“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

全記事表示リンク

たまには発泡酒

午後からの勤務となった本日もロードバイクに乗って職場までの片道20キロを往復しました。
このバイクによる自転車通勤が依然として私のほぼ唯一のトレーニングとなっていますが、バイクの場合、少しばかり力を抜いてもそれなりに進んでしまうことから、意識をして頑張らなければ、ついつい練習効果が見込めないような走りになってしまいます。

そのためこのところは、楽なペースより一段アップさせたスピードを維持するように努力しようとしています。特に、広くて見通しの良い自転車専用道が続く淀川の河川敷だけでなく、その手前の一般道路や、その先の大川沿いの広くはない自転車道でも、見通しの良い直線では、こまめにトライアスロンでの走りを意識して前かがみのDHポジションを取るように心がけています。
そうした少しずつのスピードアップを足しあげてみると、当然のことながら所要時間も数分早くなるもので、レースでもそんなふうに集中を切らさないことが大事なのだということが分かります。

BL170515夕食1IMG_5909  BL170515夕食2IMG_5905  BL170515夕食3IMG_5911

掲載したのは、そんなふうにバイクをこいで帰宅した後の夕食の食卓で撮ったビールや日本酒の写真。
ビールといっても、本日は日ごろ飲んでいるクラフトビールを切らしていたため、義母のお気に入りとしてキープしてあった発泡酒を失敬していただきました。少しでも運動した後だと、たまにいただく発泡酒も発泡酒で、十分に美味しくいただけることが分かります。

そして新たに空けた日本酒は先日、葛城山にツツジ見物に出かけた帰りに地元の道の駅でゲットした「梅の宿」の特別純米 生もと仕込無濾過生原酒。
この酒造会社のお酒は以前にもいただきて美味しかった記憶があり、今回もストライクの美味しさ。直汲みの生原酒特有の、わずかに発砲してピリッと感じる舌触りも、みずみずしい香りと酸味がきいてスルスルと飲めるのど越しも最高です。

これらのお酒とともにいただいた料理のうち写真を掲載するのは、まさにお酒のつまみにぴったりのバイ貝の煮付けです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する