FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

サップ川渡るフェリー

本日はカンボジア旅行後にこわしたお腹の調子が少し良くなってきたため、久々にロードバイクに乗って自転車通勤をし、遅ればせながら今年のトレーニングをスタートしました。
掲載する写真は引き続き旅行の落穂拾い。本日分は2日目のプノンペン市内巡りでもキアさん宅から市の中心部に行くために利用したサップ川を渡るフェリーの様子です。

BL200108フェリー1IMG_1309  BL200108フェリー2IMGP4358  BL200108フェリー3IMGP4365

かつてキュウリ畑が広がっていたキアさん宅のあるチュロイチョンヴァー地区は、今や高層建築のコンドミニアムが立ち、キアさん宅を含め豪邸のヴィラや川沿いのレストランが次々とできていて、プノンペンで最もホットな新開発地区。

琵琶湖の2倍の面積を誇るトンレサップ湖から流れてくるサップ川とメコン川が合流する手前の岬状のエリアで、サップ川に面した市中心街から渡るには日本の援助で造られた「日本橋」と、その隣りの「中国橋」が利用できますが、フェリーを使えば急劇に深刻化した交通渋滞を、ルートによって避けることができます。
地区から中心街までの所要時間はわずか5分ほど。フェリーは数隻がひっきりなしに往復していて、バイクに乗る学生たちも利用して市民の足となっているもようでした。

BL200108フェリー4IMGP4376  BL200108フェリー5IMG_1314  BL200108フェリー6IMGP4375

フェリーで対岸に向かうと、ちょうど私が住んでいて当時は迎賓館としても使われたホテル・カンボジアーナが正面に見え、その右後ろには駆けっこ仲間の森口さんが支配人を務めるホテル・エミオン・プノンペンも見えました。
そして左奥には、何棟もの超高層ビルの建設が進む市内最大の新開発地区、ダイアモンドアイランドも眼前にありました。

BL200108フェリー7IMGP4382  BL200108フェリー8IMGP4366  BL200108フェリー9IMGP4384

中心街川の船着き場近くは以前、川魚を塩漬けにして作る発酵食品プラホック用の小魚が水揚げされ、各地から集まった人たちがそれを買い込んで大きなカメに漬け込む作業をしていましたが、今やそうした光景は過去のものとなっていました。

スポンサーサイト