FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

通勤コースで大転倒

今朝、いつものように寝屋川市の自宅から大阪・難波の職場まで約25キロをロードバイクに乗って出勤する際、大川(旧淀川)沿いの自転車・歩行者用の遊歩道で大転倒を喫してしまいました。

転倒をしたのは桜ノ宮公園内に設けられた楕円形のジョギングコースで、右カーブを切る際にタイヤがスリップして内側にスライディングする格好で転びました。そして右の尻の側面とヒジ周りをはじめ、アゴ、左手の手のひら、右の下腹部、左のスネ、そして右のくるぶし横-という身体のあちこちに擦り傷を負いました。
幸い骨折などはなかったため、血まみれの状態でそのまま出社しましたが、傷が大きかった尻の側面やヒジは打撲もしていて、右肩にも張りがあるため、次の日曜に予定しているトライアスロンにも影響しそうです。

帰り道もなんとか自転車に乗ることができましたが、気分が落ち込んだうえ身体のあちこちが痛んだため、ノロノロ運転をするのがやっと。その途中に事故の現場付近などで撮影した写真をアップします。

BL140729転倒事故の帰り1DSCF2767  BL140729転倒事故の帰り2DSCF2768  BL140729転倒事故の帰り3DSCF2773

現場に戻ってみて、事故の原因が良く分かりました。追い風の淀川河川敷で35キロ前後を出して飛ばした私は、道幅が狭くなるとともに歩行者や自転車も多くなる大川沿いに入っても30キロ近くをキープ。現場のカーブに入ったときも25キロほどで、スピードを出しすぎていたことは確かです。

でも、それぐらいのスピードならいつも出しているわけで、本日がいつもと違っていたのは、緑にペイントしたアスファルトの路面が見えないほどに周囲の土や砂がまき散らかされていたのです(左)。
つまり、この土や砂がタイヤをスリップさせたようなのですが、こんなことはこの1年近くの間で初めてのこと。3日前の天神祭の花火の際、このあたりに露店が立ち並び、大勢の人でごった返したのがその原因とみて間違いなさそうです。

言ってみれば天神祭の際、この遊歩道から締め出されたばかりでなく、祭りの人ごみのおかげで遊歩道の路面が荒らされたため事故にも遭ったということですが、それでももう少し時間に余裕を持って、慎重に走っていれば、こんなことにはならなかったはず。骨折などの大けがに至らず、人を傷つけることもなかったことを不幸中の幸いと考えて、今後はこれまで以上に注意をしなければと思うばかりです。

現場付近で写したハンドルの右側は、ご覧のとおり私の尻やヒジと同じように擦り傷が痛々しくなりました(中央)。

傷をかばいながら走り、現場で写真も撮っていたものですから、いつもは明るいうちに通過する淀川から大川への分岐点、毛馬水門の付近まで来ると、すっかり夕暮れになっていました(右)。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する