FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

バイク&絶品かき氷

休みをいただいた本日は日中、バイクとスイムの練習時間をいただけることになり、午前中に地元の大阪・枚方市の淀川河川敷で20キロほどのバイク練習をした後、午後には門真市のプールで1キロ余りだけながら泳いできました。

同じ淀川の河川敷でも、いつも通勤で走っている下流の方は、オートバイなどの進入を防ぐための悪名高い「バイク止め」が何か所も設けられていて、それを通過するためにいちいち一旦停止を強いられますが、本日出かけた京阪・枚方市駅付近から上流では、ほぼ5キロにわたってバイク止めがない自転車道があります。
しかも、このあたりは両側が林になっていて強い風をさえぎってくれるうえ、夏場には木陰が涼しさを感じさせてくれます。

本日は、この片道5キロのコースにレース用の愛車、ベンちゃんに乗って出かけ、2往復20キロを走り、2往復目には10キロを18分、平均33キロほどで快走することができました。
そして、その練習後に立ち寄ったのは、淀川沿いにある江戸の「枚方宿」のおもかげを残すエリアの一角にある氷屋さん。
氷の卸売店が店頭で販売する、地元では有名な、かき氷を、ここでいただきました。

BL170731バイク練習1IMG_3883  BL170731バイク練習2IMG_3897  BL170731バイク練習3IMG_3894

バイクで走っているうちは風を感じて暑さを忘れることができますが、本日は久々の晴天とあって、いったん立ち止まると全身から汗がふき出すほどの猛暑。
そんな中で出かけたこともあってか、いただいたかき氷は、これまで食べた中でも最高の美味しさでした。

でも調べてみると、この氷の美味しさは単に猛暑の中、汗をかいて出かけたからだけではなかったようです。
といいますのも、この店はバーをはじめとする飲食店に美味しい氷を届ける大阪氷卸協同組合の加盟店で、まる2日をかけて不純物が入らないようにつくる「大阪純氷(じゅんぴょう)」を扱うという、いわば氷の専門店。
そういわれてみると確かに、いただいたかき氷はノドをストレートに通って、一気に体にしみこんでいくような感じでした。

バイクを止めるための鍵を持参していなかったため、店の裏の駐輪場が使えず、道向かいに止めさせてもらったところ、店のお嬢さんからは「それじゃサッと食べて行ってくださいね」と言われましたが、屋外のテント下でいただく氷はみるみる溶けていくうえ、美味しくて次々に口に入れたため、言われるまでもなく、あっという間になくなってしまいました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する