FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

通勤ラン本格再開!

今月は少し心を入れ替えてトレーニングをする「走り込み月間」だと決めたため、本日からは自宅と職場の行き来を走る「通勤ラン」を本格的に再開することにしました!

私はマラソンを始めて以来、長らく東京に住んでいる間は、会社への行き来や往路を中心とした片道を走る通勤ランをトレーニングのベースにしてきました。生来が怠け者の自分にとって、わざわざ特別な練習の時間をつくるよりは、どうせやらなければならない通勤で走ると決めた方が走りやすいですし、勤め人が継続的に距離を積んでいくには、これが最も時間の節約にもなる効率的な方法だからです。

とはいうものの名古屋に来てからは、夏は暑いから、冬は寒いからなどと言い訳をしては、ついつい自転車に乗るバイク通勤をして、さぼりがちです。
しかし、ほぼ都心生活をしている現在の通勤距離は片道わずか4.5キロ。これを自転車に乗ってしまうと、所要時間はわずか10分ほどで、ほとんどトレーニングの足しにはならないのです。もちろん、その代わりに走ったとしても20分余りで済んでしまい、たいした練習にはなりませんが、そこは「ちりも積もれば山となる」で、往復すれば9キロ。それを毎日続ければ、そのベースだけで月間200キロ近くを踏めることになります。

ということで、とにかく今月は、できるだけ毎日、往復9キロは走ることにしたいと思っています。
行きはギリギリに家を出ることが多いことから、たいていちょっとしたスピード練習ができます。
逆に帰りは頑張ろうと思っても身体が言うことを聞きませんので、のんびりでもOK。本日は、のんびりながらも少し遠回りをして、ライトアップされた名古屋城など夜景を楽しみながら帰宅ランをしました。


BL121203名古屋夜景1IMG_0664  BL121203名古屋夜景2IMG_0701  BL121203名古屋夜景3IMG_0676

職場を出て自宅とは反対の方向に走ると、間もなく名古屋城の内堀のほとりに出て、ライトアップされた天守閣を眺めることができます(左)。
下の方に見えるのは、お掘りの水面に映った「逆さ富士」ならぬ「逆さ名古屋城」です。

名古屋城の北隣には、名古屋の市民ランナーのメッカである名城公園のジョギングコースがあり、私はその1.3キロのコースを3分の2ほど回ったあと、従来の通勤コースに戻っていきました。

この遠回りでかせげる距離は、わずか2.5キロほどですが、それでも自宅に直行した場合の4.5キロに比べると、少しは走った感じがしますし、きれいな名古屋城の姿を間近に見たり、名城公園で走っている人々とすれ違ったりすることは、ちょっとした楽しい刺激になります。
こうした、ちょいと遠回りの手法は、東京で一時、都心の社宅に住んでいた際、通勤距離が今と同じように、わずか4キロだったため、走り込みで距離を伸ばしたいときに良く使っていました。
名古屋では、東京のように「寄り道」のバラエティーは多くありませんが、今後は、気が向けば名城公園を何周かするなどして、もう少し距離を伸ばすことも試そうと思っています。

名古屋城の近くを離れて向かったのは、名古屋名物の幅員が広い「100メートル道路」の真ん中にある緑地公園の「久屋大通公園」(右)。
ケヤキ並木の木々が色づき、こずえからは半分ほどの葉が落ちて、晩秋・初冬の雰囲気を醸し、その向こうにライトアップされたテレビ塔が見えました。

その後に通った名古屋の中心街・栄(さかえ)の目抜き通り、大津通沿いでは、ケヤキ並木が無数の電球による電飾を施されていますが、木が小ぶりなうえ、電飾も控えめなため、いまひとつ絵になりません。
代わりに撮ったのは、歩道沿いでイルミネーションがきれいだった店舗(中央)。
ケヤキ並木のイルミネーションは、わずかながらウインドーに映っています。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する