FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

痛み再発、電車通勤

本日は職場で私の部署がかかわる大きな会議があって、ジャケットやネクタイを着けたり会議後に一席が設けられたりしたことから、久々にロードバクではなく電車に乗って通勤しました。

しかし実のところ、会議がなくてもバイク通勤は無理だったのです。といいますのは、夜中に目を覚ました際、長らくおさまっていたヒザの痛みがぶり返してしまったからです。
寝ている間に筋肉が弛緩してしまうためか、断裂している半月板が左ヒザの骨と骨の間から外側にズレ出すことは、これまでも時々ありましたが、今回はいつも以上に暴れて出てしまっている感覚があり、慌てて手で押し戻そうとしましたが時既に遅く、逸脱した半月板がヒザ内側の側副じん帯など周辺の組織を傷つけてしまったようでした。
そして、湿布薬をはったうえ半月板を押さえ込むキネシオテープで自作したパッドをテープで固定したものの、寝床に戻ってもヒザからの自発痛はおさまらず、駅に向かう際にも半ば足を引きずるようにして歩かなければならなくなりました。

幸い以前のように体重をかけるごとにヒザ全体が傷むような症状が出るまでには至っておらず、局所を傷つけたケガのような痛みにとどまってはいますが、いずれにせよ明日には当分行くことがないと思っていた整形外科医院に行かなければならないうえ、次の日曜に予定していたハーフマラソンは、ほぼ絶望的になってきました。

この2カ月は大事をとってランニングを極力控え、その代わりにヒザの筋肉をしっかり鍛えようと通勤時のバイク練習に精を出して、泊り勤務明けには峠道など坂のあるコースをあえて走ってきました。
その結果、太ももの筋肉は一回り大きくなったようで、たまにランニングをしても痛みや違和感が出ることは全くなくなっていました。
ただ、バイク練習で十分だと思ってスクワットなどの筋トレはサボってしまったままで、バイクに乗る際に必ずしていたヒザのテーピングもここ2回ほどサボってしまっていました。さらに、半月板の不調と重なるヒザの内側下部「鵞足」の圧痛が出てきていたのを、あまり深刻に考えなかったのもダメだったようです。まさに慢心でした。

しかし考えてみると、半月板が断裂しているのは事実であって、そこから違和感や痛みが再発するのは当然のこと。
今回の痛みがおさまったとしても、こうして小康状態の時期と痛みがぶり返す時期が今後も繰り返すことになるのでしょうから、痛みが出たときは出たときでガタガタせずに無理をせず、また良くなったときには筋トレをサボらないことなど、再発防止への努力を怠らないようにするしかないようです。

※※※

掲載する写真はまず、自宅の最寄駅・光善寺に向かう途中、住宅の裏庭に毎年、見事に咲く梅の木と駅のホーム。梅は既に、濃いピンクの花びらの多くを地面に落としていて、本格的な春が近付いていることを感じさせます。

そして昼休みに食事に出た際、職場近くの運河の橋の上で、タマネギ形の擬宝珠に手を乗せてられた男性。
この男性は目が不自由なようで、奥様と思われる女性の説明を聞きながら緑青色になったブロンズの擬宝珠をなでてられました。

会議で電車通勤1IMG_1879  会議で電車通勤2IMG_1881  会議で電車通勤3IMG_1882
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する