FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

日本酒のアテ?実は

泊り勤務に入った本日は日中、近くに住む父の行きつけのお医者さんに一緒に出掛けた後、夕方の小雨がちょうど上がったのを良いことに、暗くなった中、水たまりの残る淀川河川敷をロードバイクで走って出社しました。
掲載する写真は昨夕の食卓にのったエビやアサリ、それにジャスト2週間で飲みほしてしまった1升瓶のお酒、「山本」です。

BL170203山本IMG_1522  BL170206エビ&アサリ1IMG_1911  BL170206エビ&アサリ2IMG_1902

エビやアサリは私が子どもたちと一緒に買い出しに行った際にゲットしていたもので、お酒のアテにぴったりではありますが、実はいずれも子どもたちが大好き。
こんがりとローストしたエビの身の部分はほとんど子どもたちがたいらげて、私はお酒をいただきながら残ったミソや足などをかじり、アサリもそのほとんどは子どもたちの口へと次から次に入っていきます。

純米吟醸の「山本」は、やはり何本も買い込んで飲みほしてしまった美味しい美味しい濁り酒の「ど」と同じ秋田の白瀧酒造が、白神山地の水で仕込んだ、やはり活性、微炭酸のお酒で、その前にいただいていた福島の「奈良萬」と似て、まさにブナの若葉を思わせるようなみずみずしい香りと舌触りがたまりません。
ただでさえ美味しいお酒は、一升瓶といえども、やはり美味しい料理があれば、みるみる減っていってしまうもので、またまた次なる美味しそうなお酒の一升瓶をゲットしてしまっています。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する