FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

大阪モーニングラン

本日は午後からの勤務に先立ち、明日の大阪マラソンの関連イベントとして、各国のランナーらと一緒にゴール会場の大阪城公園をジョギングする「ハッピーモーニングラン」に参加してきました。

BL191130大阪モーニングラン7IMG_9265  BL191130大阪モーニングラン8IMG_9278  BL191130大阪モーニングラン9IMG_9258

BL191130大阪モーニングラン4IMG_9282  BL191130大阪モーニングラン5IMG_9313  BL191130大阪モーニングラン6IMG_9273

BL191130大阪モーニングラン1IMG_9344  BL191130大阪モーニングラン2IMG_9343  BL191130大阪モーニングラン3IMG_9342

世界の大都市マラソンでは、レース前日の朝に海外ランナーが地元ランナーとジョギングして交流を深めるイベントが定番になっていて、私もかつてニューヨークシティマラソンの「インターナショナル・フレンドシップ・ラン」をはじめベルリン、パリ、バンクーバーでも同様のイベントに参加しています。

そうして各国のマラソン前日のジョギングで歓迎を受けている身としては、ぜひ今度は海外ランナーを歓待してイベントを盛り上げてやりたいと思うもの。一昨年から始まったハッピーモーニングランの1回目はイベントのチェックをし忘れ、昨年は大阪マラソン自体に落選していましたが、今回初めて参加することになりました。

会場に来てみると、欧米の大都市マラソンに比べ参加者は200~300人ほどでこじんまりとしていて、各国ランナーが国旗を先頭に民族衣装で走るニューヨークなどとは違ってお国柄を示すウエアを着たランナーも少なかったのですが、和気あいあいとした雰囲気があって「大阪もここまで来たんだな」と感じました。

私といえば先日、韓国のコチャン・コインドルマラソンの本番でも着たこいのぼり柄の法被を羽織り、コーディネートした黄色い手ぬぐいの鉢巻も締めて出場。派手な柄の法被がよほど目立ったのか、走っている間も多くのランナーに声をかけられ、ゴール後も一緒に写真に収まってほしいと何人もから頼まれました。

そういえば2回走ったニューヨークでも、1回目はお祭り好きの先輩から借りた法被で、2回目も自前の阪神タイガースの法被で走りました。今回の法被はコチャンでは雨に濡れて途中棄権の要因の1つにもなりましたが、本日は大うけしてイベントを盛り上げることができましたので、面目躍如してくれたというところです。

スポンサーサイト



大阪マラソンへ受付

本日は朝早くからの勤務で、仕事帰りに明後日の大阪マラソンの受付会場に出かけ、ナンバーカードなどをピックアップしてきました。
受け付けは明日も開かれていますが、昼過ぎからの勤務となっている明日は午前中、海外ランナーらと一緒に大阪城をジョギングするイベントに参加するため、本日のうちに受け付けを済ませておくことにしました。

大阪マラソンは今年からコースが一新され、ゴールが昨年までの人工島・咲洲にある見本市会場・インテックス大阪から大阪城公園内に変更となって、より世界標準の大都市マラソンらしくなり、ゴール後の移動も便利になりましたが、残念ながら受付会場やスポンサーのブースなどが出展するエキスポ会場はインテックスのままで、行き来に時間を費やさざるを得ないのはイマイチです。

ともあれ、先日韓国で出場したコチャン・コインドルマラソンで30キロ手前で初のリタイアを経験しているのを受け、今回はファンランとはいえ何とか完走をしたいところで、華やかな受付・エキスポ会場に出かけたことで少なくとも気持ちを盛り上げることはできました。

BL191129大阪マラソン受付1IMG_9245  BL191129大阪マラソン受付2IMG_9251  BL191129大阪マラソン受付3IMG_9250

星田園地もみじ狩り

昨日の泊まり勤務明けの帰宅トレランで大阪府民の森「むろいけ(室池)園地」を訪れ、走りながらのもみじ狩りをしたのに続き、休みをいただいた本日は息子と娘を連れて昨日はパスしていた「ほしだ(星田)園地」に出かけ、長い歩道の吊り橋「星のブランコ」などを通りながら2日続きのもみじ狩りを楽しみました。

幼稚園に通う子どもたちの保育時間は通常午後2時まで、延長の預かり保育を頼む日は5時までですが、本日はお弁当の後の1時に迎えに行って少しばかりの早引きをさせ、幼稚園と午後のハイキングのダブルヘッダーをしてもらいました。
生駒山地北部の紅葉は11月下旬から12月上旬にかけてですが、昨日の室池を見るとほぼ見頃か少し遅くなりつつあるぐらいでしたので、ほしだ園地でも見頃は今週末あたりまでと思われました。しかし週末は1日だけ休みをいただいている日曜に大阪マラソンがあるため、出かけるのなら今日しかないと決断。ちょうど小雨が上がったところでしたので、子どもたちに付き合ってもらったというわけです。

そんなふうに少し無理をして出かけた本日のもみじ狩りは、ひと言でいえば最高でした。
特に谷に架かる星のブランコからのまさに「錦秋」の眺めは圧巻で、自宅から30分ほどで歩き始められる手軽なハイキングコースではあるものの、ここの紅葉の景色は関西・近畿の中でも有数のすばらしさではないかと思えるほどです。
それなりの急坂もあるコースでしたが、6歳の息子だけでなく4歳の娘も、一息ついている大人のグループを追い越していけるほどの元気さで、麓の小屋まで戻ってきてもまだ余力があり、その前のクライミングウオールで遊ぶほどでした。

BL191128ほしだ園地1IMG_9185  BL191128ほしだ園地2IMG_9168  BL191128ほしだ園地3IMG_9174

BL191128ほしだ園地4IMG_9200  BL191128ほしだ園地5IMG_9213  BL191128ほしだ園地6IMG_9240

BL191128ほしだ園地7IMG_9235  BL191128ほしだ園地8IMG_9226  BL191128ほしだ園地9IMG_9243

室池もみじ狩りラン

泊まり勤務明けの本日は、次の日曜の大阪マラソンを前に足慣らしをしておくため、30キロ手前で棄権した韓国のコチャン・コインドルマラソン以来初めてとなる帰宅時のトレランを楽しみました。

走ったのは例によって生駒山地北部のハイキングコースなど。ただ今回は初めてJR四条畷駅をスタートし、谷沿いをひたすら駆け上がって室池のほとりまで出てみました。
この谷沿いのコースは、これまで下りで走ったり歩いたりしたことはありましたが、登りに使うのは初。スタート地点として良く使う近鉄・生駒駅から宝山寺に向かう急な石段と違い、ほどよい勾配の登り坂を長く走れるため、ロードのマラソンに向けた練習としては適当だと思いました。

そして狙い通り、いい感じで汗をかいたところで室池に飛び出し、その後は下り基調となるため快適に走ることができたうえ、池やその周辺では息をのむほどきれいに色づいた林の景色を楽しむことができました。
当初は室池を越えた後、もうひと登りして長い歩道のつり橋、星のブランコまで行こうとも思っていましたが、既に写真を撮り過ぎて遅くなっていたため、疲労を残さないうようにとも考えて、磐船神社を経て京阪・私市駅へと谷沿いにショートカットすることにしました。

BL191127四条畷~私市1IMG_9045  BL191127四条畷~私市2IMG_9053  BL191127四条畷~私市3IMG_9051

BL191127四条畷~私市4IMG_9077  BL191127四条畷~私市5IMG_9106  BL191127四条畷~私市6IMG_9057

BL191127四条畷~私市7IMG_9079  BL191127四条畷~私市8IMG_9113  BL191127四条畷~私市9IMG_9086

BL191127四条畷~私市10IMG_9111  BL191127四条畷~私市11IMG_9122  BL191127四条畷~私市12IMG_9133

晩秋最後の銀杏拾い

韓国のコチャン・コインドルマラソンに続き写真を撮りながらファンランをする予定の大阪マラソンを6日後に控え、泊まり勤務となった本日は、明けの帰宅時に久々のトレランを予定していることから電車に乗って出勤しました。

それに先立つ日中は、淀川に近い国道沿いのイチョウ並木で、おそらくシーズン最後となる銀杏拾いをするため往復約5キロをジョギングで出かけました。
自転車通勤だった昨日の帰りがけ、強い北風が吹く中、しばらく前にも銀杏拾いをしたこの並木で、まだ枝に残っていた銀杏が落ちてきているのを確認したからで、案の定、深いオレンジ色にjなった銀杏をちょうどバックパックに入るぐらい拾うことができました。

BL191126国道の銀杏1IMG_9032  BL191126国道の銀杏2IMG_9034  BL191126国道の銀杏3IMG_9039