FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

フォアフットの足元

今シーズン最後となるトライアスロンの短い距離のレースを明日に控えて、昼前から夜にかけての勤務となった本日は電車に乗って通勤しましたが、駅まではジョギングで行きました。

その際に靴箱から引っ張り出して履いてみたのは、10年以上前に履いていた超軽量のランニングシューズ。ソールが薄くてフラットに近いこの靴が、ヒザの痛みを抑えるフォアフット走法に向いていることが分かったため、何回かのレースで使っただけだった靴を試してみることにしたというわけです。

BL170923シューズ1IMG_4440  BL170923シューズ2IMG_4444  BL170923シューズ3IMG_4438

久々に履いたアシックスの「アルティメット」は、確かに、かかとに衝撃を受けにくいことを実感しましたが、それでも、このところ河川敷でフォアフットの練習に使っている5本指シューズに比べると足指や前足部を踏ん張りにくい感じがします。

とはいえ、ソールのクッションがほとんどないに等しく、むしろベアフットに近い5本指シューズでアスファルトを走るのには、相当の練習と慣れが必要で、これで大会を走るのはかなりの冒険になります。
それよりは、最低限のクッション性もあるシューズの方が、大会や走り込み用には適当な気がしています。
とはいっても、本日試してみた大昔のシューズは、さすがにクッション性能も落ちていると思われるうえ、ソールがはがれてくる恐れもありますので、遠からず、フォアフット走法に適したシューズを、もう1足調達したいと思っているところです。

掲載した写真のもう1枚は、職場で履いているサンダル。
100円ショップで250円で売られているこのサンダルは、安いだけあってソールが極薄なのですが、それがかえってフィット感を生んでいるうえ足の指も踏ん張りやすいのです。実は自宅でも同じものを履いているこのサンダルは、フォアフット的な歩きや小走りに適しているというわけです。

素材も柔らかいことから、サンダルの中で足の指を踏ん張ることや、つま先で立というとする練習もしやすく、デスクの下で素足をサンダルの上に乗せると、つま先部分を指でつかむトレーニングもできて、なかなか優れものなのです。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する