FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

夕方の大阪都心散歩

いつもは外に食事に出ることができずデスクで弁当をいただく職場にいながら、本日は夕方前に小一時間の休憩がとれる変則的な勤務となって、せっかくですのでサウナのような蒸し暑い空気の中に飛び出して、大阪都心を散歩してみることにしました。

向かった先は職場から1キロ半ほどにあるロードバイクの専門店。
これまで夏場にはインナー用のサイクルパンツ2枚を通勤用に使ってきましたが、いずれも生地が傷んできているうえ、そもそも下着をはいているのもよくよく見ると格好悪いような気がして、1枚で着ることができる下着ではないサイクルパンツを新調しに出かけました。といいますのも、このところネットで2度ほど買おうとしたもののサイズが合わずに返品するハメになり、微妙なサイズ調整が必要なウエアは、やはり試着して購入するに限ると思ったからです。

そして、ほんの10分ほどの店内での物色と試着の後、めでたく自分にジャストフィットする買い得品をゲットすることができましたが、掲載するのは店の写真でもパンツの写真でもなく、行き帰りに撮った大阪都心の風景です。
雲の多い夏空のほか、図らずもカメラを向けていたのは、幾つかのレトロな建造物でした。

BL170728夕方前散歩1IMG_3839  BL170728夕方前散歩2IMG_3835  BL170728夕方前散歩3IMG_3830

BL170728夕方前散歩4IMG_3845  BL170728夕方前散歩5IMG_3846  BL170728夕方前散歩6IMG_3842

職場を出てまず通ったのは、大阪マラソンのコースとなっている土佐堀川沿いの土佐堀通沿いにある大阪証券取引所と、その向かいで川を渡る難波(なにわ)橋、その先の中之島にある大阪市中央公会堂です。

証券取引所のビルは2004年に完成した高層ビルですが、その正面に当たる土佐堀通と堺筋のコーナーに面した部分は昭和初期の1935年に完成したかつての建物の一部が保存されています。
そのビルの前に立つのは、大阪商工会議所の初代会頭で、近代商業都市としての大阪の基盤をつくり、朝ドラで有名になった五代友厚公の銅像です。

橋のたもとに大きなライオンの像があることから「ライオン橋」とも呼ばれている難波橋は大正の1915年に架けられた橋で、パリのセーヌ川に架かる橋をモデルにしたというだけあって欧風の意匠が特徴的。天神橋、天満橋と並んで「浪花(なにわ)の三大橋」の1つに数えられています。

レンガ造りの堂々たる外観を誇る大阪市中央公会堂は、難波橋の3年後の1918年に完成。
中之島から堂島川を渡った先の路地の中で見かけた「大江ビルヂング」も、知る人ぞ知る大正期の歴史的な建物で、1921年に弁護士向けのテナントビルとして完成したということです。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する