FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

帰阪し4歳の誕生日

3泊4日で訪れていた北海道・東川町から帰阪した本日は息子の4歳の誕生日で、なんとか夕方前に帰宅して、家族で一緒にケーキをいただき、ささやかな誕生日会を開きました。

BL17083走真4歳誕生日1IMG_4406  BL17083走真4歳誕生日2IMG_4408  BL17083走真4歳誕生日3IMG_4398

BL17083走真4歳誕生日4IMG_4393  BL17083走真4歳誕生日5IMG_4394  BL17083走真4歳誕生日6IMG_4400

3泊4日とはいえ、遠い北海道であるうえ、最寄りの旭川空港を使わず、車で2時間は余計にかかる札幌・新千歳空港を使ったこともあって、初日と最終日の本日は、そのほとんどが移動時間。実質的には真ん中の丸2日だけの旅行でした。

本日も現地を午前9時前に出発したものの、関西空港に着いたのは午後3時過ぎで、それから電話で注文したケーキをピックアップしたり買い物をしたりして帰宅すると、もう夕暮れ時でした。

それを見越して夕食は旅行の初日と同じく、北海道で買い込んできた肉をタレに漬け込んだ半既成のジンギスカンがメイン。
これに赤飯やわかめスープといった誕生日の定番メニューを加え、旅行を手配してくれた東川町の祥幸さんからいただいたトウモロコシや、家庭菜園で巨大化していたオクラなども添えました。

もちろん子どもたちは飲めませんが、乾杯のお酒は、やはり北海道で買い込んできた「おたるワイン」の生ワインや、帰阪してから調達した北海道・網走の地名を冠した地ビール。
そしてケーキは、我が家のお誕生日会では定番となっている近くのドイツ菓子店のホールケーキでした。

自分が主役となった息子は、ケーキのロウソクに火をともす段になると大興奮して、一度はハッピーバースデイを歌っている最中に火を吹き消してしまい、再度火をつけるはめになり、歌い終わるやいなやチョコレートのプレートをつまみ上げて、一気に食べてしまいました。

そんな息子ですが、さすがに4歳ともなると誕生日の抱負が言えるようになり、「何ができるように頑張りたい」かを尋ねると、「お箸を使うのが上手に」「スイミングで進むように」「ご飯はみんな食べるように」と幾つもの課題を語ってくれました。
50代も後半となって、心身ともに疲れが出てきている自分は、既に人生であきらめたことばかりが増えてきているのに比べて、次々に課題が見えては、それを乗り越えていく子どもが、なんとなくまぶしく見える瞬間でした。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する