FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

生駒山から四条畷1

泊り勤務明けの本日は、大阪府と奈良県の府県境にそびえる生駒山を越えて、久々に帰宅時のトレランを楽しみました。その途中で撮った写真24枚を2回に分けて掲載します。

泊り明けの帰宅時に生駒山地を越えて自宅まで走る帰宅ランは、大阪に戻ってきて以来、長めの距離を走る定番の練習の1つにしてきていますが、今回は先月のマラソンの後に体調不良もあって練習をさぼっていたことなどから、3月初め以来およそ3カ月ぶりとなりました。

生駒越えの帰宅ランでは、いつも奈良県側の近鉄・生駒駅から中腹の名刹、宝山寺の手前まで参道を登った後、宝山寺や生駒山の山頂には向かわず、等高線に平行する形の「巻き道」を北上して大きな溜め池の室池に向かっていましたが、今回は宝山寺の境内をかすめて標高642メートルの生駒山頂まで一気に登り、大阪側の山腹につけられた縦走路を経由して室池を目指しました。

ただ、練習不足で体力が早めに消耗したうえ雨もぱらついてきたことなどから、自宅まで走ることはせず、室池からJR四条畷(しじょうなわて)駅まで真っ直ぐに下山するルートを選びました。というわけで、最初に標高差約500メートルの登りがあったものの、走った距離はいつもより10キロ以上短い約16キロとなりました。

BL160529生駒山1-2IMG_1810  BL160529生駒山1-1IMG_1816  BL160529生駒山1-3IMG_1815

BL160529生駒山1-4IMG_1830     BL160529生駒山1-5IMG_1822     BL160529生駒山1-6IMG_1825

BL160529生駒山1-7IMG_1842     BL160529生駒山1-8IMG_1847     BL160529生駒山1-9IMG_1849

BL160529生駒山1-10IMG_1855     BL160529生駒山1-11IMG_1852     BL160529生駒山1-12IMG_1865

生駒駅から遊園地のある生駒山の山頂付近までの登山道は、ケーブルの宝山寺駅までの前半はいつも通りで、石段の参道を登っていきます。
参道わきに並ぶ住宅の前には、いつも季節ごとの花が咲いて目を楽しませてくれ、今回はアマリリスやホタルブクロが目を引きました。そんな中、石段に腰を下ろして休憩していた若い女性2人は、宝山寺まで行かれるとのことでした。

山頂付近で遊園地の敷地内に入るとハイキングコースは途切れて、いつも次にどっちの方向に行けば良いのかが分からなくなります。そこで今回は、チケット売り場&インフォメーションの窓口に寄って、そこの女性に道をたずねたほか、これまでどこにあるのか謎だった山頂の場所も聞いてみました。
撮影に応じてくれた女性たちによると、山頂を示す三角点は、窓口にほど近い幼児用の列車のループ状になった線路の中にあるということで、そこに行ってみると「なら」「おおさか」の行き先表示の看板に書かれた駅名が「頂上」。そして、写真だと右奥に三角点のコンクリート柱の上部がわずかに見えていました。

山頂を越えて再び山道に入るとナナカマドに似たニワトコの実や、ハコネウツギの紅白の花が見られました。
教えてもらった道は、以前に何度か通った道より少し遠回りのコースで、アジサイ園で知られる「ぬかた園地」に向かいました。
もちろん山の上とあって、まだアジサイには早い時期なのですが、その代わりに見ることができた満開の花については、次回の写真で紹介することにします。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する