FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

大阪でも富士登山「祝勝会」

中学・高校時代の同窓会が本日、郷里の大阪で開かれることから、昨日は休みをいただいて帰省しました。
両親の住む家に泊まっているのですが、親不孝モノの私が大阪・枚方市の実家に「帰宅」したのは深夜。
それに先だち、またまた富士登山競走の「祝勝会」を兼ねた宴を、地元のランナー仲間と開きました。

BL0730大阪1-1R1003797  BL0730大阪1-2R1003800  BL0730大阪1-3R1003805

大阪で私を迎えてくれたのは美人ランナー・コンビの明日香さんと奈々さん(中央の左と右)。
2人は2年前の10月に沖縄で開かれた久米島マラソンの際に知り合って以来の友人で、私の写真展の際はそれぞれはるばる東京まで来てくれました。
久米島マラソンを走った日の夕方、「島唄」のライブ演奏を楽しめる沖縄料理店「島風(しまかじ)」を訪れて、カウンターで泡盛をあおっているとき、隣に座っていたのがお2人でした。

沖縄は「いちゃりばちょーでー(出会えば兄弟)」の土地柄。駆けっこをする人も誰もが仲間のようなもの。
店主夫妻の美声と三線(さんしん)に合わせて、いつしか店内の人たち全員が踊りだすことになり、私たちも、すっかり意気投合したというわけです。

その後、2人とは昨年12月の那覇マラソンも一緒に参加。沖縄つながりの仲間ということで、明日香さんが予約をしてくれた祝勝会の会場も沖縄料理店。
お店は、大阪・キタにある「曽根崎 お初天神通り」に面したビルの中にありますが(左)、店内のカウンターのコーナーには沖縄で住宅の門や屋根に置かれる魔よけの獅子「シーサー」の置物が鎮座(右)。泡盛などの容器がずらりと並んで、雰囲気は南国そのもの。

連日の祝勝会とあって、私は肝臓にやさしいウコン茶を「チェイサー」に、ヘルシーな沖縄料理をつまみながら様々な銘柄の泡盛を少しずつ飲み比べ、ちょっとした「オキナワン・ナイト」を楽しみました。

BL0730大阪1-4R1003808  BL0730大阪1-5R1003814  BL0730大阪1-6R1003819

昨夕のささやかな祝勝会に私が着て行ったのは、もちろん富士登山競走の「完走Tシャツ」。
両手に花の状態で、富士登山競走を完走した喜びの余韻が増幅され、またまたニヤケきった私でした(左)。

早めの時間にスタートした祝勝会とあって、泡盛でほろ酔い気分になった私たちは、沖縄料理店を出たあと、お初天神通りを歩いて今度は日本酒のおいしい居酒屋に向かいました(中央)。

この2次会に駆けつけてくれたのは、私が所属する「明走会」の支部である「関西明走会」の俊彰さん。
そう、富士登山競走で私に先んじてゴールした若者で、あまり面識はありませんでしたが、お互いに明走会のシャツを着ていたことから頂上で固い握手を交わし合った仲間です。

フルマラソンを3時間前後で走る俊彰さんは、シリアスなランナーが多い関西明走会の中でも俊足です。
長身で俊足のランナーは少ないものですが、俊彰さんは身長なんと190センチで、187センチの私を上回るノッポなランナー。
2次会を終え、店の前で4人が並んで記念写真を撮ると、まさに富士山のような絵柄になりました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

富士登山競走お疲れ様でした。
ブログ検索してお邪魔しました。
参加者が感じる臨場感あふれるレポートに読みいっちゃいました。
自己満足の世界ですが遂げた時は最高ですね。

びんたろ | URL | 2010-07-31(Sat)22:12 [編集]