FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

毎日ご馳走冬休み2

新型コロナウイルスによって世界中が静かな戦争に巻き込まれたようになり、世の中が想像以上に様変わりした2020年が幕を閉じる本日も、引き続き大掃除と買い出しなどであっという間に夜を迎えました。

コロナ禍にあっても幸いなことに家族の生活は大きく変わることなく、10年前には考えられなかったほど、にぎやかに暮らすことができていることに感謝するばかりです。そんな家族で囲んだ年末の食卓の様子を昨日に続いて掲載します。

BL201229エビフライ&金目1IMG_6157 BL201229エビフライ&金目2IMG_6159 BL201229エビフライ&金目3IMG_6162

一昨日の夕食のメインは子ども向けのエビフライと私向けの金目鯛の煮付け。
相変わらず動脈硬化改善のため脂・油を極力減らす食事療法を続けている私は、できる限り揚げ物を避けていますが、我慢しすぎるのも精神衛生上よろしくありませんのでエビフライの1、2本ぐらいはいただきます。それでもそこで思いとどまれるのは、代わりに良質の油がほどほどに含まれるだけの魚料理を併せて用意してもらえるからこそ。この点でも家族の協力に感謝します。

BL201230カキ鍋&チキン1IMG_6174 BL201230カキ鍋&チキン2IMG_6170 BL201230ジャガイモIMG_6165

昨日の夕食でも、子ども向けの一口ローストチキンのほか、3日前の牡丹鍋の際に用意した合わせ味噌を使ってのカキ鍋もいただきました。
やはり子ども向けのポテト&コーンのジャガイモは家庭菜園の「忘れ芋」から伸びた株からの掘りたて。子どもらは皿に取り分けた後にバターを乗せてジャガバタにしていました。

BL201231食事&酒1IMG_6198 BL201230カキ鍋&チキン3IMG_6172 BL201231食事&酒2IMG_6201

大晦日の本日は、お昼にオムライス、夕方の忘年会では買い込んだお寿司と、写真はありませんが年越しそばをつけて食べるスタイルの鳥鍋。
写真のビールは季節限定の割安プレミアムで、このところ定番の瓶入りです。

BL201231食事&酒3IMG_6207 BL201231食事&酒4IMG_6213 BL201231食事&酒5IMG_6218

そして夕方前に正月用を兼ねて買い出してきた濁り酒や日本酒などもいただきました。
2日前に搾ったばかりという山口の薄濁り「原田」は1升瓶ですが、年末恒例の秋田の濁り酒「ど」は既に1升瓶が売り切れて、4合瓶2本を買いました。昨年までなら1升瓶がなくなったことを悔やんだはずですが、酒量も減らしてチビチビいただく今は4合瓶2本の方が好都合とも思えます。

スポンサーサイト



毎日御馳走冬休み1

昨日の年賀状の作業に続いて本日は部屋の大掃除に取りかかり、またほとんど家にこもりっきりでした。
外出といえば朝方に近くのポストまで走って年賀状を投函したのと、猛烈に冷え込んだ夕暮れ時、外遊びに出かけたまま帰宅しない子どもたちを探しに自宅から1キロ余りの公園までやはり走って往復したのだけで、本日も運動不足の1日でした。

ということで掲載するのは本日の写真ではなく、冬休みに入ってから自宅で毎日のようにいただいている豪華な食事を撮りためたもの。年末ならではの家のシゴトがあるうえ、コロナ禍とあって旅行や人の多い場所への外出がはばかられる中で楽しみといえば、お家ご飯だというわけです。

BL201226カキ1IMG_6126 BL201226カキ2IMG_6131 BL201226カキ3IMG_6128

4日前にいただいたのは殻付きのカキ。ほとんどの食材が年末値段で割高となるなか、これまで通りの割安価格で売られていたというのが、しばらく前から並んでいたこのカキで、この日のメインとなりました。
少し小ぶりで、中には身が小さ目のものもありましたが、ほとんどは十分に膨らんでいて、やはりチューブ入りとは一味違うおいしさ。ビール&ワインが進みました。

BL201227お好み焼きそば1IMG_0966 BL201227お好み焼きそば2IMG_0976 BL201227お好み焼きそば3IMG_0974

3日前のお昼は大きなホットプレートを使って仕上げた、お好み焼きと焼きそば。
子どもたちがいる食卓では、こうした万人向けの味で豪快な料理が受けます。子どもたちは焼きものだけを食べていましたが、生粋の大阪人の私としては、それだけでは物足らず、ご飯と味噌汁も付けてお好み&焼きそば定食と洒落込みました。そう、大阪ならではの炭水化物の「重ね食べ」というわけです。

BL201228ぼたん鍋1IMG_6137 BL201228ぼたん鍋2IMG_6134 BL201228ぼたん鍋3IMG_6139

BL201228ぼたん鍋4IMG_6148 BL201228ぼたん鍋5IMG_6145 BL201229カキご飯IMG_6152

一昨日にいただいたのは、なんと希少なイノシシ肉の牡丹鍋。
当初は、毎夏ブルーベリー狩りに出かけている京都南部の童仙房に泊まりがけで出かけて名物の牡丹鍋をいただこうかとも考えていましたが、コロナ禍で遠出がはばかられるうえGoToキャンペーンも中止となったため、またの機会にするとして自宅での鍋パーティーに切り替えました。

鍋に入れる野菜のうちニンジンやできそこないのハクサイは家庭菜園での取りたて。
イノシシ肉は歯ごたえがあって、かめばかむほど味わい深いうえ、赤味噌も混ぜたスープはダシが出てどんどん美味しくなり、締めにはうどんと焼いたお餅を入れていただきました。

この日のお酒は、私の還暦祝いをフランス料理店で開いてくれた兄が、その際お土産にくれた年代もののシャンパン。
もらった際に酔っぱらっていて、詳しい由来やうんちくは覚えていませんが、なぜかフランス・シャンパーニュ産でありながら台湾に輸入された1本。ラベルが薄汚れているうえ色も濃い琥珀色になっていて、年季が入っていることを感じさせ、味も日本酒の古酒を思わせるヒネ香があって独特でした。

おまけの写真は昨日のお昼にいただいたカキご飯。やはり冬は冬ならではの食材が美味しく感じます。

がらんとした大阪城

またまた遅くに年賀状をつくる作業を進めた本日は、ほぼ家にこもらせてもらい、ようやく外に出たのは夕方で、自転車の娘と一緒に近所を走って一回りしたり、息子とバレーボールを使ってのキャッチボールをしたりしました。

掲載するのは仕事納めとなった4日前の昼休み、スーツのジャケットをウインドブレーカーに着替えただけで、職場からほど近い大阪城まで往復してジョギングした際に撮った写真です。
コロナ前なら平日でも外国人の観光客でにぎわっていた大阪城ですが、この日はがらんとして人けがほとんどなく、お堀に架かる記念撮影スポットの極楽橋の上さえ誰もいませんでした。

BL201225大阪城1IMG_0908 BL201225大阪城2IMG_0917 BL201225大阪城3IMG_0924

BL201225大阪城4IMG_0910 BL201225大阪城5IMG_0926 BL201225大阪城6IMG_0919

芝生広場を貸し切り

本日は、子どもたちと3人で過ごすことになった午前中、隣町・寝屋川市の打上川治水緑地に出かけました。
ここは中高時代に住んでいた団地に近く、大阪に戻ってきてからもジョギングなどでよく行っている広く気持ちの良い緑地公園ですが、駐車場がなかったのが玉にきずで、子ども連れで行く機会はあまりありませんでした。ところが最近になって関係者らが臨時に車を止めていた空き地が一般の駐車場となり、本日初めて利用してみました。

そのことがまだ知れわたっていないようで、雨上がりでもあった本日は訪れる人が少なく、広々とした芝生広場が貸し切り状態で使えるほどで、子どもたちと走り回るなどして存分に楽しむことができました。

BL201228打上公園1IMG_0980 BL201228打上公園2IMG_0997 BL201228打上公園3IMG_1001

BL201228打上公園4IMG_0981 BL201228打上公園5IMG_0993 BL201228打上公園6IMG_0995

車には子どもたちの自転車とバレーボールを積んで行きました。
子どもが自転車を乗り回す間、私はランニングで並走しましたが、息子が頑張ってこいで先に行っても見通しが良いため問題にはなりません。それに舗装された歩道わきでクッションの良い芝生を走ることができるうえ、歩道がカーブしている所では広場を横切ることもできて便利でした。

息子とは帰宅して昼食をいただいた後も家の前でキャッチボールを楽しみ、夕方には定期検査を受けている眼科クリニックまで往復5キロをランニングで出かけましたので、それなりに体を動かすことのできる冬休みの1日となりました。

いちょう通りをジョグ

本日は、息子が自宅で書いて先生に見せる作文用のノートの買い出しを目的にして、少し離れた団地の一角にある文房具屋まで往復5キロほどを、昨日に続いてジョギングすることにしました。
昨日ついてくることができなかった娘は留守番をさせるつもりでしたが、本人はどうしても一緒に行くと言って聞かないため、長らく使っていなかったジョギング用のベビーカーに彼女を乗せて走り、帰りにはコース途中の「いちょう通り」で、まだ残っていたギンナンを少しばかり拾って帰りました。

BL201227いちょう通り1IMG_0959 BL201227いちょう通り2IMG_0956 BL201227いちょう通り3IMG_0958

昨日のジョギングで、かなり走力がついたところを見せてくれた息子は、本日も途中で店に寄ったとはいえ5キロを難なく走り通すことができ、いちょう通りの登り坂では私に代わって娘のベビーカーを押す余裕さえありました。

さらに息子は帰宅して間もなくすると、お友だちと少し離れたところにある公園まで遊びに出かけ、本日も少し運動できたと安心していた私を驚かせてくれました。
「これならトライアスロンできるな」と言う息子は、確かに既に自転車で20キロほどサイクリングしたこともあれば、一昨日のスイミングスクールのテストでは背泳ぎで25メートルをクリアし次は50メートルのクロールを目指すほどで、ちびっこ大会ならすぐにでも出られそうです。ただ残念なのは、3キロの部がある新年恒例の地元のマラソンに続いて、小学校で予定されていたマラソン大会もコロナで中止になってしまったこと。大人も子どももスポーツのモチベーションを保つのが難しい世の中になってしまったことを痛感します。