FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

ダイコン、トマトも

あれよあれよという間に年の瀬を迎え、ついついさやるべき作業が後回しになり続けて、ほぼ放置状態になってしまった家庭菜園ですが、秋口に植えたダイコンはそれなりに大きくなった株もあって、本日ようやく1本を抜いていただきました。
やはり収穫したての新鮮なダイコンは煮物にするとすぐ軟らかく煮えるようで、大根おろしもフレッシュな味わいです。

また5月の連休に夏野菜をまとめて植えた後、時間差で遅めに植えたトマトやミニトマトは秋の間も少しずつ収穫できていましたが、長らくほぼ枯れた枝に青いまま成っていた残りの実が今頃になって色づき始め、わずかではありますがなんと初冬のトマトを味わうことができます。
さすがに皮は固めですが十分に甘く、こんなこともあるのかと驚くばかりです。

昨シーズン終わりの晩春に収穫した豆をまいたソラマメやエンドウは、一部をインゲンの後作として植えたため、同種の作物を続けて植えると育ちが悪くなる連作障害のためか、ほとんど芽を出さないままの部分もありましたが、それでも全体で3分の2以上はそれなりに伸びて、大きくなり過ぎず冬越しをするのにちょうど良い背丈になってくれています。
写真では紹介していませんが、やはり秋に植え付けたタマネギや植え替えたイチゴもほぼ順調なようで、毎度のことながら間引きをさぼるなどした菜っ葉類の成績が悪いものの、春への楽しみもつなげることができています。

BL191227トマト&ダイコン1IMG_0718  BL191227トマト&ダイコン2IMG_0720  BL191227トマト&ダイコン3IMG_0726

スポンサーサイト