FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

韓国勢と暫しの別れ

東京夢舞いマラソンにゲスト参加してくれた韓国・コチャンの一行6人は本日、成田空港を昼前に出発して帰国されました。
4泊5日の滞在中ずっと一行のアテンドをしていた私も、彼らを見送った後、関西空港行きの国内便に乗って帰阪しました。

BL171010コチャン勢帰国1IMG_5922  BL171010コチャン勢帰国2IMG_5927  BL171010コチャン勢帰国3IMG_5921

夢舞いマラソンとコチャン・コインドルマラソンを舞台にした草の根の日韓ランナー交流は今年で8年目を迎え、私は来月、コインドルマラソンに参加する予定ですが、実はその前の今月下旬にもコチャンを訪問する予定で、本日はまさに、しばしの別れです。
といいますのも、これまでの相互交流などでコチャンのことを多くの日本の人に伝えたことによって、私はこのほど、なんと韓国・全羅北道コチャン郡の「名誉郡民」に選ばれることになり、その表彰式に出席することになったからです。

好きなマラソンで楽しく交流してきたことが、そんな名誉に値するものかどうかと考えると、なんとも不思議な感じがしますが、推薦してくれた先方の交流担当の1人で、今回も来日してくれたチェ・ソンネさんによると、これまでコインドルマラソンや交流について雑誌や新聞の記事を書いてきたことや、コインドルマラソンの写真を写真展で展示してきたこと、それにこのブログなどネットでコチャンのことを紹介してきたことも理由になったとのことです。
ソンネさんは、私を推薦するに当たって相当の量の資料をまとめてくれたということですが、考えてみると、そのソンネさんをはじめ、これまで相互に訪問したり、訪問はできなくても相手側を歓迎してくれたりした仲間すべてのおかげでこそ、このたびの光栄至極な決定があったと言えます。

コチャン郡の外にあって、コチャンのためになることをした人が選ばれるという名誉郡民には、これまでほとんど韓国内の人がなってきていて、韓国外では以前、在日の方が1人いるだけ。つまり純粋な外国人としては私が1人目ということで、まさに身に余る名誉です。

元々は東京マラソンの実現を目指して歩道を走り始めた夢舞いの活動に参加した私が、東京の先輩に当たる各国のマラソンを紹介しようと幾つもの大会に参加して、楽しみながら撮りためた写真は、気が付くと5000人以上の来場者を集めた写真展につながり、写真集を出版することもできました。
今回もちょうどそれと同じように、細々と続けてきた交流が、お互いの親せきのような友好関係につながり、なんだかこそばゆいような名誉郡民に選ばれるという1つの結果に結びつきました。

どうやら人生というのは、小さなことでもコツコツと続けると何かしらのゴールにたどり着くもののようで、そういったところはまさにマラソンと似ているようです。
まあ、名誉郡民になってしまったことによって、ときに手弁当の交流を続けることが少ししんどくなって息切れを感じることがあっても、もう「足抜け」は許されなくなったように思います。ですから、これまで以上に無理をせず、心の赴くまま人生の1コマ1コマを楽しむつもりで、身の丈に合った交流をボチボチ続けていくしかないのでしょう。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する