FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

カンボジア王宮散策

本日は泊まり勤務でしたが、頼まれごとのシゴトを夕方までに仕上げる必要があったため昼寝はかなわず、もちろんトレーニングも駅まで走る以外できませんでした。
ということでカンボジア旅行のネタを続けます。プノンペン市内を巡った2日目、最後のスポットとして訪れ、内部を散策した王宮などの写真6枚を掲載します。

BL200108王宮1IMG_1445  BL200108王宮2IMG_1436  BL200108王宮3IMG_1427

前にも書きましたが、シアヌーク前国王が存命だった私の特派員時代、メコン川と合流するサップ川に面した王宮前広場「ムク・ヴェアン」は普段から路上生活者がシートを並べ、祭りの日には露店が並ぶなどして大勢の人でごった返しましたが、王宮内部は式典などの際に取材で訪れる以外、一般には立ち入りができなかったと覚えています。

ところが今や、いまだに現シハモニ国王が住んでられるというのに、内部のかなりの部分が入場料を支払えば立ち入って見学することができ、市内では外すことのできない観光スポットになっているようです。
即位殿の階段の手すり部分とその前には、インド神話の蛇の神ナーガと獅子神シンハの彫刻が設置され、屋根を支える柱の上部には神鳥ガルーダが並んでいます。

BL200108王宮4IMG_1458  BL200108王宮5IMG_1448  BL200108王宮6IMG_1478

王宮を出ると、外の道路には3人乗りのバイクや屋根付きの座席をバイクで引くタクシーのトゥクトゥクが多く見られますが、川沿いでは以前に一般的だったものの姿を消したと思っていた自転車タクシーのシクロも車窓から見かけました。
ずらりと並んだシクロの座席には欧米人の観光客と思われる男女が座っていて、市民の足というよりは観光用に特化した形で残っているようです。

スポンサーサイト