FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

まぐろきっぷで遠足

東京夢舞いマラソン翌日の本日は、韓国・コチャンから来日してくれたゲストランナーの皆さんの観光案内を、もう1日させてもらいました。夢舞い前日の一昨日は東京都内を観光しましたが、本日はちょっと趣向を変えて郊外に遠足に出かけることにしました。

行き先は三浦半島の城ケ島。4泊5日で、実質は中3日の滞在日程のなかで、行き帰りの時間も費やして郊外に出かけるのがいいものかどうか、ちょっと迷いもしましたが、東京都内の見物は夢舞いで走りながらも十分にしています。また、コチャン勢6人のうち3人は夢舞いのリピーターですので、都内だと以前に行ったところとダブる可能性が高くなります。

そして決め手となったのは、東京で人気だという京急電鉄の「みさきまぐろきっぷ」。なんと品川からだと終点の三崎口まで往復運賃の1.5倍ほどの3500円で、往復の電車に加えて半島内のバスに乗ることができ、さらに指定された食堂で、名産のマグロをふんだんに使った料理が食べられるほか、観光施設などの利用も1回に限り選択できるのです。
その超お得なまぐろきっぷを使って私たちは、定価が2000円以上という豪華な刺身定食をいただいたほか、海に面した露天風呂のある入浴施設も利用し、絶好の天気の下、海の景色と味をたんのうすることができました。

BL171009コチャン勢来日4日目1IMG_5875  BL171009コチャン勢来日4日目2IMG_5869  BL171009コチャン勢来日4日目3IMG_5855

BL171009コチャン勢来日4日目4IMG_5889     BL171009コチャン勢来日4日目5IMG_5907     BL171009コチャン勢来日4日目6IMG_5905

城ケ島への遠足は、夢舞い当日に続いて韓国語がペラペラの暢子さんと佳さんが同行してくれたほか、夢舞いボランティアのうち昨年コチャンを初訪問したアントンさん、一昨年の夢舞いの際にコチャン勢とカラオケに付き合ってくれた祥子さんも参加してくれ、総勢11人のうち夢舞い側が5人、また男性6人に女性が5人というバランスのとれた顔ぶれとなりました。

紹介した写真は、城ケ島の名勝である「馬の背洞門」と灯台、それに地元の日本酒やビールを昼間から飲みながら新鮮なマグロをいただいたランチの食堂。

それに東京に戻ってから向かった新宿の、お蕎麦&天ぷらの店での乾杯シーンと店の外での記念写真。
さらに、赤坂の宿舎に戻って部屋飲みの2次会を開く前、屋上で月と街の夜景をバックに撮った1枚です。
そう、新宿からはコチャンのリピーターで、今回は連休中に仕事があったにもかかわらず初日の夕食会と歓迎会にも来てくれた美穂さんが合流して、部屋飲みにまで付き合ってくれました。

海辺といえばコチャンも、広大な干潟のある海が街から1時間ほどで行けますが、本日は海岸を散歩した際、「ここはどの海?」とたずねるジョンヨンさんに「太平洋ですよ」と答えたところ、「おお、これが太平洋か」と感激されていました。
考えてみると、韓国では海といえば黄海、日本海(東海)、それに東シナ海・対馬海峡までで、朝鮮半島(韓半島)も済州島も太平洋には面していません。なるほど、韓国の方にとって三浦半島への遠足は、東京の郊外というだけでなく、太平洋を見ることも1つの意味を持っていたわけです。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する