FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

手押し機械で田植え

日中の勤務だった昨日は、ロードバイクに乗って出勤したものの夕方には雨が降り始め、仕事帰りに芝居を見に行ったこともあってバイクは預かり所に置いたまま帰宅。平日の休みながら職場で健康診断があった本日は、電車で出社した後、置いてきたバイクに乗って帰宅しました。

しかし、その途中ではあまり写真を撮っていません。といいますのも、先日出かけた宮城、福島への旅行の際に撮った写真のうち、掲載しそびれているものが少なからずあるからです。
そのうち本日は、旅行2日目の朝、前夜に押しかけて絶品の自家製ドブロクをいただいた重利さん宅に、あらためてあいさつに出かけた後、近くの田んぼでご夫妻が、今や珍しいという手押し式の機械を使って田植えをされる様子などを撮った9枚を掲載します。

    BL170521田植え1IMG_5982  BL170521田植え2IMG_5975  BL170521田植え3IMG_5978

BL170521田植え4IMG_6023  BL170521田植え5IMG_6008  BL170521田植え6IMG_5996

    BL170521田植え7IMG_5986  BL170521田植え8IMG_6005  BL170521田植え9IMG_6025

旅行前に電話で連絡した際、重利さんは「田植えの真っ最中だよ」としながらも、「夕方以降なら大丈夫」と言って突然の訪問を受け入れてくれました。
またドブロクを振る舞ってくれている間には、「収穫の時期に比べると、田植えは見てもおもしろくないよ」と言われましたが、以前取材をさせていただいた際は稲刈りの時期でしたので、私としては是非田植えも見てみたいと思っていました。

そして、前夜には美味しいドブロクをしこたまいただいて途中でダウンしてしまうという大失態をやらかしていましたので、福島に向かう前の朝のうちに再度訪問することは必至となり、ちょうど玄関先まで行ったときに重利さんご夫妻が田植えに出かけるところだったため、一緒について行かせてもらいました。

以前の取材の際にも出かけた高校の裏手にある田んぼには水が張られていて、「宮沢賢治の稲」陸羽132号など、ドブロク用に栽培されている「遊びの田んぼ」は既に田植えが終わっていましたが、その隣で地元名産の「ひとめぼれ」の苗を、手押し式の田植え機を使って植えていかれる様子を間近に見せてもらうことができました。

いつも大阪近辺の田んぼで目にするのは、座席に乗って運転する形の田植え機ですし、カンボジアに赴任していたころに何度も自ら田んぼに入れてもらって撮影したのは手で行う田植えで、手押し式の機械を使う田植えを見るのは初めてだったこともあり、植え付けた苗の列の間を踏みながらの作業は、興味深いものでした。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する