FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

ブルーベリー狩り

昨日は家族で「ブルーベリー狩り」に行ってきました。
近畿地方では珍しいブルーベリーの農園があるのは、京都府南部の高原地帯にある童仙房(どうせんぼう)地区。最近は自転車乗りの間で少し知られた場所で、私も3年ほど前にロードバイクに乗ってツーリングで訪ねましたが、私と童仙房の出会いは約40年前に遡ります。
http://marathoncameraman.blog12.fc2.com/blog-entry-1134.html

「地形図オタク」で山好きの中学生だった私は、「一番」「二番」…と番号が振られた童仙房の集落の地名にひかれて、その謎解きをしようと、この山の中に集落が点在する地区を何度も訪問したほか大きな図書館にも通いました。
そして、この地が明治時代に、いわば武士の再就職である「士族授産」も狙った開拓村として開かれ、入植の順に地名がつけられたことなど、この秘境の歴史と風土を夏休みの自由研究にして、全校の発表会に選ばれました。

「桃源郷」という言葉がぴったりの童仙房に中学の山仲間だった友人を誘って初めて来たとき、食事をいただいた家が今や、ブルーベリー農園を営む民宿に生まれ変わっています。そして当時は小さな女の子だった「ゆり」ちゃんの名前は民宿の一室の名前となっていました。
そんな私の思い出を胸に、甘酸っぱいブルーベリーを口に入れて味見をしながら、かごいっぱいに収穫しました。

BL150829童仙房ブルーベリー1IMG_0059  BL150829童仙房ブルーベリー2IMG_0074  BL150829童仙房ブルーベリー3IMG_0056
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する