなりに走りに集中しましたが、6時間およぶロングライドとあって要所要所で撮った写真がまあまあの枚数になり、6枚ずつを3回に分けて掲載することにします。

BL190529大正池&鷲峰山1-1IMG_4063  BL190529大正池&鷲峰山1-2IMG_4070  BL190529大正池&鷲峰山1-3IMG_4067

BL190529大正池&鷲峰山1-4IMG_4072  BL190529大正池&鷲峰山1-5IMG_4075  BL190529大正池&鷲峰山1-6IMG_4074

自宅から京都南部の木津川を渡るまでは行き帰りとも生駒山地北部に続く丘陵地帯にある標高150メートル前後の峠を越えましたが、川までは写真を撮っていません。
そして紹介する写真の1枚目は、自宅から約20キロで木津川を渡る玉水橋からの1枚。

ここからは井手町の山から木津川に流れ込む支流の玉川沿いを登り、山麓の溜め池・大正池を経て標高420メートル余りの峠を越えます。この峠道は比較的緩やかな勾配が続く、関西のロードバイク乗りには人気のコースで、私は7年前にもたどっています。

このあたりの山から木津川へと流れ込む支流の先端部は、土砂が扇の形に広がる扇状地をつくっていて、どんどんたまった土砂の上を流れる玉川は、いつしか元々あった道路や線路の上を流れる「天井川」になっています。
この川が天井川であることは地形図を眺めるのが趣味の1つだった中学時代に気づいていて、その様子を見てみたいと思ったもので、少し分かりにくいもの3枚目の写真に収めてみました。手前が跨線橋の上を流れる玉川、向こうがその下を通るJR奈良線の線路です。

生駒山麓公園ライド

泊まり勤務明けだった昨日は、大阪と奈良の府県境にそびえる生駒山の中腹にある生駒山麓公園に子どもたちを連れて出かけることになり、仕事終わりに大阪中心部の職場から生駒山地北部の峠2つを越えるヒルクライムの練習をしながらロードバイクに乗って公園に向かい、現地集合しました。

BL190528生駒山麓公園へ1IMG_4023  BL190528生駒山麓公園へ2IMG_4020  BL190528生駒山麓公園へ3IMG_4028

国道163号線の旧道を登る大阪・四条畷市の清滝峠は標高約250メートルで麓からの標高差は230メートル余り。
そこから南下して、国道と平行する阪奈道路へと至る峠道は、帰宅時トレランの定番コースで通る室池のわきを越え、最高地点の約300メートルまでの標高差はさらに50メートルほど。
夏を思わせる暑さの中でペダルをこぐと汗びっしょりになりましたが、このところヒルクライムの練習を続けていることから、自分としては堅実なペースで淡々と登ることができました。

阪奈道路からは、やはりトレランコースである生駒縦走路のハイキングコースをたどり、最後は生駒スカイラインの道路をくぐる林道をバイクを押しながらたどって公園へと向かいました。

鉄道博物館を満喫2

子どもたちを連れて昨日出かけた京都鉄道博物館の写真をもう1回掲載します。
今回はオープンデッキ型の客車をつないで実際に走る蒸気機関車「SLスチーム号」や、多くの蒸気機関車が収蔵される扇形の機関車庫などSLの様子を撮った6枚です。

BL190526鉄道博物館2-1IMG_3948 (2)  BL190526鉄道博物館2-2IMG_3948 (1)  BL190526鉄道博物館2-3IMG_3875

BL190526鉄道博物館2-4IMG_3990  BL190526鉄道博物館2-5IMG_3968  BL190526鉄道博物館2-6IMG_3971

SLといえば、私の子ども時代にはまだ北海道などで現役で走っていたはずですが、私自身は実際に乗車したことはありません。
子どもたちにとっては少し前まで大好きだったアンパンマンのキャラクターに「SLマン」や「ポッポちゃん」があったり、機関車トーマスのキャラクターにもなじんでいるものの、やはり実物のSLを見たことはありません。

そんな中、鉄道博物館ではC62形の機関車が煙を上げ、ホンモノの汽笛を鳴らして片道500メートルほどの往復だけではあるものの客車を押し引きしながら動かし、その迫力と臨場感には大人もワクワクするほどでした。