FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

出勤前バイク・スイム

泊まり勤務に入った本日もまた、午前中からロードバイクで中距離のライドをしたうえ、帰宅前にプールで泳ぐという2種目の練習をこなしました。

バイクで走ったのは、しばらく前にやはりミドル練習をした際とほぼ逆回りのコースで、淀川と木津川沿いのサイクリングロードから生駒山地北部の丘陵地帯を越えて戻ってくる約57キロ。
スイムは今回も30分足らずしか時間をとれず、ほぼノンストップとはいえ1キロほどしか泳げませんでしたが、泊まり勤務前に頑張ってみるのは自分としては画期的で、あと1カ月余り、こんな調子で貪欲に練習量を増やしていくことができればと思います。

BL200226ミドルライド1IMG_2958  BL200226ミドルライド2IMG_2970  BL200226ミドルライド3IMG_2963

夜の間の雨が朝方まで少し残り、路面は少しぬれていたうえ、またぐっと冷え込みましたが、水着などを入れたシートポストバッグに専用のレインカバーをかけて飛び出しました。
手足の冷えに対しては、手袋を3重にはめ、靴に中敷きタイプのカイロを仕込んで走りました。手袋を重ねる作戦は、2重より3重の方が効果があって、かじかむことがなくなることは既に実証済みでしたが、新たに試した中敷きカイロもなかなか優れもので、丘陵の登りにさしかかった際には足の裏が熱くなるほどで、中敷きの上にしていたのを下に隠すとさらに快適になりました。

帰宅後は、今度は子どもたちのスイミングスクールの付き添いで、本日は2人とも進級テストがあったため、抜け出して走ることはできませんでしたが、ともに合格してくれるのを見届けることができました。

スポンサーサイト



出勤前ラン&スイム

本日は昼すぎからの仕事に先立ちスポーツクラブまで走って行って泳ぎ、その足でさらに京阪・香里園まで走って、少しずつながらランとスイムの練習をこなしました。

急いでプールに行き、またそそくさと着替えて駅に向かったため、気がつくと途中で写真を撮っておらず、駅に着いたところで見慣れたバスロータリーや自宅から走ってくる時に上る坂道、駅のホームと見慣れた風景にちょこちょことカメラを向けました。

BL200225香里園1IMG_2946  BL200225香里園2IMG_2942  BL200225香里園3IMG_2947

2月も終わりに近づき、4月後半のトライアスロンまで2カ月を切っているというのに、まだまだ十分な練習を積むことができていないため、通勤時の練習をさらに充実させることが必至で、細切れであっても空いた時間に少し無理してでも体を動かしていこうと思っています。

ということで、帰りには京阪電車が事故で運行停止になったことから途中の地下鉄・大日駅まで行った後、雨が降りだして迎えに来てもらう際、また途中まで少しばかり走ることにしました。

天六まで出勤時ラン

休日の日中勤務だった本日は自宅から大阪市中心部の「天六」こと天神橋筋6丁目まで16キロ半ほどを走った後、地下鉄に2駅乗って出勤しました。

職場まで全部走ると20キロほどですが、トレイル交じりのジョギングは別としてロードでの20キロは久しく経験しておらず、しんどそうな気がしたうえ、ぐずぐずしていて家を出る時間も遅くなったため地下鉄に少しだけ乗るプラン通りにしました。
ロードバイクでのロングライドを含め、ようやく日常的に体を動かすようになった効果があって、それなりに快調に走ることができましたが、時間を見てみると信号などで立ち止まった時間を含めての計算とはいえ1キロ当たり6分余りのペース。フルを3時間ほどで走っていた若いころは荷物を背負ってのジョギングでも5分そこそこで走れましたので、体感に比べ実際のスピードがいかに遅くなっているかが分かります。

昔はジョギングでも他の人に抜かれることはまずありませんでしたが、今は簡単に抜かれて、少しでもついていこうとしても、あっという間に引き離されてしまうことばかり。
ただ、だからといって走るのをやめてしまえば、またどんどん走力が落ちるわけですから、ノロノロとではあっても自分のペースを守りつつ、じわじわと力を戻していく努力をしていくしかないのでしょう。

BL200224天六までラン1IMG_2940  BL200224天六までラン2IMG_2938  BL200224天六までラン3IMG_2936

走って自転車に並走

本日は昼過ぎまで子ども2人と過ごすことになり、淀川のサイクリングに出かけて、私はランニングで並走しました。
昨年ツクシ摘みに来た橋のたもとまで来ると息子が「見てみよう」と言いだし、さすがにまだ早いだろうと思ったものの土手を登ると、暖冬の影響らしく既に10センチ足らずのツクシがたくさん顔を出していました。

BL200223淀川サイクリング1IMG_2902  BL200223淀川サイクリング2IMG_2920  BL200223淀川サイクリング3IMG_2900

BL200223淀川サイクリング4IMG_2917  BL200223淀川サイクリング5IMG_2935  BL200223淀川サイクリング6IMG_3486

変速機付きの自転車を乗り回す6歳の息子はまだしも4歳の娘には長い距離のサイクリングは難しいと思いましたが、自宅に近い河川敷の駐車場から下流に向かい、目標の守口市・鳥飼大橋にあっという間に到着。
橋を渡るモノレールを見て堤防伝いに戻り、娘も9キロ余りを走破しました。息子が10キロ近く乗れるようになった時期より半年ほど早く、3歳から補助輪なしで自転車に乗った彼女の実力を見誤っていたようです。

駐車場に戻った後は車に乗せていた凧を取り出して河川敷公園の芝生で凧揚げ。先日の保育参観で息子と一緒に作った赤いビニール凧も、数年前に和凧保存会の方にいただいたミッキーマウスのミニ凧も良く上がり、夕食ではツクシの卵とじもいただいて充実した休日でした。

雨の大阪城抜け出勤

昼すぎからの勤務となった本日は、ちょうど出勤時に寒冷前線が通過して本降りの雨となりましたが、一念発起して京阪・京橋駅から大阪城を抜け、職場までポンチョをかぶるなどして走りました。

走った距離はほんの4キロ。撥水性のウインドブレーカーを羽織ったうえ、100円ショップで買ってあったポンチョをかぶってそれなりの雨対策をしたものの、路面が水で覆われるほどの雨脚の強さでヒザから下はシューズ内も含めてずぶぬれに。ぬれ物を乾かすのに一苦労することを考えると割に合うとは言えませんが、ちょっと無理をしてでも練習距離をかせいだという達成感は残り、今後のトレーニング継続に向けて、ちょっとした景気づけになったと言えます。

BL200222雨の大阪城1IMG_2894  BL200222雨の大阪城2IMG_2896  BL200222雨の大阪城3IMG_2899

そんな雨の中でカメラを取り出すのも少しはばかられましたが、これはこれでなかなか撮れないシーンをおさえることができるということで、数回だけですが手袋をした右手でカメラを構え、左手を覆いにして雨をよけながらシャッターを切りました。