FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

夕日浴び帰宅ライド

岐阜・長良川でのトライアスロン翌日の昨日と本日は、2日続けて朝早くから夕方までの勤務でしたが、昨日は休養日にしてロードバイクに乗っての通勤は控えました。
しかし本日はバイクに乗ってトレーニングを再開。帰りがけにはJR大阪駅前のランニングシューズ専門店に寄って、このところ試みているフォアフット気味の走法をしやすいシューズを新調してきました。

シューズはオレンジ色の鮮やかな1足ですが、その紹介は後ほどすることにして、本日のところは帰りがけの淀川沿いで、まさにオレンジ色の夕日を浴びながらバイクライドをした道すがらの撮った6枚です。

BL170926バイク帰宅1IMG_4458  BL170926バイク帰宅2IMG_4452  BL170926バイク帰宅3IMG_4457

BL170926バイク帰宅4IMG_4479  BL170926バイク帰宅5IMG_4469  BL170926バイク帰宅6IMG_4473

淀川河川敷の自転車道路に入る手前、土手の上にある江戸中期の俳人・画家、与謝蕪村の生誕地を示す石碑のわきには、秋分の日から数日が経っているのに、まだ彼岸花が咲いていました。

大学生たちがクラブ活動に使っている河川敷公園のエリアでは、長いボートを担いで川へと向かう学生たちを見かけました。追い越しざまに聞いてみると、このボートは5人乗りとのことでした。

自宅が近くなり、河川敷を離れて再び土手に乗ったころがちょうど落日の時間で、夕焼けた雲の中、川向うの北摂の山に落ちていく夕日と同時に頭上には三日月と半月の間のお月さまも、くっきりと見え、そのそばを飛行機がシルエットになって通っていくところでした。

本日の淀川河川敷は珍しく行きも帰りも追い風気味で、出勤時には自宅から職場近くの自転車預かり所まで、ほぼ20キロを、1回の信号待ちや河川敷のバイク止めを通過する際の何度もの減速も含めて43分半ほどの「コースレコード」で快走しました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2017-09-28(Thu)02:47 [編集]