FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

清滝峠から同志社へ

前回の泊り勤務明けでは、午後からの用事が早まったため、このところ定番にしていた帰宅時にロードバイクに乗っての遠回りライドをお預けにしました。しかし本日は、久々に生駒山地の清滝峠を越えて京都・京田辺市の同志社大学のキャンパス前を通り、私の地元、大阪・枚方市の樟葉まで50キロ余りを走ることができました。

前線を伴う低気圧の通過に伴って、当初は昨日の夕方以降も本日の午前中も雨の予報でしたが、低気圧の接近が遅く、かつ通過のスピードが速かったようで、私がバイクに乗り始める時間はいずれも雨が降る前、上がった後となり、ラッキーでした。ただ、本日の後半、同志社を過ぎるころからは、季節風の吹き出しに伴って気温が急激に下がり、山沿いに発生した低く暗い雲から再び雨が落ち始めて、危うくずぶ濡れになるところでした。
とはいうものの、以前なら予報を見た段階で早々にあきらめて電車通勤にしていたところなのに、防水の雨具をバッグに詰めて雨が降ろうがバイクに乗ろうとした自分の気持ちは、かなり前向きに乗ってきているようです。

そして恒例の峠越えも、何回も経験してくると、走り方にも余裕が出てきて、あまり重圧を感じることなく走ることができますし、スピードも一段アップしてきているようです。
ただ、一度通った道は2度目以降になると新鮮味が落ちてしまうこともあって、これまでに比べるとバイクを止めて写真を撮ろうする気持ちも薄れきたようで、本日分として掲載する写真は6枚にとどめます。

BL170223清滝峠~同志社1IMG_1800  BL170223清滝峠~同志社2IMG_1803  BL170223清滝峠~同志社3IMG_1807

BL170223清滝峠~同志社4IMG_1810  BL170223清滝峠~同志社5IMG_1815  BL170223清滝峠~同志社6IMG_1817

掲載した写真は、清滝峠を登りきる手前で古い集落のそばを過ぎるところ、茶せんの産地である奈良・生駒市の高山地区で今回も見かけた竹を干す風景、長い下りが始まる京田辺市・打田地区の集落と坂の途中から見た棚田。
そして坂をほぼ下りきった普賢寺地区の農産物直売所と、同志社大学の校舎です。

今回も清滝峠を越えた後、さらに登って室池のわきを通り、トラックの少ない裏道から高山地区に向かおうとしましたが、やはりスピードの出る長くて気持ちの良い下りからの分岐点を見過ごしてしまったたため、いったん迂回したはずの国道に戻ってしまい、再び小さな峠を登りなおすという失態を演じましたが、そこも前回ほどキツさを感じず、難なく先に進むことができました。

同志社前から生駒山地の外れの丘陵を回るようにして京田辺の市街地や樟葉へと続く広い道路「山手幹線」も、当初予想していた以上にアップダウンが激しくて、快適に飛ばすというわけにはいきませんでしたが、それなりに脚が疲れていたとはいえ、いっぱいいいっぱいになることもなく、まあまあのスピードを保ってゴールすることができました。

帰宅後に体重計に乗ってみると、ヒザの故障によるトレーニング量の低下と年末年始の飲み食いで未知の領域まで増えた体重が、このところいったん低下傾向にあったのが、さらに思うように減ってはおらず、ちょっとがっかりしました。
やはり、それなりの時間をかけて距離を走っても、ランニングに比べてずっと楽に感じるバイクライドの運動量は、思ったよりも大したことがないようですが、もしかすると、このところ繰り返したヒルクライムの練習によって、太ももやその周りの筋肉が大きくなったのが体重増の一因なのかもしれません。

普賢寺の直売所では、いちおう建物の中に入って売り場を見せてもらい、スーパーなら4把か5把分もありそうな元気のいいミズナが1株100円で売られているなど、心を引かれる野菜なども少なくありませんでしたが、バイクバッグの中には薄いナップザックが入ってはいたものの、ここで買い物をしてしまっては体の動きが悪くなってしまううえ、それなりに快調なペースに水を差すような気がして、思いとどまりました。

同志社の田辺キャンパスは、ちょうど私が卒業した直後に完成しましたが、それから既に30年以上が経って、校舎の外観もすっかり落ち着いた感じになり、地域に溶け込んでいるようでした。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する