FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

浪花酒造で同窓会

本日は中学・高校の同級生、和弘さんが大阪・阪南市で経営される日本酒の酒造会社で、前後の学年の卒業生も交えた同窓会が開かれ、私は昨日から関西に来てくれているカンボジア時代の助手で英文記者、キア君の一行を連れて出席しました。

「浪花正宗」の銘柄で知られる和弘さんの「浪花酒造」は1716年の創業で、今年がちょうど300周年。
約100年前に建てられた広い敷地の旧家には醸造所のほか庭園に面した大広間もあって、醸造所見学もついた同窓会はちょうど新酒が出来上がる時期に合わせ、300周年を祝う意味も込めて企画されました。
キア君一行の突然の来訪に伴い、私はドタキャンせざるを得ないかとも思いましたが、「日本文化を学ぶためにも、ぜひ行きたい」という彼の希望を伝えたところ、和弘さんは4人のドタ参加を受け入れてくれることになりました。

FB160228浪花酒造1IMG_0915  FB160228浪花酒造2IMG_0967  FB160228浪花酒造3IMG_0920

浪花酒造では3年前、出荷された商品の一部のラベルに不正確な表示があったことが発覚して問題になり、大がかりな商品の回収などによって会社の存続も危ぶまれました。しかしその後は、300年の歴史を絶やさないためにもと信頼回復に向けた努力がなされ、業績も回復してきているとのことです。
今回の同窓会はまた、そんな逆境から抜け出すために頑張ってきた和弘さんを励まそうという会にもなって、新鮮な刺身などの美味しい料理とともに、できたての新酒や精米歩合35%という超ぜいたくな非売品のドブロクを心ゆくまでいただきました。

キア君はスマホの動画機能を使って醸造所見学の際にナレーション入りのビデオ撮影を行うなど、熱心に取材をしてくれ、カンボジアのメディアを通じて紹介するという約束を和弘さんと交わしたほか、カンボジアの日本料理店で浪花正宗を扱ってもらえるように努力したいとも話されていました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する