FC2ブログ
“走るマラソンカメラマン”辰巳郁雄写真展 走った!撮った!世界のマラソン

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター

全記事表示リンク

泊まり明けで韓国へ

韓国・コチャン郡での名誉郡民証の授与式を明後日に控え、本日は泊まり勤務明けで職場を出たその足で関西空港に向かい、夜にはコチャンの人となりました。

BL171026名誉郡民1日目1IMG_6322  BL171026名誉郡民1日目2IMG_6315  BL171026名誉郡民1日目3IMG_6325

職場の最寄駅である大阪市営地下鉄・堺筋線の北浜から天下茶屋駅に向かい、乗り換えたのは南海電鉄の関空行きの特急「ラピート」。その後に来ることになっていた急行より10分ほど関空に着くのが早いだけでしたが、「レトロフューチャー」をデザインしたという独特の面構えのラピートに初めて乗ってみたいと思って、ギリギリの時間に座席指定券を買って乗り込みました。
私が南海沿線に住んでいた45年ほど前まで、天下茶屋駅は国鉄・天王寺駅へと向かう今はなき天王寺線の起点ではありましたが、急行停車駅ですらなく、ここから大阪湾に出現した空港に未来映画で出てきたような特急に乗り換えるなど想像もつきませんでした。

関空で連絡バスに乗ってたどりつく第2ターミナルから乗り込んだのは、このところ国内線で度々利用している格安航空会社ピーチアビエーションの韓国・仁川便。
今回は過去20回以上も行っている韓国行きで利用した航空便としては最安値の2万円台で往復搭乗券をゲットしました。この値段は新幹線を利用して東京を往復するのとほぼ同じで、大阪と韓国との地理的な近さを実感できます。

 BL171026名誉郡民1日目4IMG_6342  BL171026名誉郡民1日目5IMG_6327  BL171026名誉郡民1日目6IMG_6348

来年の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックのマスコットなどが出迎えてくれたソウル郊外の仁川空港からは、韓国の新幹線KTXでコチャンに近い井邑(ジョンウプ)駅まで直通で行ける列車に乗車。
KTXは新幹線に比べると停車駅が多く、その分スピードも緩やかなようで、いわば東海道新幹線の「こだま」号や地方の一般路線に乗り入れる整備新幹線のような感じですが、それでもバスとは比べものにならない速さで、ほんの2時間半ほどでジョンウプにたどり着きました。
ジョンウプに行くKTXの湖南(ホナム)線で、ソウル市内ではなく仁川空港始発の列車は1日に2、3本しかありませんが、もっと多く仁川まで乗り入れてくれれば、もっと気楽にコチャンに行くことができそうです。

 BL171026名誉郡民1日目7IMG_6371  BL171026名誉郡民1日目8IMG_6366  BL171026名誉郡民1日目9IMG_6362

コチャン到着は午後7時ごろになりましたが、それでも歓迎の夕食会では多くの仲間が出迎えてくれ、名誉郡民に選ばれたことを祝ってくれました。
集まってくれたのは、東京夢舞いマラソンと交流しているコチャン・コインドルマラソン側で交流担当をしてくれているチェ・ジョンマンさんとソンネさんの兄妹。7年前に初めて夢舞いに来てくれ、その後も1回ずつ来日してくれているチェ・ジョンタクさんとソン・ジョンドクさん。
4年前の交流富士登山に来てくれた「スルチング(酒友だち)」のチョン・ビョングさん、今月の夢舞いで初来日してくれたユ・ギサンさんと、夢舞いに参加予定だったものの直前に来れなくなったチョン・ソジンさん。
そうそう、ジョンウプ駅にはソンネさんが迎えに来てくれました。

いただいたのは、私の大好きな韓国風の豚の焼き肉ですが、定番の三枚肉「サムギョプサル」よりも分厚い、いわば五枚肉の「オーギョプサル」で、歯ごたえのある香ばしくジューシーな肉を野菜に包んで食べながら、焼酎(ソジュ)をビール(メクチュ)に混ぜた「ソメ」の杯を重ねると、ずっと前からコチャンに来ていたような感じがしました。

 BL171026名誉郡民1日目10IMG_6381  BL171026名誉郡民1日目11IMG_6387  BL171026名誉郡民1日目12IMG_6389

食後には、私が今回2泊させていただくジョンマンさんの会社兼自宅の事務室件茶室で、彼自身が入れてくれた中国風のお茶をいただきました。
部屋の一角には、去年の夢舞いを走ったジョンマンさんと奥さまを撮った私の写真が飾られていました。これらは昨年のコチャン・コインドルマラソンの会場で展示させてもらったもので、我ながらなかなか良く撮れています。
今回、名誉郡民証を授与されるからには、来月のコインドルマラソンでも昨年の大会や今年の夢舞いの写真展示を準備しなければならないように思います。
スポンサーサイト



コメント


管理者にだけ表示を許可する