FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

明走会忘年会挨拶1

本日は午後からの勤務で、当初は再開したロードバイクによる自転車通勤を考えましたが、あいにくの雨の予報で見合わせました。

掲載するのは先日上京して出席した明走会忘年会の際に撮らせてもらった幹事・重鎮の皆さんのあいさつシーンです。
30人余りが顔を合わせた会では恒例の1人ひと言あいさつがあり、遠来賞となった私も近況報告などをさせてもらいましたが、いくら節酒をしているといっても全員の写真を撮っていては歓談もできませんので、主な方々に限らせていただきました。
とはいいましても、掲載する写真はもう1回分が残っているのですが。

BL191222忘年会あいさつ1IMG_0562  BL191222忘年会あいさつ2IMG_0561  BL191222忘年会あいさつ4IMG_0572  BL191222忘年会あいさつ5IMG_0574

BL191222忘年会あいさつ6IMG_0577  BL191222忘年会あいさつ7IMG_0612  BL191222忘年会あいさつ8IMG_0590  BL191222忘年会あいさつ9IMG_0614

Xマスのバイク通勤

朝早くからの勤務だった本日は久々にロードバイクに乗って自転車通勤をしました。
この間は大阪マラソンと奈良マラソンを続けてファンランし、その後に脚を痛めていたことからバイク通勤はどうやらちょうど1カ月ぶり。さすがに朝の冷え込みは厳しくなりましたが、冬用のウエアの下に厚手の長袖シャツを着込んだりシューズカバーを着けたりして準備したところ、凍えそうになることはなく、かなり快適に走ることができました。

思えば8月の自転車通勤中、脇道から飛び出した自転車に衝突されて手の指を脱臼した事故以来、日常的にバイクに乗ることができなくなっていますが、それまでは通勤でのバイクライドがトレーニングのベースにあったわけで、その土台が崩れたことによって、健診・人間ドックで指摘された動脈硬化が進んでしまう恐れもあるとも考えられますので、やはり冬とはいえバイクに乗れる機会は逃さないようにしたいと思います。
いずれにせよ、ブランクが空いたり寒くなったりすればするほどバイクに乗るのがおっくうになるものですが、乗ってみたらみたで当然のことながら気持ちが良いわけで、なんとか日常的な運動の習慣を取り戻したいものです。

そうそう、掲載するのは日没時に走った淀川沿いでの3枚ですが、既に冬至も過ぎたため、これからは日々日が長くなりますので、春に向けて始動するつもりで体を動かしていこうと思います。

BL191225バイク帰宅1IMG_0700  BL191225バイク帰宅2IMG_0708  BL191225バイク帰宅3IMG_0713

父招きXマスの夕食

クリスマスイブだった本日は、自宅近くの実家で独り暮らしをする父を招いて、ささやかなディナーを楽しみました。

BL191224クリスマスイブ1IMG_3085  BL191224クリスマスイブ2IMG_3109  BL191224クリスマスイブ3IMG_3066

BL191224クリスマスイブ4IMG_3124  BL191224クリスマスイブ5IMG_3103  BL191224クリスマスイブ6IMG_3171

BL191224クリスマスイブ7IMG_3144  BL191224クリスマスイブ8IMG_3183  BL191224クリスマスイブ9IMG_3149

平日だったため当初は父を招待できるかどうか微妙で、直前の声掛けとなりましたが、父は二つ返事で来てくれました。
「クリスマスは25日だから」と言い張る息子の提案通り手作りケーキに「2」と「5」のロウソクを差して火をともすと、父は、早く吹き消して食べ始めたい娘のそばで恒例となった「きよしこの夜」を気持ちよさそうに歌ってくれました。
またそれに先立つ食事でパンを食べる際には、半世紀前にペギー葉山が歌った「パンのマーチ」を口ずさみ、娘に大うけして「歌で孫に喜んでもらえるとは思わなかった」と上機嫌でした。

デイサービスや家事支援ヘルパーを利用しながらの独り暮らしで精いっぱいの父は、子どもたちににプレゼントを用意することもなく、自分が飲まないワインを持ってくると約束していたことも忘れていましたが、88歳とあっては致し方ありません。
子どもたちと絡んでくれるだけで、ありがたいと思います。

3次会、そして帰阪

今年の走り納めとなる東京の大田区ロードレースと明走会の忘年会に出席した私は、忘年会で3次会まで流れたものの本日、無事に再び空路で大阪に戻りました。

BL191222忘年会2次会IMG_0676  BL191223帰阪1IMG_0680  BL191223帰阪2IMG_0682

BL191223帰阪3IMG_0687  BL191223帰阪4IMG_0689  BL191223帰阪5IMG_0691

明走会の月例会場になっているという東京・神田の居酒屋では、いったん1次会が開いた後も場所を移さず2次会が開かれ、ようやく3次会となって雨の中を別の店に移動しました。
3次会とはいうものの、1次会のスタートが午後3時半でしたので開いたのは10時半ごろと宵の口。それでも合わせると7時間ほども飲み食いしていたのですが、10時間以上もウルトラマラソン並みに飲み続けていた以前に比べると常識的になったものです。

楽しく飲んでいるとつい「もう1軒、行こうか」と誘ってしまい「妖怪もう1軒」と不名誉なあだ名もいただいたほどの私ですが、眼底出血に続いて動脈硬化も指摘され、節酒と油および砂糖を控えるべきだと思われるとあっては、3次会まで行っても酔っぱらわず冷静な自分を保たざるを得ません。
まあそれでも、居酒屋のメニューというのは選択肢が広いため体に良いものを選ぶことがさほど難しいわけではなく、お酒もなめる程度でチビチビやると、かえってじっくりと味わえるということも分かって、なんだか目からうろこでした。

節酒しながらの飲み会の悪くないところは、結局はあまり覚えてないにしても仲間の話を少なくともその時はじっくり聞けること。それに二日酔いもなくすっきりと目覚められるのも良いところで、本日は午後2時の飛行機に乗り込んで明るいうちに帰宅しましたが、羽田空港に向かう前には、人形町と新宿を回って子どもたちのクリスマスプレゼントを買い足すこともできました。

2年ぶりの走り納め

本日は東京の駆けっこサークル「明走会」の忘年会と、それに先立つ走り納めとして「大田区ロードレース」に参加するため、1泊2日で大阪(伊丹)空港から空路上京しました。

BL191222大田ロードS3DSC01006  BL191222大田ロードS2DSC01002  BL191222大田ロードS6DSC01013

BL191222大田区ロード&忘年会1IMG_0532  BL191222大田区ロード&忘年会2IMG_0542  BL191222大田区ロード&忘年会3IMG_0537

BL191222大田区ロード&忘年会4IMG_0660  BL191222大田区ロード&忘年会5IMG_0545  BL191222大田区ロード&忘年会6IMG_0552

BL191222大田区ロード&忘年会7IMG_0663  BL191222大田区ロード&忘年会8IMG_0549  BL191222大田区ロード&忘年会9IMG_0670

BL191222大田区ロード&忘年会10IMG_0654  BL191222大田区ロード&忘年会11IMG_0652  BL191222大田区ロード&忘年会12IMG_0667

レースの成績は10キロを53分8秒。ヒザの半月板損傷から復帰したばかりだった3年前より30秒ほど良いだけというほぼワーストのタイムながらフィニッシュし、男子壮年の部で完走した66人中28位でした。

去年の大会は陸上競技場の改修で中止となり、仲間は代わりに足立区のレースを走りましたが、私は申し込みそびれ忘年会も参加を見合わせ。近くの大田区スタジアムが会場となった今年は2年ぶりの走り納め&忘年会でした。
今月は練習不足のまま大阪、奈良と2週連続のフルマラソンを写真を撮りながら走った後、スネの筋肉を傷めて再び走れなくなり、ようやく痛みが収まったのが1、2日前。ゆっくりとスタートしたものの案の定、終盤には足を引きずってしまいましたが、それでもゴールできましたので終わり良ければすべて良しとします。

今年は春の健診で眼底出血が判明。今月のドックでは背景とされる動脈硬化も指摘され、忘年会では3次会まで流れたものの節酒と脂っこいものを避けることに心がけました。
還暦&定年となる新年に向けては、日常のトレーニングと生活習慣の改善に励みたいものだと、つくづくと思っている次第です。