FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

セリ&クレソン摘み

山口県岩国市で明日開かれるハーフマラソン「錦帯橋ロードレース」に参加するため、本日は380キロ余りの長距離をドライブして現地に入りました。

義理の従姉らが住む岩国を訪問するのは、昨春に続いて2度目で、前回に続いて今回も、メインの目的はマラソンへの参加ですが、もう1つの目的は郊外の小川で楽しむセリとクレソンの「収穫」。
今回は、ヒザの痛みがぶり返したことから、マラソンには参加する予定であるものの、途中棄権する可能性も高く、むしろセリ&クレソン摘みの方が楽しみでした。

そして、前回は帰阪するマラソン翌日の朝にセリ&クレソン摘みをしたのですが、今回は初日の夕食にもいただこうと、現地に到着するやいなや、現場に向かいました。

BL170305セリ&クレソン1IMG_2521  BL170305セリ&クレソン5IMG_2507  BL170305セリ&クレソン3IMG_2517

BL170305セリ&クレソン4IMG_2526     BL170305セリ&クレソン2IMG_2525     BL170305セリ&クレソン6IMG_2529

春の香りがするセリやクレソンは私の大好物ですが、これらの野草は山からわき出したばかりの、冷たくてきれいな流れを選んで群落をつくるもようで、大阪の近郊ではまだ、まとまって生える場所に、お目にかかったことはありません。

それだけに昨年、この岩国の小川を訪れた際には、欣喜雀躍したものですが、サンダルで入った流れは冷たく、刃物も持っていなかったため、「収穫」の作業をスムーズに進めることができませんでした。

その反省から、その後、今回までに準備しておいたのは、農作業用の長靴や小さな鎌など。
おかげで収穫はスピーディーに進み、夕食には、採れたてのセリやクレソンをたっぷり入れた鍋を、美味しくいただくことができました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する