FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

ドラえもんクッション

泊まり勤務となった本日の日中は、コロナの緊急事態による休校・休園で行き場のない息子と娘の世話を担当しましたが、2日連続の雨で公園や山に出かけることもできず、休業になっていない近くのホームセンターに娘の靴を買いに散歩がてら出かけました。

昨日は1日中、家族で自宅にこもっていて、いくら外出自粛を要請されているからといって2日続けて1歩も外に出ないとなると、子どももイライラが募り、こちらもパンクしそうでしたし、爪先がすり切れて穴があいた娘の靴を新しくしてやるための買い物は、不要不急の外出には当たらないと考えました。
ホームセンターに行ってみると、予想通り靴屋も他の売り場もがらがらで、念のためマスクを着けていると感染の恐れはまずないもよう。ついでに100円ショップにも寄って、娘が使っている子ども用イスに、ちょっとしたクッションを付けるための材料なども買い込んできて、帰宅後に作業をしました。

BL200413どらイス&ライト1IMG_3969  BL200413どらイス&ライト2IMG_3967  BL200413どらイス&ライト3IMG_3975

娘の子どもイスは以前、大阪にあるスウェーデン生まれの家具・雑貨量販店で2脚と小さな机の安価なセットを買ったもので、このところイスは子どもの踏み台代わりに、机はオモチャなどの置き場として使われていました。
しかし、小学校の入学を前に息子に、それなりに高価な学習机とイスを買ってあげたところ、それをうらやましがる娘がこのイスとセットの机を学習机の横に置いて、塗り絵やお絵描き用に使い始めたのです。ただ、イスの座面は薄い板材を四角く組んだ枠にはめ込む形で、縁が盛り上がって座りにくそうに見えたため、クッションを付けてあげることを考えました。

そのために購入したのは、ちょうど座面のへこみを埋める厚さのボードと、正方形でありながら縁にジグソーパズル風の切れ込みが入ってつなげることができるプレイマットの1枚。表面には、子どもたちがはまっている「ドラえもん」のイラストが描かれ、他の柄もあった中から娘が自ら選びました。
作業は、ボードとマットをのこぎりやカッターでちょうどいい大きさに切り、両面テープを使い重ねて貼り付けるだけで、ほんの30分ほどで終了。半分お手製のドラえもんのイスは、娘に好評でした。

ついでに掲載した写真で息子の机を照らしているのは、学習用のデスクライト。
LEDの明るさ調整機能付きで、私が子どもの頃に使っていた蛍光灯や白熱灯のライトに比べるとスリムで使い勝手が良く、息子は既に使いこなしています。
ただ、これもまた娘がうらやましがるうえ、確かに娘の机はリビング天井のライトを背にして暗くなってしまいますので、少し明るさは劣るものの充電式でテーブルなどに持っていっても使えるライトをもう1つ新調してあげることにしました。

スポンサーサイト