FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

自家製のくんせい

半月板が断裂していて、昨日から再び痛くなった左ひざの治療のため、本日の仕事帰りは、中学・高校の同級生で「ヒザ評論家」として有名な名医・戸田佳孝先生が大阪・吹田市で開業してられるクリニックに行ってきました。

ロードバイクに乗れるはずの出勤日にバイクライドを休んで電車に乗るのは久々のことで、しかもこれまた久々にカメラを持たずに家を出てしまったため、帰宅までに撮った写真はありませんでした。
そこで、夕食の写真でも掲載しようかと思ったのですが、それならばと掘り起こしたのは4日前の食卓で撮った写真。
自家製のくんせいが並んで、いちだんと美味しくお酒をいただいていたからです。

BL170225くんせい1IMG_2180  BL170225くんせい2IMG_2177  BL170225くんせい3IMG_2184

その自家製のくんせいで、4日前にいぶしたばかりだったのが、スモークチキンとソーセージ。
それに加えて、やはり自家製のベーコンが入ったポトフも美味しくいただきました。

くんせいといえばビールで、実際にこの日は、24本入りの箱で買い込んであるベルギー産の白ビール「白濁」もいただきましたが、写真で紹介するのは、このところ続けていただいている微炭酸の生酒の第3弾となる「久礼 特別純米 手詰直汲み」。
既にいただいた「奈良萬」や「多賀治」のように純米吟醸ではありませんが、吟醸香と言ってもいいほどのフルーティーな香りを楽しめるお酒です。確かに吟醸酒と比べると香りの立ち方が少し控えめなようにも思いますが、アルコール度数が少し高めで、濃厚な味わいのこのお酒は、ワインで言えば「しっかりしたボディー」とでも言うのか、うまみが凝縮されたような感じです。

※※※

戸田先生のクリニックでは、久々にヒザに2本のヒアルロン酸入りのステロイド注射を打ってもらいました。
また超音波画像を撮っていただいたところ、やはり半月板が以前より多めに骨と骨の間から逸脱してきていることが分かりましたが、依然として先生のアドバイスは、痛みがひけば走っても良いということでした。

先生によりますと、ランナーのヒザは、半月板が断裂して逸脱してきても、走っているうちに逸脱する部分を覆うようにして骨が盛り上がる「骨棘(こっきょく)」が形成されて症状が緩和されていくうえ、最近の研究では、適度なランニングによってヒザの痛みを抑える物質が出てくることも分かっているということで、走れるなら積極的にどんどん走るべきだというのが、彼の意見です。

とはいっても、まだ痛みは残っているわけですから、次の日曜のハーフマラソンで出走できるかどうかは依然として微妙ですが、まあファンランのつもりで走りだして、少しでも痛みが強くなりそうならやめるという手もあるのかもしれません。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する