FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

卒園式・サイクリング

息子が2年間を過ごした枚方市立の幼稚園で本日、卒園式が開かれました。
コロナウイルスの影響により卒業式や入学式の多くが中止となる中で開催できたのは良かったものの、娘ら在園児の参加は見合わせ。子どもも大人もマスク着用で少し息苦しい式となりました。

BL200317卒園式1IMGP4768  BL200317卒園式2IMGP4882  BL200317卒園式3IMGP4769

私に似てマイペースで集団生活が苦手なように感じる息子にとって、のびのびと遊ばせてくれるこの幼稚園は肌に合ったようで、友だちらと仲良く過ごし、式での一言では「新幹線の運転手になりたいです」と一番大きな声を出していました。
子どもたちと先生、保護者が掛け合いで歌う「よろこびのうた」を前夜に練習した際は私も少し胸が熱くなりましたが、本番では来れなくなった写真屋さんの代わりにとも思い、卒園証書の授与シーンを隅から撮るなどしているうち、あっという間に式は終了しました。と言いましても、せっかく写真を撮ったものの、やはり先生も子どももマスクだと絵にならないもので、皆さんにお渡しして良いものかどうか迷ってしまいます。また園内で子どもらを撮った写真は門外不出ですので、紹介するのは会場に飾られた子どもたちの作品などにとどめさせていただきます。

来月になると、卒園した年長のぞう組18人のうち8人は校区が違って別の小学校へ。「寂しい気持ちとワクワクする気持ちとどっちが大きい?」と聞くと、息子は「ワクワクする」と即座に答え、迷うことなく前向きな息子をまぶしく感じました。

BL200317八幡餅屋IMG_3818  BL200317八幡餅屋2IMG_3820  BL200317八幡餅屋3IMG_3819

午後には、息子にせがまれて2人で「卒園サイクリング」に出かけました。「一緒に行く」と泣きつく娘を「お兄ちゃんが主役の日だから」と後ろ髪を引かれつつ振り切って出かけたのは淀川の河川敷。先日に娘も連れて行った下流とは逆の上流で、京阪・枚方市駅近くから石清水八幡宮に近い木津川・宇治川との合流部分まで往復すると20キロ余りに達しました。

石清水付近では土手のツクシもたくさん取りましたが、付き添いをしていると景色などを撮る余裕はなく、立ち寄った駅前の菓子店でお土産に買った餅などの写真を紹介しておきます。
細長い餡子入りの餅は、刀をかたどったという名物の「走井餅」。ピンクの金平糖入りの「春らんまん」というミニセットは息子が娘に渡したいと選んだものです。

サイクリングでの片道約10キロの所要時間は、追い風だった行きは35分ほどでしたが、帰りは向かい風に悩まされて1時間近くに。それでも何度か休憩を挟み、お菓子でエネルギー補給をしながら息子も見事にゴール。「夕食はたくさん食べられそうやな」と言った通り、お祝いの赤飯を大盛りで2杯たいらげました。

スポンサーサイト