FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

東京夢舞いマラソン試走会3

東京夢舞いマラソンの試走会の報告は、いよいよ本日が3回目の完結編です!

今回は、昨年の大会でも通った神楽坂の商店街や、なんと国会議事堂の界隈も走った、コース後半の様子を中心に写真12枚を掲載してリポートします!

BL0510試走会3-1RIMG0162  BL0510試走会3-2RIMG0159  BL0510試走会3-3RIMG0157

東京スカイツリーの界隈を巡って走った私たちは、その後、下町から再び都心部に向かいました。
隅田川に架かる橋の上で、走るスタッフらの写真を撮影してくれていたのは、「夢舞い」の母体であるランニングクラブ「明走会」の「幹事長」で、「夢舞い」のスタッフとしても重鎮のウルトラランナー・芝山義明さん(右)!
そうです。写真展の祭、のべ11日間の会期中、のべ12回も来場され、受け付けにも何度も立ってくださった芝山さんです。試走会では、ママチャリに乗って、走るスタッフを何度も待ち伏せしては、一眼レフのカメラで写真を撮ってくださいました。

東京マラソンのコースにもなっている蔵前1丁目付近のコンビニで、スタッフ一同が小休止して「買い食い」をしたのは、またもアイス(中央)!
このとき食べたのは、かき氷をバー型のアイスにしたような「ガリガリ君」。
水分補給もできて、暑さでバテてきたときにはうってつけのアイスです。

午後も初夏の陽気で、気温もうなぎ上り。日傘をさす歩行者もいるほどで、足取りが重くなるスタッフも(左)。
この先のJR浅草橋では、「美女軍団」のうち富樫裕子さん(中央の写真の左から2番目)を除く面々など多くのスタッフが「リタイヤ」することになりました。
私もまた、2日前のトレランの疲れが残っていて、便乗したいところでした。とはいえ、「夢舞い」の広報担当をおおせつかっているうえ、今回は「走った!撮った!」の写真係を買って出ていたこともあり、途中でやめるわけにはいきませんでした。

BL0510試走会3-4RIMG0184  BL0510試走会3-5RIMG0178  BL0510試走会3-6RIMG0172

私たちはその後、靖国通りを走って神田、神保町、靖国神社前を通り、昨年の大会で地元の方々が給水・給食所を出してくださった神楽坂の商店街を上っていきました(中央)!

買い物客などでにぎわう商店街では、本番と同じく、人通りが多いところは歩行者に迷惑がかからないように歩きます(右)!

ここは都内でも指折りの洒落た商店街とあって、素通りするのはもったいない。そこで私たちが「買い食い」をするために立ち寄ったのは、やはりアイス屋。「豆腐アイス」で知られる「長寿房」でした。
「すごい豆腐アイス」の張り紙の前で、アイスを手にご満悦なのは、後半、紅一点となった富樫さん(左)!
これがこの日5つ目のアイスということでした。そりゃ「すごい」!という私もまた、5つ目をたいらげました!

BL0510試走会3-7RIMG0195  BL0510試走会3-8RIMG0203  BL0510試走会3-9RIMG0207

神楽坂を過ぎて四谷見附に来ると、走った距離は既に約38キロ。ゴールの国立競技場はここから約2キロの目と鼻の先。そのままゴールに直行したいところですが、実はここから、霞が関方面を巡る約6キロのループ状のコースが残っていました!
「調査」をしながら当初は予定していなかったルートを走るなどしたため、フルマラソンの距離よりも余計に走ることになっていたということです。いったんゴールに背を向けて、予定以上の距離を走るというのは、精神的にちょっとキツかったですが、もはや惰性で走り続けました!

四谷見附から弁慶堀沿いの坂を下って、赤坂見附に来ると、来年3月に閉館が決まった「赤プリ」こと「グランドプリンスホテル赤坂」も見えます(左、赤プリは左奥)!

その後、コースは国会議事堂前を通過します(中央)!
ゴール近くにバッキンガム宮殿の前を通るロンドン・マラソン、ベルリン大聖堂の前を通るベルリン・マラソン、コロッセオの前を通るローマ・マラソンなどが思い起こされる眺めでした。
実はこの界隈では、首相官邸や最高裁判所の前も通過。まさに日本の心臓部で、このループ部分には「ジャパニーズ・パワースポット」が集中しているとうわけです。

もちろん、そのあとにはランナーのメッカである皇居前も、外周歩道の道向かいの歩道を走りました(右)!

BL0510試走会3-10RIMG0211  BL0510試走会3-11RIMG0213  BL0510試走会3-12RIMG0222

さすがに46キロを走破すると、ゴールの喜びも格別(左)!

スタッフは、国立競技場の「マラソン門」前で、記念写真を撮りました(中央)!

そして、盛大な打ち上げの前には、こうしたイベントには「付きもの」の銭湯で汗を流します。
私たちが立ち寄ったのは、競技場近くの「鶴の湯」(右)!
清潔感あふれる館内に、壁に描かれた富士山の絵、脱衣場わきの小さな庭に面した縁側-と、とても居心地の良いお風呂屋さんでした。

ということで、またまた長くなりました東京夢舞いマラソンの報告はここまでにいたします。
10月10日に開催する今年の「夢舞い」。参加者の募集は近く始まります!
そして、楽しい楽しいボランティアも、大募集中です!みなさま、よろしく!!!
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する