FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

2年半で畳の表替え

一昨年に引っ越してきた自宅の和室の畳は、表面が傷んでしまったことから表替えをしてもらうことになり、昨日畳屋さんに一旦引き取ってもらい、それが本日きれいになって戻ってきました。

BL171003表替え1IMG_5304  BL171003表替え2IMG_5300  BL171003表替え3IMG_5309

畳屋さんによると、普通に使っていれば畳の表面は5年も10年ももつものだそうです。
しかし我が家の場合、小さな子どもが2人いて、和室と、それに続く国産・無垢材のフローリングを施したリビングとの間を行ったり来たりして走り回るほか、本来外で遊ぶべき玩具の足こぎ車「コンピカー」の「アンパンマン号」も、乗り回させてしまいました。
さらにクレヨンでお絵かきをされ、こすり取るなどした結果、畳の表面はあちこちがささくれて、い草のクズがひっきりなしに出てくる状態になってしまいました。これではいくら掃除をしてもきりがなく、ここを寝室に使っているためクズが布団についてしまうこともあって、やむなく2年半ほどで表替えを決断したというわけです。

表面が新しくなった畳は、縁の布をこれまでの深緑の柄物に代えて落ち着いたピンクの無地にしたところ、部屋はぐっと明るい感じになりました。そして、い草の香りが部屋中にただよって、ここだけが新築に戻ったようです。
子どもたちはさっそく、この新しい畳の上を歩き回って感触を確かめていましたが、今後はアンパンマン号を乗り入れることは控えるようにと強く言って聞かせました。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する